海外FXおすすめ業者ランキング【35社から厳選】本当におすすめできる業者【2020/9月】

目次

おすすめできる海外FX業者を厳選

1ピースだけはまっていない白いパズル


現行の日本で利用可能な海外FX業者は30社以上存在します。

国内FX業者と比較すると、海外FX業者は提供可能なサービスの幅が広く、自由度が高いです。
各社によって、強い部分と弱い部分が明確に存在します。


各社の特徴を理解し、ご自身にとってベストのFX業者を選択することはトレードで勝つ為に必須であると言えます。


本記事では、筆者の経験と知識を総動員し、利用すべき業者の見極め方と【利用価値の高い海外FX業者/利用すべき海外FX業者】をお伝えしていきます。

貴方にとってベストなブローカーを探す為の一助となれれば幸いです。

 

※当サイト内のリンクは全て別ウィンドウで開くようになっています。
本記事と各社公式サイトの情報を併せて参照していただくと、より正確な情報が把握できます。

 

習熟度によっておすすめな海外FX業者は異なる

最初に、業者選びをする上で必須の事前知識からお伝えしていきます。

FXのスキル、習熟度、預け入れる資金量によって、選択すべきFX業者は変わってきます。

本記事ではランキング表を2種類に分けて作成しています。

その理由を記載します。

 

海外FX業者は2種類に大別できる

白い拳と赤い拳がぶつかっている


利用可能な海外FX業者は数あれど【利用価値のある海外FX業者】は本当に数少ないです。


『利用価値があるのか?ないのか?』の判断基準は大きく2つのみです。


それは【会社としての信頼性の高さ】【ボーナスの有用性】です。

これ以外の要素、例えば「レバレッジ」「スプレッド」「スワップ」等々は微差に留まります。

極論ですが「ボーナスの有用性が高い」業者でも「信頼できる」業者でもないFX業者に利用価値はありません。

どちらでもない、どっちつかずの海外FX業者が多数存在しているのも事実です。

残酷な言い方ですが、こういった「どっちつかずの海外FX業者」に利用価値はありません。

【ボーナスの有用性】はシンプルにボーナスの内容で【会社としての信頼性】は『運営歴』と『ライセンス』によって計ることができます。

 

先発組の「信頼性型」業者と後発組の「ボーナス型」業者

「お金」をダイレクトに扱うFX業者においては、信頼性は非常に大切です。

全く同じ口座スペックで『運営歴10年の会社』と『運営歴3ヵ月の会社』があったら、どちらを選択しますか?

大半の方は『運営歴10年の会社』を選択されると思います。

筆者も例に漏れず、絶対に「運営歴10年の会社」を選択します。


金融業界、証券業界では歴史、運営歴という事実が重要視されます。

ライセンスによる信頼性の補強は信頼性の向上に繋がります。

 

FX業者側も、顧客に自社サービスを利用してもらう上で【信頼性・運営歴】は非常に重要なファクターであることは理解しています。

しかし、最も重要な事実である運営歴に関しては、後発業者は先発業者が倒産しない限り、絶対に抜けません。

信頼性に劣る後発組のFX業者は、自社サービスを利用してもらう上で非常に不利な立場にあります。

そこで、後発組の業者は、信頼性が先発組よりも劣ることを自覚した上で、先発組の業者を上回るサービスを提供する必要があります。

 

ある業者は、先発組よりも豪華なボーナスキャンペーンで対抗し、ある業者は、先発組よりもトレーダー優位な取引環境を整備することで対抗しています。

どちらの戦略をとるかは業者次第ですが、『全く同じ取引条件ならば、歴史ある信頼性の高い業者が選択される』のが世の常です。

どちらの戦略もとっていない業者に利用価値はありません。

特に『ボーナス特化型の業者』は、FXのスキルを磨く段階のトレーダーにとっては利用価値が高いです。

 

海外FX業者は、運営歴が長くライセンスの信頼性も高い【信頼性型の業者】と、
信頼性の欠如を補う為にボーナスに特化した【ボーナス型の業者】に大別できます。


運営歴10年以上の信頼性を有した業者と、信頼性型業者に対抗すべくボーナスに特化したボーナス型の業者は、それぞれに利用価値と使いどころがあります。


以上が、ランキングを2種類に分けた理由の内の1つです。

次項では、もう一つ、別の理由についてお伝えします。

 

FXは難しい

パソコンの前で顔を覆う女性


「FXという投資」の世界では【9割の参加者は負けている】と言われており、それなりにデータが揃っています。

1割の上手い人達が勝ち続け、負けている人のお金が流れ込んでいます。

9割の人は資金を失い、相場から退場していきます。

この大きな原因として、

①最初から資金を入れ過ぎている(ロット数が大きすぎる)
②短期間で勝とうとする

の2点が挙げられます。


為替の世界はとてもシンプルな世界です。
突き詰めれば【価格が上がるか、下がるか】を読み当てれば良いのです。

しかし、単純だからこそ奥が深く『トレード戦略・トレード手法・資金調達・資金管理・メンタル管理・・・』と様々な能力が求められます。


FXは勝てない世界ではありません。
実際に勝っている人は存在します。
年単位で勝ち続けている人も存在します。


しかし、勝てるようになるまで時間がかかる世界ではあります。
個人的見解では【FXで勝てる】状態になるまで最短で2年はかかると感じています。


先天的才能に恵まれた方は別として【年単位で時間がかかる】のが一般的です。

多くの方が【FXの勝ち方を覚える・勝てるようになる】という状態になれずに退場していきます。

理由は先に上げた2点です。


この【スキルの上達に年単位で時間がかかる】という大前提に立てないから、短期間での結果を求め、結果が出ないことに焦り、ロットを上げ、資金を失い退場していきます。

では、辞めるのか?

それはあまりにも勿体ない。

海外FXは『貧者から抜け出す最短ルート』であると、筆者は真剣に思っております。

「海外FX」というサービスを知らずに、やらずに、人生を終える方も居ます。


しかし、あなたは違う。
「海外FX」を知り、既に足を踏みいれている。

年単位で続く「勝てない期間」を乗り越え、その先の景色を見ていただきたい。


労働から解放され、自由な時間を手にし、何者にも束縛されない真の自由を味わっていただきたい。

それを可能にしてくれるのが、海外FXです。

『勝てない期間』はいかに負け額を少なくしつつ、経験を積めるか?の観点から業者を選択し、『勝てるようになった後』はいかに大きな資金を預けられるか?という観点から業者選択する必要があります。

 

参考記事

 

 

勝てない期間はボーナス重視の業者選びを

階段を上っている男性


最初は勝てないのが普通です。

このFX修行期間は『資金が増やせない、資金が減っていく』のは至極当然のことです。

この長い修行期間は『入金ボーナス』の充実した海外FX業者でスキルを磨くべきです。

入金ボーナスを使い、初期投資額を抑えながら、長い時間相場と向き合い、スキルをじっくりと着実に上げていくべきです。

「資金を増やす」よりも「資金を守りながらスキルを上げる」ことにフォーカスすべき期間です。

 

勝てるようになったら信頼性重視の業者選びを

そして、勝てるようになってきたら信頼性の高い業者に移行すべきです。

例として、

「FXビギナー~勝てるようになるまで」の期間に『ボーナスはないが信頼性の高い業者に10万円を入金』してもゆっくり、あるいはすぐに10万円を溶かしてしまいます。

であれば、『入金100%ボーナスありで信頼性は低い業者に10万円を入金』し、証拠金20万円の状態で【倍の期間/倍の金額】で経験値を積み上げた方が、資金的には最短効率でFXのスキルを上げられます。

資金の少ない内、スキルの低い内は、『信頼性の高い業者』の強みを活かすことはできません。

 

▼「勝てるようになるまで」の段階6ステップ

① 1週間トータルで+収支で終えられる
② 1ヵ月トータルで+収支で終えられる
③ ②が3ヵ月連続で達成できる
④ 証拠金が100万円を超えた
⑤ 証拠金が1,000万円を超えた
⑥ 証拠金が3,000万円を超えた

④の段階から、信頼性の高い業者の選択を考慮し始めた方が良いでしょう。

⑤の段階からは、絶対に『信頼性の高い業者』にスイッチすべきです。

⑥の段階からは、【税金】が大きな問題になってきます。
この段階に到達できた方は、国内FXに移行すべきです。

海外FX口座は「サブ口座」として扱うべき時期です。

 

いきなり『証拠金を3,000万入れたい』という方もいらっしゃると思います。

他の投資経験があり、【絶対勝てる】という方は【国内FXから始めるべき】でしょう。

しかし、悲しいことに投資の世界では『絶対』はあり得ない、というのが筆者の持論です。

最初から大きな資金は投入せず「10万~100万前後」で【預け入れた証拠金を増やせるか】を海外FX口座で、実践し、検証すべきだと思います。

FXで勝つスキル(年単位で利益を残せる)がある
証拠金を2,000万以上預け入れる資金がある

この2点を併せて満たした方にとって国内FXは優位性があります。

 

国内FXで、より資金を増やしていきましょう。

国内FXのルール、税制は、『既に資金を持っている者』にとってはメリットばかりです。

 

しかし、どちらも満たしていない方、あるいはどちらか一方のみしか満たしていない方は【海外FX一択】です。

海外FXで、スキルを磨き、資金を増やしましょう。

 

海外FX業者移行の最適解

「ANSWERS」と書かれた看板


当サイトの結論をまとめます。

①海外FX業者は『ボーナス型』と『信頼性型』に大別できる

②FXは『難しいもの』である。勝てるようになるまで時間はかかるが、不可能ではない。「勝てるようになる」レベルに到達した際の見返りが他分野では得られないほど大きい

③勝てるようになるまでの期間は『ボーナス型』で資金を守りながら学ぶ。スキルが上がり、預け入れる証拠金が大きくなってきたら『信頼性型』の業者に移行する

上記が正解だという見解です。


国内FXまで含めた【業者移行ルート】の目指すべきルートは

海外FX業者(ボーナス型)

海外FX業者(信頼性型)

国内FX業者

このルートです。


多くの方が間違ったルートを選択し、国内FXからFXを始めています。

国内FXは『最低でも1,000万以上の余剰資金を持ったもの』が上がるべきステージなのです。

『投資』をやるにあたっては、

  • 目標金額
  • 投資に割ける時間
  • 準備資金

は各人によって、大きく違うでしょう。

当サイトは『少額から始めて、ひいては数千万~億までの資産形成を目指していって欲しい』というスタンスですが、

「100万を110万円」にしたい、という規模の方も居るでしょう。

しかし、こういった控えめなスタンスであっても、国内FXのルールでは100万円の資産が数カ月かけて、ゆっくりと10万円まで減っているのがオチです。


FXの世界では、99%の人間が最初はそうなるようにできているし、国内FXのルールはそうなったら、もう土俵にすら立たせてもらえないルールです。


「勝てるようになるまでのスキルを磨く」「100万以下の資金で投資を始めたい」という方には、『海外FXの正しい知識』を身に付け、正しいFX業者を選択し、勝てるようになって欲しいです。


およそ、労働では稼げないような圧倒的な資産を、労働ではなしえない速度で形成できる日がくるまで、諦めず、FXに向き合っていただたいです。

 

関連記事

 

 

調査対象の海外FX業者

虫眼鏡をかざしている手


事前知識を抑えたところで、具体的なおすすめ業者の紹介に入ります。
下記の全ての海外FX業者を比較対象としています。

▼調査対象の海外FX業者

  1. Axiory
  2. FXDD
  3. Big BOSS
  4. is6com
  5. FinFX
  6. FXCC
  7. FBS
  8. ANZO Capital Limited
  9. FXOpen
  10. LANDFX
  11. TTCM/Traderstrust
  12. HotForex
  13. Rev Trading
  14. Milton Markets
  15. IronFX
  16. DirectFX
  17. FxPro
  18. MGK GLOBAL
  19. iFOREX
  20. MYFX Markets
  21. SvoFX
  22. ThinkForex
  23. GemForex
  24. GKFX PRIME
  25. Tradeview
  26. Genetrade
  27. XMTrading
  28. Tickmill
  29. 8MAX
  30. FXGT
  31. TitanFX
  32. JustForex
  33. DealFX
  34. VirtueForex
  35. IFC Markets

 

情報の収集は各社の公式サイトにて行いました。

 

先述した内容を踏まえた上で、筆者の経験、実体験、知識、各社公式サイトの閲覧時間数十時間、から作成したランキングを次項に掲載しています。

海外FX業者を【ボーナス特化型】と【信頼性型】の業者に大別し、それぞれのグループで【本当に利用価値の高い海外FX業者/本心からおすすめできる海外FX業者】のランキングを作成しました。

なお、先述した通り、参照していただくランキングはトレーダーのスキルによって分けるのが必然です。

FXビギナー、勉強中、修行中の方は、ボーナス重視型のランキング①を、

勝てる段階に入ってきた方は、信頼性重視型のランキング②をご覧ください。

スキャルピング中心の方は、ちょっと特殊です。

原則として、デイトレーダー、スイングトレーダーは『勝てるようになってきたから、業者を変える』のが正解です。

しかし、スキャルピングトレーダーの場合は『業者を変えたから勝てるようになる』ということが起こり得ます。

スキャルピングトレーダーが選択すべき業者は最後にまとめてあります。

なお、FXを始めたばかりの方も『ランキング1だけ見て終わり』にせず、今後の輝かしい未来の為の知識として、本記事を最後まで読了していただきたいです。

 

 

海外FX業者おすすめランキング1

表彰台にカップが3つ並んでいる


ボーナス重視型の海外FX業者おすすめランキング表は以下のとおりです。

業者名 口座開設ボーナス 入金100%ボーナス
1位/GemForex 1万円以上 2週毎にキャンペーン
2位/is6com 5000円以上 2週間にキャンペーン
3位/LANDFX なし 50万円
4位/FXGT 不定期で3000円 初回のみ
5位/XMTrading 3000円 5万円

 

▼ボーナスの有用性

ボーナスの使い方は2種類しかありません。

①大きなポジションを保有する為に使う
②証拠金が損失によって無くなった後に、原資回復の為に使う

勝てるようになった/資金が増えた場合、①②共に必要ありません。
つまり、勝てるトレーダーにはボーナスキャンペーンは意味がありません。
※一時的なドローダウン期には「保険」としては使えます。

ボーナスというサービス自体が「勝てないトレーダー」にこそ用意されたサービスです。

卑屈になる必要は一切ありません。

みな、最初は勝てないのです。


この勝てない期間は『入金ボーナス』を利用しない手はありません。

このサービスを利用し続け、入金額を極力減らしながら、経験を積み、スキルを磨き、最小投資額で、勝ちトレーダーへの階段を上っていくべきです。

 

入金ボーナスの有用性は

預け入れた現金分を失っても、ボーナス分でトレードが継続できる。それにより、損失分以上の利益を上げられる可能性がある。
証拠金が倍の状態になるので、メンタルを保つことができる。
通常入金よりも、大きなロットを保有できる。
通常入金と比較すると倍の経験値を積める。
初期入金額が通常入金の半額で済む。

などなど、トレーダーにとってデメリットは存在せず、メリットしかありません。

特に【通常入金と比較すると倍の経験値を積める】という点が何よりも大きいです。

「修行期間/勝てない期間」は年単位で続くのが普通です。

その期間の入金が全て半分にできることの経済的メリットは、この上なく大きいです。

 

▼判断基準

  • ボーナス付与額
  • ボーナス上限
  • 基本スペック

の3点と、最低限の信頼性、運営歴、取引環境等を考慮し、35社を格付けしました。

 

▼ランキング上位社の理由

そもそも「ボーナス」自体がない海外FX業者も多いです。

また、ボーナスを提供していても、ランキング外の業者は全ての業者がランキング上位社の下位互換です。

 

おすすめランキング1-1位/GemForex

GemForexのロゴ


ボーナス重視型の海外FX業者ランキング1位は【GemForex(ゲムフォレックス)】というブローカーです。

 

GemForexのスペック早見表

レバレッジ 1,000倍
ロスカット水準 20%
スプレッド ドル円1.4pips
通貨ペア 32種類,株価指数10種類,エネルギー2種類
入金方法 銀行振込,クレジットカード,bitwallet,ビットコイン
出金方法 銀行振込,bitwallet,ビットコイン
最低入金額 銀行振込では1,000円、クレジットカードでは5,000円
スキャルピング可否
口座の種類 2種類※ボーナスが利用できるのは【オールインワン口座】
ライセンス FSPライセンス
運営開始 2014年
プラットフォーム MT4

 

GemForexのボーナス

GemForexの入金ボーナス当選バナー


GemForex は

口座開設ボーナス(常時1万円以上)
入金100%ボーナスキャンペーン(2週間に1度)

という内容の2種類のボーナスを展開しています。


口座開設ボーナスの付与金額は現行業者でNo1
です。

利用価値が高いのは『入金100%ボーナス』キャンペーンです。

上限100万円の入金100%ボーナスを何度でも使用できます。

キャンペーン開催は、原則として2週間毎の「水・木・金曜日」に開催され、かつ、約50%の抽選に当選する必要はありますが。

GemForex の入金ボーナスは利用価値が非常に高いサービス内容です。

口座開設ボーナスって何?という方はここをタップorクリック

▼口座開設ボーナスとは

『口座開設すること』を条件に、リアルトレードで証拠金として使用できる【クレジット】が貰えます。

このボーナスを付与している業者では、入金することなく実際のトレード環境でトレードが行えます。

その為【未入金ボーナス】と呼ばれたりもします。

ボーナス自体の出金はできませんが、利益分は出金可能な業者が多いです。

現実的な使い方は「利益を出す」というよりも、その業者の【約定力】や【マイページへのログイン】など、実際の使用感を試す為のサービスです。

金銭的にはノーリスクでトレードが出来るので、FXビギナーの方には【口座開設ボーナスあり】の業者からスタートするのをおすすめしたいです。


入金ボーナスって何?という方はここをタップorクリック

▼入金ボーナスとは

『入金すること』を条件に、入金額に応じトレードで使用できる【クレジット】が付与されます。

「入金〇〇%ボーナス」という形で提供され『パーセンテージ』によって付与額が変化します。

例として、入金100%ボーナスの場合は【入金額と同額(100%分)】がクレジットとしてもらえます。

この場合、1万円を入金するとボーナスが1万円分貰えるので、合計2万円の証拠金を持った状態でトレードが行えます。


ボーナスは証拠金として使えますが「お金」ではないので、出金はできません。

利益を出金すると「ボーナスは一旦消滅」する業者が多いです。

ボーナス消滅条件は各社で仕様にバラつきがあるので、利用前に各社公式サイトに一度目を通した上で利用すると良いです。

この【入金ボーナス】というサービスは国内FX業者にはない、海外FXの大きな強みの内の一つです。

 

GemForex の入金ボーナスは【何度でも利用できる】という強力なメリットがあります。

このサービス形態により、通常入金を避けることができます。

 

GemForexをおすすめする理由

GemForexの公式サイトトップページ画像


GemForex は2019年から急速に顧客数を伸ばしている海外FX業者です。

Googleのワード検索回数だと XMTrading に次ぐ2位になっています。


理由としては、2014年から大きなトラブルなく運営されてきた運営歴による実績がついてきたこと、FSPライセンス(ニュージーランド金融ライセンス)を取得したことによる信頼性の向上が挙げられます。

GemForexのFSPライセンス番号


元々、取引条件自体は悪くなく、その取引条件もロスカット水準が「50%⇒20%」に変更されたり、スプレッドが狭まったり、と顧客増加によって増えた会社の利益をしっかりとトレーダーに還元している印象があります。

 ▼GemForexのおすすめポイント
  • ①口座開設ボーナスの付与額No1(常時1万円以上)
  • ②2週間に1度の入金100%ボーナス(何度でも利用可)
  • ③万人受けする優良口座スペック
  • ④FSPライセンス取得で信頼性アップ
  • ⑤XMTradingに次ぐ、海外FX業者2位の人気業者

 

加えて、豊富な入出金手段、程よい取り扱い商品数、公式サイトとサポートの完璧な日本語対応と、ビギナーの方が利用しやすい環境が整っています。

立ち上げメンバー4人中3人が日本人である、という点も安心材料です。


2019年から利用者が急増しており、2位の人気業者となっています。

人気が出る業者、使われる業者には必ず理由があります。

GemForex の人気の理由は【圧倒的ボーナス力】に他なりません。

信頼性型業者にはなれない後発組の業者が【ボーナスのチカラ】に振り切って成功した好例です。

強力なボーナス内容に加えて、レバレッジ1,000倍、ロスカ水準20%、ドル円のスプレッド1.4pips というトレーディング環境は、FXビギナー~中級者までの方にとっては非常に利用価値が高いです。

「勝てるようになるまで」の期間はメイン口座に据えて良いFX業者です。

 

 

GemForex の口座開設ボーナスは時期によって1万円~2万円で変動します。
公式サイトのトップページで『今』の金額が確認できるので、チェックしてみてください。

2万円の時はチャンス
GemForex公式サイト

 

詳細記事

 

関連記事
 

 

 

おすすめランキング1-2位/is6com

is6comロゴ

ボーナス重視型ランキング2位は【is6com(アイエスシックスコム)】というブローカーです。

is6comスペック早見表

レバレッジ 1,000倍
ロスカット水準 50%
スプレッド ドル円1.6pips
通貨ペア 32種類
入金方法 銀行振込,クレジットカード,bitwallet
出金方法 銀行振込,bitwallet
最低入金額 銀行振込では10,000円、クレジットカードでは5,000円
スキャルピング可否
口座の種類 2種類※ボーナスが利用できるのは【スタンダード口座】
ライセンス なし
運営開始 2016年
プラットフォーム MT4

 

is6comのボーナス

ご優待キャンペーンの文字


is6com も2種類のボーナスを提供しています。

口座開設ボーナス(常時5000円以上)
入金100%ボーナス(2週間毎)

口座開設ボーナスの付与額は GemForex に劣りますが、入金ボーナスキャンペーンの内容に限っては is6com が現行の海外FX業者の一位です。

 

上限100万円の入金100%ボーナスが隔週で開催される
最近は、キャンペーン期間とキャンペーン期間の谷間の期間も『シークレットボーナス』に当選することがある
さらに、このシークレットボーナス当選率が高い
入金200%ボーナスのチケットに当選することがある

GemForex と比較すると、キャンペーンの間隔が短く「当選する」というハードルが無い、という点で is6com の方が性能が高いです。

「200%ボーナスチケット」も GemForex にはありません。

is6com の入金ボーナスも GemForex と同様、【何度でも利用可能】です。

is6com と GemForex を抑えておけば、「通常入金すること」はほぼ失くせます。

 

is6comをおすすめする理由

is6com公式サイトトップページ画像


ボーナス性能が上なのに、なぜ is6com が2位なのか?をお伝えします。

口座開設ボーナスの付与額は GemForex に負けている、というのが1つ。

もうひとつの理由として、
is6com は「ライセンス」を取得していません。


つまり、ライセンスによる信頼性に関しては皆無と言えます。

しかしながら、曲がりなりにも2016年から現在まで運営されている、という運営実績は積み重ねてきています。


is6com を利用する上で、

失ったら困る資金は入金しない
満足いく金額まで増やせたら出金する

の2点を守った上で利用すれば、現行業者No1のボーナス性能を存分に堪能できるでしょう。

当サイトの判断としては『ライセンスなしのリスク<<<<入金ボーナスの有用性』と判断しています。

 

 ▼is6comのおすすめポイント
  • ①口座開設ボーナスあり(常時5000円以上)
  • ②2週間に1度の入金100%ボーナス(何度でも利用可)
  • ③「入金200%ボーナスチケット」が付与されることがある
  • ④「シークレットボーナス」を加味すると毎週入金100%ボーナスが使える
  • ⑤ベーシックな取引環境

 

is6com は、ライセンスがない弱みを気持ちが良いほど全力で『ボーナス』に振り切って補っています。

中途半端な業者よりよほど利用価値が高いです。

特に利用して欲しいトレーダーの方は、今まで海外FXで出金経験のないトレーダーの方です。

先述したように、最初の内は勝てません。

勝てない内は利益の出金もできません。

筆者の肌感ですが「出金できるか気にする」時点で『海外FXトレーダーとして上位2割程度には入るトレードスキル』のある方だと思います。

そして、本当に勝てる状態になると、国内FXに移行していきます。


is6com は為替以外の取り扱い商品はありませんが、口座スペックは悪くありません。

入出金方法も『銀行振込/クレジットカード/bitwallet』と利便性の高い方法はひと通り揃っています。

2020年7月には、MT4のサーバー移行が行われ、取引環境も整いつつあります。

誰しもが必ず通る「勝てない期間/トレーダーとしてのスキルアップ期間」にこそ使って欲しい業者です。

「勝てない期間」の内は GemForex と並んで、必須の口座です。

 

 

is6com の口座開設ボーナスは時期によって5000円~1万円で変動します。
公式サイトのトップページで『今』の金額が確認できるので、チェックしてみてください。

1万円の時はチャンス is6com公式サイト

 

詳細記事

 

関連記事
 

 

 

おすすめランキング1-3位/LANDFX

LANDFXのロゴ

ボーナス重視型3位は【LANDFX(ランドエフエックス)】というブローカーです。

LANDFXのスペック早見表

レバレッジ 500倍
ロスカット水準 30%
スプレッド ドル円0.8pips
通貨ペア 67種類,CFD24種類
入金方法 銀行振込,クレジットカード,SticPay,ビットコイン
出金方法 銀行送金,クレジットカード,SticPay,ビットコイン
最低入金額 10,000円(クレジットカード入金の場合)
50,000円(銀行振り込みの場合)
スキャルピング可否
口座の種類 3種類※ボーナスが利用できるのは【LP口座】
ライセンス FSAライセンス
運営開始 2013年
プラットフォーム MT4・MT5

 

LANDFXのボーナス

LANDFXのLPボーナス口座


LANDFX のLPボーナス口座では【上限50万円の入金100%ボーナス】が利用可能です。

期間や入金回数に縛りがなく、50万円までならば、常に入金100%ボーナスが貰えます。


GemForex、is6com は業者が指定した『期間』内に入金する必要がありますが、LANDFX のLPボーナスは、上限額以外の縛りが一切ないので、全て自分でコントロールできるのが素晴らしい点です。

1万円ずつ50回に分けて入金してもOKですし、10万円ずつ5回に分けて入金してもOKです。

GemForex,is6com と併せて LADFX を抑えれば、GemForex,is6com のボーナス期間外はLADFX を使うことにより、上限額を使い切るまでは【常に入金100%ボーナスを使う】ことが可能になります。

GemForex,is6com はクレジットカード入金時はボーナス付与率が下がる場合がありますが、LADFX のLPボーナスはクレジットカード入金でも常に100%ボーナスが付きます。

この点も LADFX のLPボーナスの利点です。

 

LANDFXをおすすめする理由

LANDFX公式サイトトップページ画像


LANDFX はボーナスが豪華な業者の中ではかなり異質な立ち位置です。

通常、ボーナスが豪華な業者は信頼性が低い業者がほとんどです。

理由としては、信頼性の高い業者に【取引環境/運営歴】では勝てないからです。


後発組で、ライセンスがない業者は【ボーナスに特化して】トレーダーを呼び込まないと、自社サービスを利用してもらえない、という事情があります。


そんな中、LANDFX は『FSAライセンス』という、金融ライセンスを保有しています。

2013年から続く運営歴による信頼性も充分です。


FSAライセンスという金融ライセンスを所有していて、ボーナスも強い、スプレッドも狭い、とあり得ないほどハイスペックです。

LPボーナス口座に関しては、ですが。

 

 ▼LANDFXのおすすめポイント
  • ①上限50万円まで常に入金100%ボーナスが貰える
  • ②スプレッドが狭い
  • ③FSAライセンスを所有
  • ④約定力が高い
  • ⑤取り扱い商品数が豊富

 

LANDFX のLPボーナス口座に関しては『高い信頼性/豪華なボーナス/狭いスプレッド』と三拍子揃った超優良スペックです。

 

GemForex,is6com と比較すると、LANDFX の取引環境は圧倒的に整っています。

約定力、商品数に関しては LANDFX の圧勝、
そしてなによりスプレッドが狭いです。


入金100%ボーナスは欲しい、信頼性も欲しい、スプレッドは狭い方が良い、というトレーダーの要望を唯一満たせる存在
です。

 

 

LANDFX公式サイト

 

※2020/09/13追記※

現在は【LPボーナス口座】の受付は停止されています。

LPボーナス口座の追加募集、または別のボーナスキャンペーンが開催される可能性はありますが、現時点では不明です。

わかり次第記事内容を更新致します。

 

詳細記事

 

関連記事
 

 

 

おすすめランキング1-4位/FXGT

FXGT会社ロゴ

 

ボーナス重視型4位は【FXGT(エフエックスジーティー)】というブローカーです。

FXGTのスペック早見表

レバレッジ 500倍
ロスカット水準 50%
スプレッド ドル円1.4pips
通貨ペア 50種類,株56種類,株価指数8種類
メタルとエネルギー5種類,仮想通貨13種類
入金方法 銀行送金,bitwallet,仮想通貨、クレジットカード
出金方法 銀行送金,bitwallet,仮想通貨
最低入金額 10,000円(銀行送金の場合)
500円(bitwalletの場合)
500円相当(仮想通貨の場合)
スキャルピング可否
口座の種類 1種類
ライセンス セーシェルライセンス
運営開始 2019年
プラットフォーム MT5

 

 

FXGTのボーナス

▼入金ボーナス

FXGTの入金ボーナス

 

FXGT のベースとなる入金ボーナスは『初回入金100%ボーナス』(上限額は10万円)と『追加入金20%ボーナス』(上限額は50万円)です。

上記内容はあくまでベースとなる内容です。

FXGT のボーナスは可変制をとっており、時期によって内容が異なります。

 

初回入金に対して『80~100%入金ボーナス』、追加入金に対して『20~50%入金ボーナス』が付与されることが多く、付与率が時期によって変化します。

どのような入金手段に対してもボーナスが付与され、追加入金に対してもボーナスが付与される点は良い点です。

 

また、不定期で【取引量に応じてキャッシュバックが付与される】キャンペーンが開催されることもあります。

 

『今』のボーナス内容を確認したい方は、公式サイトで確認するのが一番確実です。

FXGT公式サイトで『今』のボーナス内容を確認する

※右上の『ウェブサイトへ』⇒プロモーション
から確認できます。

 

▼口座開設ボーナス

 

FXGT は、原則として『口座開設ボーナス』の付与は行っておりませんが、上の画像のように期間限定で『口座開設ボーナス』として3,000円を付与している期間もあります。

 

口座開設ボーナスキャンペーン中か否かは公式サイトのトップページで確認できます。

FXGT公式サイトで口座開設ボーナスを確認する

※右上の『ウェブサイトへ』を押下すれば、公式サイトトップページに遷移します。

 

FXGTをおすすめする理由

FXGT公式サイトトップページ

 

FXGT は2019年12月から運営を開始したばかりのブローカーです。

運営歴による信頼性はまだありません。

しかし、豪華ボーナスを展開し、見事なまでのスタートダッシュを決め、利用者が急増している海外FX業者です。

なお、FXGT の立ち上げは XM の創業メンバーによって行われたそうです。

また、仮想通貨の海外取引所の CryptoGT とは兄弟会社の関係にあります。

こういった会社としてのバックボーンがしっかりとしており、セーシェルライセンスという金融ライセンスを取得した上で運営が成されているので、一定の信頼性は担保されています。

 

FXGT は自らを『ハイブリッド取引所』と称しています。

どの点がハイブリッドかというと【仮想通貨をいち投資商品として扱っている】点です。

併せて、仮想通貨による入出金にも対応しています。

 

 ▼FXGTのおすすめポイント
  • ①入金100%ボーナスが貰える
  • ②スプレッドが狭い
  • ③仮想通貨の取引環境が良い(土日も取引可)
  • ④ライセンスあり
  • ⑤サポートが365日24時間対応

 

FXGT の最大の特徴は【仮想通貨の取引の条件が断トツで良い点】です。

種類、スプレッドの狭さにおいては、他社を大きく引き離しており、海外FX業者で仮想通貨の取引をするならば、FXGT 一択と言える強さです。

 

仮想通貨取引所の技術も搭載しており、仮想通貨による入出金も「BTC, ETH, XRP, USDT」と対応可能種類が豊富です。

 

今後も安定した運営がなされれば、時間に比例して利用顧客は増えていくと思われます。

特に、仮想通貨を『ハイレバ・ゼロカットあり・入金ボーナスあり・狭いスプレッド』の環境でトレードしたい、という方には非常に利用価値が高いブローカーです。

仮想通貨以外にも、為替、ゴールド、原油、株価指数、個別株と、非常に豊富な投資商品が取引可能であり、1つの口座で管理できる点は利便性が高いです。

スプレッド、約定力含め、トレーディング環境も良好です。

 

『取引可能商品数』は、基本的に『会社の資金力』に比例します。

FXGT は合計132種類の投資商品がトレード可能となっており、『ボーナス型業者』の中ではNo1の商品数です。

 

既に2万口座を突破しており、新興ブローカーとしては異例のスピードで利用トレーダーが増えています。

ライセンス有、会社としての確かなバックボーン、365日24時間対応の高品質なサポート対応という、トレーディング環境以外の点が整っているのも、利用者が増えている理由として挙げられます。

仮想通貨トレーダー、これから仮想通貨を取引したいと思っているトレーダーの方は必携の口座です。

 

 

FXGT公式サイト

※右上の『ウェブサイトへ』でトップページに遷移します

 

詳細記事

 

関連記事
 

 

ボーナス重視型の5位XMTradingは信頼性型業者ランキングにて詳細にお伝えします。

 

次項から信頼性型の業者情報に入っていきます。

ボーナス型業者の利用を考えているトレーダーの方にも、是非とも抑えておいていただきたい業者情報が続きますので、ざっくりとでも目を通していただけると幸いです。

将来的には必須となる業者知識です。

 

 

海外FX業者おすすめランキング2

信頼性重視型のランキング表です。

業者名 ライセンス種類 運営歴 資金管理
1位
XM Trading
FCAライセンス
CySECライセンス
ASICライセンス
IFSCライセンス
FSAライセンス
2009年 分別管理

保険
2位
AXIORY
IFSCライセンス 2011年 実質信託保全
3位
iFOREX
バージン諸島金融ライセンス
ハンガリー国立銀行ライセンス
1996年 分別管理
4位
Exness
FCAライセンス
CySECライセンス
FSAライセンス
2008年 分別管理
5位
HotForex
FCAライセンス
DFSAライセンス
FSCAライセンス
FSAライセンス
SVライセンス
2010年

分別管理

保険

 

「FXで勝てるようになってきた~資金を増やす」という状態になれたトレーダーの方、


この状態になることができた方は

高額の入出金に問題無く対応できる
倒産リスクが低い
資金持ち逃げリスクはほぼ0

上記のような条件を満たす業者を選択すべきです。

 

ここからは、『長期利用』『まとまった資金を入れる』に足る信頼性が求められます。

最重要なのは会社の【信頼性】を考慮して、要らぬリスクを減らし、トレードに集中し、資金を増やしていくことでしょう。

 

▼判断基準

① 運営歴
② ライセンス種類
③ 資金管理の方法
④ 入出金トラブルの有無
⑤ 口座スペック

上記5項目を重点的、複合的に考慮し、35社中のトップ5を選出しました。

 

▼運営歴の重要性

FX業者は顧客の資金を預かり、トレーダーは資金を預け入れた上で取引を行います。

【お金の移動】がサービスの根幹にある為「自分の大切な資金を預け入れて大丈夫か?」「持ち逃げされないか?」「出金対応は問題ないのか?」と様々な不安があると思います。

また、所在地が日本国外だと、日本の法律の適用外となるのでより一層不安になると思います。

こういった不安を掻き消してくれる、最も信頼できる『ものさし』は【運営歴】です。

 

  • 運営開始から何年経過しているか?
  • 出金は問題なく対応できているか?
  • トラブルは起きていないか?

上記の不安を解消できるのは運営歴による【事実】です。

 

業者とトレーダー間の出金トラブルの「本当のところ」は知る術がないのが現実です。


例えば、あるトレーダーが『AというFX業者に出金拒否された』という情報が拡散された、とします。

FX業者の言い分は「規約違反があった」

トレーダーの言い分は「絶対にそんなことしていない。不当に利益を取り消された」

だとします。


この真実は、【当事者同士にしかわかりません】

さらに、こういった事象は、Bというライバル業者が仕組んだ、という見方がされることさえあります。


我々にできることは【運営開始年】と【現在問題なく運営されている】という2つの事実から、

「現在の年数ー運営開始年数」の年月に渡って、企業として安定的に運営されてきた
現在も運営が続いている

ことを踏まえて、『重大な問題は起きていない業者=信頼性あり』と結論する以外にありません。

「倒産していない/長い年月に渡って出金が問題なく行われてきた/今も安定して運営されている」という客観的事実としての【運営歴】は重要です。

 

▼ライセンスに基づく資金管理の形態

信頼性を図るものさしとして『ライセンス』の種類も挙げられます。

『ライセンス』の種類によって「何が違うのか?」というと、最重要項目は『資金の管理形態』です。

ライセンスの種類によって【会社が倒産した際に預け入れていた資金が戻ってくるのか】が保証されているか否か、が変わってきます。

 

資金管理は、多くの業者が『分別管理』を公言してはいますが、『信託保全』まで行っている業者は多くありません。

①分別管理⇒文字から想起されるイメージ通り『顧客の資金』と『会社の資金』を分けて管理する資金の管理体系のこと。

その会社が破綻しても顧客の資金は分けて管理されている為、顧客の資金は顧客に返還されます。

②信託保全⇒先の分別管理の方法として、顧客の資金を信託銀行に預けて管理すること。

この管理方法だと、会社が破綻した場合でも、信託している資金は差し押さえ対象にならない為、会社が倒産しても確実に預け入れた資金は顧客に返還されます。

ライセンスの種類によって、資金管理方法の義務内容は変わってきます。


例として、イギリスのFCAライセンスは『信託保全』が義務付けられています。

大きな資金を預け入れる際は、ライセンスの種類と資金の管理方法も確認すべきです。

併せて、企業として各種保険に入っている業者もあるので、こういった保険に加入していると安心感は強まります。

ライセンスを保有しているか
保有しているならライセンスの種類と義務内容はどうなっているか

というのも、信頼性のものさしになります。

 

ただし、筆者としては『運営歴>ライセンス』というスタンスをとっています。

理由としては『海外FX』というサービスの性質上、運営母体が高信頼性ライセンスを保有していても、日本人顧客を管轄している子会社は「信頼性の低いライセンスしか所有していない」というケースが非常に多いからです。

この事象は、日本の金融庁の影響を受けずに日本人にサービスを提供する以上、仕方のないことであり、海外FXをやる上で、とらなくてはいけないリスクの内の一つです。

 

【運営母体が高信頼性ライセンスを保有している】という事実は、該当のブローカーの倒産リスクが非常に低いことを意味しますし、グループ会社であれば「資金持ち逃げ」「理由なき出金拒否」などのリスクも限りなく0に近いです。

 

▼ランキング上位社の理由

ランキング上位社は最低でも9年以上の運営実績があります。

資金持ち逃げリスクは限りなく0
倒産リスクはほぼ0
出金トラブルほぼ0

という業者のみを選択しました。

 

おすすめランキング2-1位/XM Trading

XMTradingロゴ

 

信頼性重視型の1位は【XM Trading(エックスエムトレーディング)】です。

「XM」と略されることが多いですが、正式な名称は「XM Trading」です。

 

XM Tradingのスペック早見表

レバレッジ 888倍
ロスカット水準 20%
スプレッド ドル円1.8pips
通貨ペア 57種類、貴金属4種類、CFD42種類
入金方法 銀行振り込み・クレジットカード・デビットカード
bitwallet・ビットコイン・SticPay
出金方法 銀行送金・クレジットカード・デビットカード
bitwallet・i-Account(海外のインターネットバンキング)
最低入金額 500円
スキャルピング可否
口座の種類 3種類
※ボーナスが利用できるのは【スタンダード口座】と【マイクロ口座】
ライセンス FCAライセンス:イギリス
CySECライセンス:キプロス
ASICライセンス:オーストラリア
IFSCライセンス:ベリーズ
FSAライセンス:セーシェル
運営開始 2009年
プラットフォーム MT4・MT5

 

 

XMTradingの信頼性

XMTrading の運営母体である『Trading Point』という企業は

FCAライセンス:イギリス
CySECライセンス:キプロス
ASICライセンス:オーストラリア
IFSCライセンス:ベリーズ
FSAライセンス:セーシェル

という5つのライセンスを所有しています。


金融ライセンス最難関の『FCAライセンス』に加え、信頼性の高いキプロスの『CySECライセンス』も所有しています。

FCAライセンスでは、

① 分別管理・信託保全の義務
② 許されない入出金トラブル
③ 経営状況・資金管理内容の報告義務
④ AML(アンチマネーロンダリング)対策
⑤ 行き過ぎたプロモーションの禁止

などが求められます。


日本の顧客は『FSAライセンス(セーシェル共和国)』の元で管理されています。

公式サイト上で分別管理を行っている旨が明記されています。


XMTrading 公式サイトでは「分別管理」を行っている旨が記載されてはいますが、預託先が明記されていません。

しかし、XM 公式サイト(XMTrading とは別の会社ですが、運営母体は同じTrading Point)では、『Barclays Bank Plc』に預託していることや、投資家補償基金に加盟していることが明記されています。


資金管理は分別管理、加えて保険にも加入しています。

さらには、既に10年以上の運営歴があります。

入出金トラブルも全くと言って良いほど耳にしません。

XMTrading は、「資金持ち逃げ」の可能性は0であり、そもそもの倒産リスクが非常に低く、高額の入出金にも耐えうる業者であり、信頼性型業者の筆頭です。

 

XMTradingをおすすめする理由

XMTrading公式サイトトップページ画像


ボーナス重視の項でも、少しお伝えしましたが、この XMTrading という業者は強すぎるのです。


独占禁止法に抵触していないのか?と不安になるほど、海外FX業界において、この XMTrading を利用する顧客、利用し続けるトレーダーが多いのです。


XMTrading 以外のFX業者は、XMTrading を使っているトレーダー達に自社サービスを使って貰いたいが為に、ある業者はボーナスに注力したり、ある業者はスプレッドを狭くしたり、とXMTrading よりも強いセールスポイントを作ろうとしている状況です。

 

 ▼XM Tradingのおすすめポイント
  • ①口座開設ボーナスあり(常時3000円)
  • ②入金100%ボーナスあり(5万円)
  • ③複数の金融ライセンスを所有
  • ④約定力が高く、取り扱い商品数も豊富
  • ⑤口座開設者数、人気共にNo1

 

約定力、取り扱い商品数、入金手段の豊富さ、出金トラブルのなさ、完璧です。

入金ボーナスを使い切った
スキャルピング中心なのでスプレッドの狭い業者にしたい

という2点以外に、他社を使う理由が見つけられないほど、優良で質の高いサービスをトレーダーに提供し続けています。

ライセンスと運営歴に根差した高い信頼性の元で、これだけ安定したサービスを打ち出され、さらに継続されるとなると、他社のマーケティング担当者は頭を抱えるでしょう。

数百万から数千万単位での入金、あるいは、億単位までトレードで増やしても全く問題ないと言い切れる数少ない海外FX業者です。
※当サイトとしては、億まで増やせるスキルがあるならば税制上国内FXの利用を提唱しますが。

『海外FXトレーダー』として必携の口座です。

初級者~上級者まで満足させるサービス内容が、そこにはあります。


業者選びで絶対に失敗したくない、という方にも勧められる海外FX業者です。

 

 

XMTrading公式サイト

 

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

おすすめランキング2-2位/AXIORY

AXIORYの会社ロゴ


信頼性重視型ランキング第2位は【AXIORY(アキシオリー)】というブローカーです。

 

AXIORYのスペック早見表

レバレッジ 400倍
ロスカット水準 20%
スプレッド ドル円1.3pips(スタンダード口座)
通貨ペア 61通貨
株価指数 10種類
資源・エネルギー 6種類
入金方法 銀行振込・国際銀行送金・クレジットカード
ビットコイン・SticPay・VLoad
出金方法 銀行振込・国際銀行送金・クレジットカード
SticPay・ビットコイン・VLoad
最低入金額 指定なし
スキャルピング可否
口座の種類 2種類
ライセンス IFSCライセンス:ベリーズ
運営開始 2011年
プラットフォーム MT4・cTrader

 

AXIORYの信頼性

AXIORY は、IFSCライセンスという「ベリーズ」という国が発行するライセンスの元で運営されています。

この IFSCライセンス自体はそこまで信頼性の高いライセンスではありません。

しかし、AXIORY は『The Financial Commission』という機関に加盟しています。

The Financial Commissionの加盟証明書


The Financial Commissionは、AXIORY とトレーダーの間でトラブルが起きた際に仲介してくれる第三者機関です。

トラブルは起きない、起こさないという自信がなければ加盟しませんし、トラブルが起きた場合は誠実に対応する、という AXIORY の決意の表れです。


また、資金を『分別管理』している旨、管理方法が実質『信託保全』である旨は公式サイト上で明言されています。

 

AXIORYの実質信託保全

↑AXIORY公式サイトより

 

日本人顧客にも実質信託保全を行っている旨を明言している唯一の業者です。

預け入れた資金の全額、建玉の評価損益分も保証されています。


さらに、運営歴も9年目に入っていること、出金トラブルがないことも AXIORY が信頼できる点です。

 

AXIORYをおすすめする理由

AXIORY公式サイトトップページ画像


AXIORY は先述した信頼性に加えて、情報の開示、および取引環境の透明性、約定力の強化、スプレッドの低減化に注力しており、『ボーナス一切なし』とし、他社がボーナスに割く経費を全て【トレーダーの取引環境の整備】に割り振っています。


さらに、cTrader という次世代取引プラットフォームの使用が可能な数少ない業者の内の一つです。

実際に、AXIORY のECN口座のスプレッドは、手数料込みでも超優秀な数値です。

 

 ▼AXIORYのおすすめポイント
  • ①取引環境の透明性が高い
  • ②約定力が高い
  • ③実質信託保全
  • ④取り扱い商品数が豊富
  • ⑤長い運営歴

 

取引の透明性と取引環境の整備という所に特化したFX業者です。

取引環境には、サーバー強度やメンテナンス体制、安全な資金管理、サポートの品質も含まれます。

AXIORY では、取引環境が非常に高い水準で保たれています。

また、保有可能なロット数が1,000ロット、というのも良い点です。

 

倒産リスクが非常に低い業者ではありますが、万が一会社が破綻した場合でも、日本人トレーダーに『資金の全額返還』を公式サイト上で明記している唯一のブローカーです。

大きな資金を預け入れる際に、この点は大きな安心感に繋がります。

勝てるようになったトレーダーが、より大きく勝つ為の条件が全て整ったFX業者です。

 

 

AXIORY公式サイト

 

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

おすすめランキング2-3位iFOREX

iFOREXロゴ


信頼性重視型ランキング第3位は【iFOREX(アイフォレックス)】というブローカーです。

 

iFOREXのスペック早見表

レバレッジ 400倍
ロスカット水準 0%
スプレッド ドル円0.9pips
通貨ペア 87通貨
商品20種類
指数33種類
株式644種類
ETF53種類
仮想通貨18種類
入金方法 クレジットカード,bitwallet,国際電信送金
出金方法 銀行送金,bitwallet
最低入金額 1万円
スキャルピング可否 不可
口座の種類 1種類
ライセンス イギリス領のバージン諸島金融ライセンス
ハンガリー国立銀行ライセンス
運営開始 1996年
プラットフォーム FX net Viewer(MT4使用不可)

 

iFOREXの信頼性

iFOREX は『イギリス領のバージン諸島金融ライセンス/ハンガリー国立銀行ライセンス』の2つのライセンスを所有した上で、運営を行っています。

しかし、どちらも取得の難しいライセンスではありません。

iFOREX の信頼性の源は【圧倒的な運営歴の長さ】です。

1996年から運営されており、運営歴は24年目に入っています。

この運営歴は倒産しない限り他社に抜かれることはあり得ません。

出金トラブルもありませんし、高額出金も問題なく対応できています。

 

iFOREXをおすすめする理由

iFOREX公式サイトトップページ画像


iFOREX はロスカット水準を「0%」に設定しており、『自動ロスカット=ゼロカット』というルールを敷いているFX業者です。

『アイフォ戦士』と呼ばれる、攻めのトレーダーを数多く生み出し、その内の数%のトレーダーが辿りついた『高額出金』にも全て対応してきた実績と、運営歴23年の歴史があります。

これは、信用するに値します。

さらに、海外FX業者No1の取引可能な商品数、狭いスプレッド、ボーナスもあり、非常に利用価値が高い業者です。

しかし、弱みが2点あります。

①MT4が使えない
②スキャルピングか明確に禁止されている

iFOREX は、独自のプラットフォームを保有しており、MT4が使えません。

さらに、【1日10回以上の取引】が公式サイト上で明確に禁止されています。

 

『MT4利用不可』の点を少しフォローすると、「FX net Viewer」という iFOREX の独自プラットフォームは使い勝手が良く、EAを使わないトレーダーであれば、問題ないと思います。

スマホ用のアプリもリリースされています。

 

 ▼iFOREXのおすすめポイント
  • ①入金100%ボーナスあり(10万円)
  • ②キャッシュバックあり
  • ③プラススワップポイントの設定値No1
  • ④取り扱い商品数No1
  • ⑤運営歴20年以上を誇る老舗

 

iFOREX は

初回入金100%ボーナス
追加入金後には取引毎にキャッシュバック
アカウント内残高に利息3%を付与

というボーナスも展開しています。


他にも、プラススワップの設定値が海外FX業者No1
取り扱い商品数No1

というストロングポイントを持っています。

スイングトレーダーや、トレードの引き出しを増やしたいトレーダーの方におすすめしたいです。

トレーダーのトレードスタイルによって、多様な活かし方ができる絶妙なバランス感覚を備えた業者です。

それを支え、可能にしているのは企業としての圧倒的歴史と経験値でしょう。

筆者個人としては、『海外FXトレーダー』として、2点のデメリットを許容できるトレーダーの方には、XMTrading と並んで、必携の口座だと思っています。

 

詳細記事

 

 

 

 

おすすめランキング2-4位/Exness

Exnessの会社ロゴ

 

信頼性重視型ランキングの4位は【Exness(エクスネス)】です。

 

Exnessのスペック早見表

レバレッジ 21億倍(MT5は2000倍)
ロスカット水準 0%
スプレッド ドル円1.1pips(スタンダード口座)
ドル円0.7pips(プロ口座)
通貨ペア 107種類、貴金属10種類、仮想通貨7種類
エネルギー2種類、株式30種類、インデックス10種類
入金方法 クレジットカード・SticPay
ビットコイン・USDT
出金方法 クレジットカード・SticPay
ビットコイン・USDT
最低入金額 1ドル
スキャルピング可否
口座の種類 4種類
ライセンス FCAライセンス:イギリス
CySECライセンス:キプロス
FSAライセンス:セーシェル
運営開始 2008年
プラットフォーム MT4・MT5

 

 

Exnessの信頼性

Exness という業者は2008年から運営を開始しており、日本市場にも進出していましたが、過去に一度撤退しており(FCAライセンスを取得する為にやむを得ず)、2020年に再度日本市場に進出してきたブローカーです。

 

Exness はグループ全体では

FCAライセンス:イギリス
CySECライセンス:キプロス
FSAライセンス:セーシェル

という3つのライセンスを所有しています。


XMTrading と同様に金融ライセンス最難関のFCAライセンスに加え、信頼性の高いキプロスのCySECライセンスも所有しています。

ライセンスの信頼度だけならば、XMTrading と並びます。

 

Exnessグループの所有するライセンス一覧

↑Exness公式サイトより

 

日本人顧客はFSAライセンスの管理下ではありますが、グループ全体としての信頼性は非常に高いです。

また、公式サイト上でデロイト・トウシュ・トーマツ社という世界四大の監査会社の監修下で『会計報告』『監査報告』を開示しています。

 

Exnessの会計報告

↑Exness公式サイトより

 

企業としての透明性も非常に高いです。

 

加えて、運絵歴も XMTrading よりも長い12年目になっています。

日本に再進出してきて日が浅いので、認知度は低いブローカーではありますが、信頼性は高いブローカーです。

 

Exnessをおすすめする理由

Exness公式サイトトップページ

 

Exness は高い信頼性、企業としての高い透明性の元で、非常に高スペックの取引環境を提供しています。

口座スペックの最大レバレッジは2000倍、ロスカット水準0%です。

加えて、総じて狭いスプレッド(ドル円:スタンダード口座で1.1pips,プロ口座で0.7pips)と、豊富な取引商品数、とトレードをする上で、最も重要な『ベースとなる取引環境』は非常に整っています。

 

大きな特徴として、MT4限定ですが下記2つの条件を満たすと最大レバレッジが無制限になります。

▼条件
①合計5ロット以上の取引実績
②10回以上の取引回数


レバレッジ無制限(数値としては21億倍)の場合、資金が証拠金としてほとんど拘束されません。

レバレッジ無制限には

大きなポジションを保有できる
含み損により耐えることができる

などのメリットがあります。

 

レバレッジ無制限を使いこなすのは、かなりのトレーディングスキルが求められますが、場面に応じてハイレバレッジが使えて、ロスカット水準0%という口座スペックは非常にトレーダー優位です。

 

 ▼Exnessのおすすめポイント
  • ①口座スペックが非常に高い
  • ②最大レバレッジ無制限、ロスカット水準0%
  • ③複数の金融ライセンスを所有
  • ④企業としての透明性が高い
  • ⑤仮想通貨のスワップポイント0

 

【レバレッジ無制限】というワードのインパクトが強すぎて、「Exness=ハイレバギャンブル用口座」という認識の方も居るかもしれませんが、Exness の強みは【グループ全体としての高い信頼性・透明性】と【トレーダー優位な取引環境】です。

短期的なトレード用ではなく、じっくり、長く使い続ける価値があります。

 

通貨ペアの数が100種類以上でスプレッドが狭く、約定力が高いです。

商品数のバリエーションの豊富さ、仮想通貨のスワップポイントが0である点、など様々なトレーダーに需要があると思います。

認知度はまだまだですが、時間に比例して利用するトレーダーは増えてくるでしょう。

「為替」においては、現在、日本で利用可能な海外FX業者の中で、最もトレーダー優位なトレーディング環境を提供しているのは Exness です。

為替以外の投資商品のトレーディング環境も優秀です。

海外FX業者No1の座に居座り続ける XMTrading を脅かす存在になる可能性を持ったブローカーです。

 

 

Exness公式サイト

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

おすすめランキング2-5位/HotForex

HotForex会社ロゴ
 
信頼性重視型5位は【HotForex(ホットフォレックス)】というブローカーです。

 
HotForex簡易スペック早見表
 
レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
スプレッド ドル円1.7pips
通貨ペア 49種類
金属/エネルギー9種類
インデックス22種類
株式56種類
仮想通貨8種類
債券3種類
入金方法 クレジットカード,bitwallet,ビットコイン
出金方法 クレジットカード,bitwallet,ビットコイン
最低入金額 5ドル
スキャルピング可否
口座の種類 5種類
ライセンス

FCA、DFSA、FSCA、FSA、SV

運営開始 2010年
プラットフォーム MT4・MT5
 
 

HotForexの信頼性

HotForex の運営母体である『HF Markets』は5つのライセンス(FCA、DFSA、FSCA、FSA、SV)を所有しています。

XMTrading と似た運営形態ですね。

さらに最難関の金融ライセンスであるFCAライセンスを所有していることも共通です。


運営母体の信頼性の高さは、XMTradin gの母体である『Trading Points』と同等です。

日本人の顧客はSV(セントヴィンセントライセンス)の元で管理されています。

万が一の倒産時に備え、上限500万ユーロの保険に加入しています。


運営歴も2010年からであり、既に10年目に入っており、充分です。

XMTrading よりも1年遅いですが。

高額出金も問題なしです。

 

HotForexをおすすめする理由

HotForex公式サイトトップページ画像


「打倒XMTrading」を掲げて、日本市場に乗り込んできたとか、こないとか。

運営母体の資本や、巨大さ、取得ライセンスなど、共通点は多いです。

取引環境、含めサービス内容も XMTrading を意識したものも見受けられます。

しかし、筆者の肌感ではありますが、XMTrading にはまだ及びません。

第一の理由が『円口座』に未対応であること。

第二の理由が『ボーナスの使い勝手が悪い』こと、です。

ただ、あくまで「XMTrading には及ばない」だけで、他社と比較すれば HotForex は頭1個抜けて利用価値のある業者です。

 

 ▼HotForexのおすすめポイント
  • ①条件付きだが入金ボーナスあり
  • ②取り扱い商品数が豊富
  • ③分別管理+保険加入
  • ④複数の金融ライセンスを所有
  • ⑤長い運営歴

 

日本での知名度はまだ低いですが、世界的には口座開設者数200万口座を突破しているグローバルなFX業者です。

口座タイプが5種類あり、それぞれに有用性があります。

個別株のトレードが可能な数少ない業者の内の一つですし、高額入金に耐えうる信頼性を備えた業者です。

 

 
 

 

 

トレードスタイル別おすすめ海外FX業者

繰り返し「勝てるようになるまでボーナス重視型から選択⇒勝てるようになったら信頼性重視型から選択」が正解だとお伝えしてきました。

しかし、スキャルピングに関しては「勝てない⇒取引環境を変える」ことで勝てるようになる、という事象が起こり得ます。


理由としては【約定力・透明性・操作性・取引環境(主にスプレッド)】が収支に直結するトレードスタイルだからです。

スキャルピングトレーダーには、上記とは別枠で下記の2社をお勧めしたいです。

AXIORY
TitanFX

TaitanFX と Axiory は海外FXの魅力の一つである『ボーナス』には会社のチカラを振らずに、『取引環境(スプレッドの狭さを約定力)』にチカラを全振りしているブローカーであり、

海外FXでスキャルピングといえば、この2社の2強となっています。

LANDFX のスプレッドも2社に見劣りしない設定値です。

なお、iFOREX のスプレッドも狭いのですが、明確にスキャルピングは禁止されていますので、iFOREX でのスキャルピングはやめておきましょう。


スキャルピングトレーダーにおすすめな海外FX業者/TitanFX

TitanFX会社ロゴ


TitanFX(タイタンエフエックス)はスキャルピングトレーダーにおすすめです。

 

TitanFXのスペック早見表

レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
スプレッド ドル円0.33 pips(往復手数料7ドル)
通貨ペア 57種類、メタル6種類、CFD9種類、エネルギー2種類 
入金方法 銀行振込・クレジットカード・デビットカード
bitwallet・SticPay
出金方法 銀行送金・クレジットカード・デビットカード
bitwallet
最低入金額 2万円
スキャルピング可否
口座の種類 2種類
ライセンス VFSC証券ディーラーライセンス:バヌアツ共和国
運営開始 2014年
プラットフォーム MT4/MT5

 

TitanFXをおすすめする理由

TitanFX公式サイトトップページ画像


TitanFX は2014年から運営を開始しており、運営歴は7年目に入っています。

運営歴による信頼性もまずまずです。

『VFSC証券ディーラーライセンス』というバヌアツ共和国の金融ライセンスも取得しており、総合的な会社の信頼性も悪くありません。

 

AXIORY と似たタイプの企業努力を重ねており、『ボーナス一切なし』と割り切り、その資金を【約定力】に全て注ぎこんでいます。

 

 ▼TitanFXのおすすめポイント
  • ①高い約定力
  • ②取り扱い商品数が豊富
  • ③レバレッジ制限なし
  • ④金融ライセンスあり
  • ⑤運営歴もまずまずの7年目

 

リクオートなし、約定拒否なし、とにかく迅速な約定力が欲しい、というスキャルピングトレーダーには TitanFX をお勧めしたいです。

取り扱い商品数も豊富で、『アカウント内残高や保有ロット数』によってレバレッジ制限がかからないのも特徴です。

デイトレーダー、スイングトレーダーであってもこの特徴は利用価値があります。

 

 
 

  公式サイトは圧巻の情報開示量です。そして、オシャレです。 信用するに足るFX業者か、利用価値が有るのか無いのか、是非ご自身の目でチェックしてみてください。 

TitanFX公式サイト

 

 

関連記事
 
 

 

スイングトレーダーにおすすめな海外FX業者

スイングトレード中心のトレーダーにもおすすめ業者をお伝えします。

考慮した点は『スワップポイント』です。

▼スイングトレーダーにおすすめの海外FX業者

第一位 iFOREX
第二位 GemForex

海外FX業者は、国内業者と比較してスワップポイントが低めに設定されているブローカーが多いです。

そんな中で、iFOREX はプラススワップの設定値が他社と比較して圧倒的にトレーダー優位に大きく設定されています。


ラスのスワップポイント目的でトレードする場合、iFOREX一択です。

iFROREX とは真逆の考え方で、GemForex はプラススワップもマイナススワップも非常に低めに設定されています。


マイナススワップのポジションをスイングで保有する場合は、GemForex一択です。


大きなロットを入れて数週間持ち越すと、マイナススワップもばかになりません。

GemForex ならば、マイナススワップの損失を最小限に抑えられます。

プラススワップのポジション⇒iFOREX
マイナススワップのポジション⇒GemForex

が現状の海外FX業者でスイングトレードをする場合の最適解です。

 

 

おすすめの海外FX業者移行ルートシミュレーション

筆者が「もし、FXのスキルが0に戻された状態で、今から海外FXを始めるなら?」と仮定し、海外FX業者の移行ルートシミュレーションをしてみようと思います。

◆序盤戦(開始~目安2年)

こちらの記事(海外FX【常に100%入金ボーナス状態を作り】常時証拠金を2倍にして戦う兵法)で紹介した戦い方をそのままトレースします。

XMTrading,GemForex,is6com,LANDFX の口座を作り、XMTrading は入金100%ボーナスを使い切ったら、しばらく放置します。


そして、GemForex をメインにし、is6com をサブとして使います。

LANDFX は、ボーナスタイミングが合わなかった時用の保険として使用します。


この期間は、準備資金100万と仮定した場合、多くても10万円、基本は5万以下の資金を刻んで入金します。

この入金方針が【ハイレバレッジ/ゼロカット】と、GemForex,is6com の入金ボーナスキャンペーンを最大効率で利用できます。

◆この期間にやること

FXのルール、発注方法を完璧に理解する
空いた時間は常にチャートを見る
自分の性格、生活環境にあったトレードスタイルを見つける

 

◆この期間にやらないこと

有料情報商材を買う
有料セミナーに通う
人に手法を乞う
インジケーターをいじくりまわす

 


◆中盤(2年~)

資金が増やせる、という状態になり、預け入れる証拠金が増えてきたら、XMTradingとAXIORYとExnessをメインに、iFOREXを株式用口座に、LANDFXを保険口座とし、個人的な分別管理を施しつつ、資金をさらに増やします。

複数社を利用する際【他社との両建て】は、ほぼ全社で禁止事項とされています。

複数社を平行して利用する際は【通貨毎】【期間毎】【商品毎】に使い分けるなどして、うっかり両建てにならないようにします。

筆者はデイ~スイングトレード主体のトレードスタイルですが、もしスキャルピング中心だった場合は、メインAXIORY、サブTitanFX,LANDFXの組み合わせにします。

個別株をトレードされる方は、HotForexかiFOREXのどちらかは絶対に必要です。

◆この期間にやること

自分でみつけたトレードスタイルをさらに磨く
メンタル管理、資金管理方法を、自分だけのオリジナルなものに仕上げていく
専業に移行する準備と覚悟を決める

 

◆この期間にやらないこと

有料情報商材を買う
有料セミナーに通う
人に手法を乞う
インジケーターをいじくりまわす
勝っていることを人に話す

 


◆終盤

証拠金が2000万を超えてくると、海外FXも一度卒業すべきタイミングです。

一度資金を引き上げ、税金等も考慮して、一定額を銀行口座等に確保した上で、国内FXのフィールドに入っていきます。

国内FXで、1億~2億ほど稼げたら、FXからの卒業も見据えて、不動産や株式に手を広げた方が良いです。

 

 

あなたにとって最良の海外FX業者を選択して欲しい

本質を見失わない

あなたの目的は「FXで勝つこと/FXで勝てるようになること」です。

つまりは【お金を稼ぐこと】です。
投資の目的は常に、この一つです。

良い業者を選んで、良い業者を使い続けることではありません。

業者選びに必要以上に時間をかけることは【メンタル管理や資金管理を疎かにして、MT4のインジケーターをひたすらこねくり回す】行為と同様、投資の本質、FXの本質からはズレています。

使う業者を選択したのならば、業者選びではなくFXのスキルアップに時間を割きましょう。


業者移行の「正解ルート」正しい移行順は、「勝てるようになってきたな、もっと自分に合う、より良い業者はないかな?」です。

「勝てないなー、業者が悪いからだ。勝てる業者ないかな?」ではありません。

このマインドだと、FXでは勝てるようにはなれません。

 

割り切る

業者選びが重要でない、と言っているわけではありません。

非常に重要である、と筆者は考えています。

良い業者を選択し、その業者の取引環境を利用することで、要らぬストレスを排除し、トレードに集中することができます。

海外FX業者は本当に数が多く、より良い業者があるのでは?と目移りしてしまう気持ちはわかります。

しかし、一度あなたが利用価値がある、と判断し、口座を作ったのであれば、割り切ってしばらくの間使ってみていただきたいです。

 

DD・NDD論争に参加しない

DD業者は悪で、NDD業者こそ正義である、のような論調を目にしたことがあります。

この論だと、国内業者はほとんど悪になってしまいますね。

DD/NDDって何?という方は下の記事をご覧ください。

関連記事【FXの約定方式】DD方式とNDD方式ってなに?【最低限これだけ抑えればOK】

 

DD業者の良い側面は『ボーナスが豪華/スプレッドが狭い/固定できる』反面、不利な約定があります。

NDD業者は『透明性が高い/スプレッドが広い』ECN方式だと『手数料が発生する』などの特徴があります。

大事なことは【あなたにとって優位性があるか?】です。

筆者としては、各ブローカーが、DD・NDDのどちらの約定方式を選択しようと、その会社がしっかりと利益を出せていて、安定的に運営がされていて、トレーダーに利用価値のある取引環境を提供できている、のであれば、それでOKです。

実際のところ、業者の約定方式はブラックボックスです。

内部の人間しか真実はわかりませんし、辞めた人間は守秘義務があるので外部に漏らせません。
真実はわからない。

つまり、考えるだけ無駄なことです。

ただし、FX業者の約定方式は2種類あって、その2種類には特性があることは知っておくべきです。


DD方式も、NDD方式もどちらかが善で、どちらかが悪だ、ということはありません。

あなたにとって、【優位性のある取引環境】こそが善であり、正です。

 

業者選びから勝負は始まっている

最後のピースがハマりそうな白いパズル


「良い業者を選んだから勝てる」というものではありませんが、自分のトレードスタイルに合った業者を選択することで、勝つ確率をわずかですが上げることが可能です。

トレード毎に、その【わずかな優位性】が積み上がれば、やがて大きな差となるでしょう。

海外FX業者は数多く存在しますが、貴方のトレードスキル、トレードスタイルに合ったベストな業者を選択し、相場で戦っていただきたいです。

業者選び」から【投資の世界では全てが自己責任】のフィールドは始まっています。

当記事のランキング内から選択していただければ「まず失敗はない」と確信してはいますが、最後はご自身の目で、各社の公式サイトを確認し、ご判断ください。

 

現在の日本で、利用可能な海外FX業者の数は多いです。

しかし、利用価値のある業者は多くはない。

人に勧められる業者の数は本当に少ない。

 

筆者の唯一の10年来の友人に「おすすめの海外FX業者ってある?」と聞かれたら、本記事の内容をそっくりそのまま伝えます。

本記事内の情報はあなたにとっても価値のあるものだと信じています。

 

最後に、筆者が魂を削って綴った各社の詳細情報記事を置いておきます。

利用するか否かの判断に使っていただければ幸いです。

 

▼ボーナス型ランキング1位/GemForex

GemForex公式サイト

 

▼ボーナス型ランキング2位/is6com

is6com公式サイト

 

▼ボーナス型ランキング3位/LANDFX

LANDFX公式サイト

 

▼ボーナス型ランキング4位/FXGT

FXGT公式サイト

 

▼信頼性型ランキング1位/XMTrading

XMTrading公式サイト

 

▼信頼性型ランキング2位/AXIORY

AXIORY公式サイト

 

▼信頼性型ランキング3位/iFOREX

iFOREX公式サイト

 

▼信頼性型ランキング4位/Exness

Exness公式サイト

 

▼信頼性型ランキング5位/HotForex

HotForex公式サイト

 

▼スキャルピングトレーダーにおすすめ/TitanFX

TitanFX公式サイト

 

 

関連記事