海外FX【スプレッド比較】厳選10社のスプレッドを徹底比較/最狭業者を決める

海外FXスプレッド徹底比較

 

 

スプレッドの設定値は業者によって異なります。

多数存在する海外FX業者を厳選した上でスプレッドを比較し、為替通貨ペアのスプレッドが狭い業者をまとめました。

【狭いスプレッド設定の海外FX業者】を知りたいトレーダーの方に読んでいただきたい記事です。

 

 

海外FXでスプレッドの設定値を重視すべき理由

スプレッドの設定値を重視すべき理由

 

 

スプレッドの設定値は、海外FXでトレードする上で考慮すべき非常に重要な要素です。

この項では、スプレッドを重要視する理由を記載しています。

 

理由は大きく3つあります。

①収支に直結
②業者によって差が大きい
③トレードの判断にも影響

次項から、それぞれの理由について補足します。

 

①スプレッドは収支に直結

収支に直結

 

取引コストは、トレードにおいて非常に重要な要素です。

スプレッドは、トレードする度に発生する必要経費のようなものです。

スプレッドの差はトレード毎に積み上がり、ひいては収支に直結します。

 

『スプレッドが狭いこと』は、トレードスタイルに関わらず全てのトレーダーにとって、メリットがあります。

取引コストが安い業者を選択することは、勝ち続ける為には必須の要素です。

 

 

②スプレッド設定値は業者によって差がある

業者によって差が大きい

 

スプレッドは目に見えてわかりやすい数値であり、各社で差が出るポイントです。

 

使う業者を選定する際に、選び甲斐のあるポイントである、とも言えます。

海外FX業者の企業としての利益の大部分は、スプレッドで賄われています。

 

自社利益を削って、スプレッドを狭くする業者も、多数存在します。

この施策がとれる業者は、利用トレーダーの絶対値も必要ですし、企業としての資金力も必要です。

 

優良業者ほど、狭いスプレッドを提供し、利用トレーダーが増え、さらに取引環境が整えられる、という良い循環を生んでます。

スプレッドが狭い業者を使えば、トレードする度に、スプレッドが狭いことによる恩恵を受け続けられます。

 

 

③スプレッドの数値はトレードの判断にも影響

トレードの判断にも影響

 

スプレッドが狭いことは、トレードの判断にも良い影響をもたらします。

エントリー、利確、損切を裁量で行う際の判断力が向上します。

 

【『スプレッドが広い』と自分が感じている業者】を利用していると、一度のトレードの重みが増してしまいます。

スプレッドを比較、検討し【スプレッドの設定値に自分が納得している業者】を使うことは、トレードの判断力の向上に繋がります。

 

 

海外FX業者全10社のスプレッドを比較

海外FX業者10社のスプレッドを比較

 

取引コストは「約定方式がSTP方式/ECN方式のどちらなのか」によって異なります。

どちらも透明性の高いNDD方式ですが、STP方式は【スプレッド】のみが取引コスト、ECN方式は【スプレッド+取引手数料】が取引コストとなります。

 

「STP方式、ECN方式って何?」というトレーダーの方は、こちらの記事をご一読ください。

 

関連記事

 

 

本記事では、【ECN方式ではない口座】のスプレッドについてのみ、比較しています。

公式サイト上で、NDD方式やSTP方式だと明言されていない業者も含んでいます。

 

ECN方式の口座のスプレッド、および取引コストについては、こちらの記事内で比較しています。

「ECN口座でトレードをしたい」というトレーダーの方は、ご一読ください。

 

関連記事

 

 

本記事では【ECN口座以外の口座】での【主要通貨ペア】【クロス円】【ドルストレート】【マイナー通貨】のスプレッドについて、全10社の比較を行いました。

知名度、人気、利用者数から以下の海外FX業者10社を選出し、比較対象としています。

 

▼比較対象の海外FX業者

XM
AXIORY
TitanFX
LANDFX
Exness
HotForex
GemForex
IS6FX
iFOREX
FXGT

 

また、全社スプレッド変動制をとっているので、市場のボラティリティ、時間帯等によって変動します。

 

 

主要通貨ペアのスプレッド比較

主要通貨ペアのスプレッド比較

 

世界で取引量の多い通貨ペアベスト3は『EUR/USD,USD/JPY,GBP/USD』の通貨ペアです。

この3つの通貨ペアについて比較しました。

 

▼主要通貨ペアのスプレッド

業者名 EUR/USD USD/JPY GBP/USD
XM 1.6 pips 1.6 pips 2.2 pips
AXIORY 1.2 pips 1.3 pips 1.6 pips
TitanFX 1.2 pips 1.33 pips 1.57 pips
LANDFX 0.8 pips 0.8 pips 1.4 pips
Exness 1.0 pips(スタンダード口座)
0.6 pips(プロ口座)
1.1 pips(スタンダード口座)
0.7 pips(プロ口座)
1.5 pips(スタンダード口座)
0.9 pips(プロ口座)
HotForex 1.2 pips 1.7 pips 1.7 pips
GemForex 1.3 pips 1.3 pips 2.2 pips
IS6FX 1.5 pips 1.6 pips 2.4 pips
iFOREX 0.9 pips 0.9 pips 1.5 pips
FXGT 1.6 pips 1.6 pips 1.9 pips

 

Exnessのプロ口座が抜けて優秀な数値です。

以降は

LANDFX>iFOREX>Exnessスタンダード口座>AXIORY=TitanFX>GemForex

という順の設定値となっています。

 

 

クロス円通貨ペアのスプレッド比較

クロス円通貨ペアスプレッド比較

 

JPYを含んだ通貨ペアを『クロス円』の通貨ペアと呼びます。

我々日本人にとっては、馴染み深い通貨ペアです。

クロス円についても、代表的な通貨ペア3種類について比較しました。

 

▼クロス円通貨のスプレッド

業者名  GBP/JPY EUR/JPY AUD/JPY
XM 3.6 pips 2.3 pips 3.3 pips
AXIORY 1.9 pips 1.3 pips 1.8 pips
TitanFX 2.45 pips 1.74 pips 2.12 pips
LANDFX 1.5 pips 1.2 pips 1.8 pips
Exness  2.0 pips(スタンダード口座)
1.3 pips(プロ口座)
1.9 pips(スタンダード口座)
1.2 pips(プロ口座)
2.1 pips(スタンダード口座)
1.3 pips(プロ口座)
HotForex 2.9 pips 1.6 pips 2.3 pips
GemForex 1.9 pips 1.4 pips 1.6 pips
IS6FX 3.1 pips 2.3 pips 2.9 pips
iFOREX 2.5 pips 1.2 pips 3.0 pips
FXGT 3.5 pips 2.2 pips 3.0 pips

 

ここでも、最優秀設定値はExnessのプロ口座です。

以降は

LANDFX>GemForex>AXIORY>Exnessスタンダード口座>TitanFX

という順で優秀です。

 

 

ドルストレート通貨ペアのスプレッド比較

ドルストレート通貨ペアスプレッド比較

 

USDを含んだ通貨ペアを『ドルストレート』の通貨ペアと呼びます。

世界中のトレーダーに取引されている通貨ペアです。

ドルストレートの通貨ペアについても、代表的な通貨ペア3種類について、比較しました。

 

▼ドルストレート通貨ペアのスプレッド

業者名 AUD/USD NZD/USD USD/CAD
XM 1.9 pips 2.7 pips 2.2 pips
AXIORY 1.5 pips  1.8 pips 1.8 pips
TitanFX 1.52 pips 1.86 pips 1.55 pips
LANDFX 1.2 pips 1.8 pips 1.4 pips
Exness 1.5 pips(スタンダード口座)
0.9 pips(プロ口座)
 2.0 pips(スタンダード口座)
1.2 pips(プロ口座)
2.2 pips(スタンダード口座)
1.4 pips(プロ口座)
HotForex 1.5 pips 1.9 pips 1.8 pips
GemForex 1.5 pips 1.8 pips 2.0 pips
IS6FX 2.0 pips 2.7 pips 2.1 pips
iFOREX 1.0 pips 2.2 pips 2.0 pips
FXGT 1.8 pips 2.7 pips 2.3 pips

 

ここでも、最優秀はExnessのプロ口座です。

以降は

LANDFX>TitanFX>AXIORY>GemForex>Exnessスタンダード口座>iFOREX

という順で優秀です。

 

 

マイナー通貨ペアのスプレッド比較

マイナー通貨ペアスプレッド比較

 

マイナー通貨ペアはUSDを含まない、EUR、GBP、CHF、AUD、CAD、NZD通貨で構成される通貨ペアを指します。

3つの通貨ペアについて、以下の表にまとめました。

 

▼マイナー通貨のスプレッド

業者名 EUR/GBP EUR/AUD AUD/NZD
XM  2.0 pips  3.0 pips 4.0 pips
AXIORY  1.2 pips  1.9 pips 2.4 pips
TitanFX  1.53 pips  2.75 pips 3.03 pips
LANDFX  1.8 pips  2.0 pips 2.4 pips
Exness  1.6 pips(スタンダード口座)
1.0 pips(プロ口座)
 2.3 pips(スタンダード口座)
1.4 pips(プロ口座)
2.3 pips(スタンダード口座)
1.4 pips(プロ口座)
HotForex 1.5 pips 3.4 pips 3.9 pips
GemForex 1.5 pips 2.3 pips 2.3 pips
IS6FX 2.0 pips 3.4 pips 3.4 pips
iFOREX 2.0 pips 2.8 pips 3.2 pips
FXGT 1.9 pips 3.2 pips 3.6 pips

 

Exnessのプロ口座が最も狭い数値です。

以降は

AXIORY>LANDFX>GemForex>Exnessスタンダード口座>TitanFX

という順で優秀です。

 

 

スプレッドが狭い海外FX業者TOP5

スプレッドが狭い海外FX業者TOP5

 

前項で比較した【主要通貨ペア/クロス円/ドルストレート/マイナー通貨】の全ての通貨を合算して、通貨ペア数で割り、全社の平均スプレッドを算出し、格付けを行いました。

上位社と平均スプレッドは以下の通りです。

 

▼平均スプレッドが狭い海外FX業者一覧

順位 業者名 平均スプレッド
1位 Exness
プロ口座
1.1083 pips
2位 LANDFX 1.475 pips
3位 AXIORY 1.6417 pips
4位 GemForex 1.7583 pips
5位 Exness
スタンダード口座
1.7917 pips
6位 TitanFX 1.8875 pips

 

スプレッド最狭業者は Exness です。

上記の5社について、情報を補足します。

 

 

海外FXスプレッド最狭/Exness

Exness公式サイトトップページ画像

 

Exnessのプロ口座とスタンダード口座

ExnessのSTP方式の口座は『プロ口座』『スタンダード口座』という名称です。

特徴を下の表にまとめました。

 

口座名 プロ口座 スタンダード口座
最大レバレッジ 2000倍 2000倍
ロスカット水準 0% 0%
為替通貨ペア種類 107種類 107種類
最低入金額 1000ドル 1ドル
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5
運営開始 2008年
ライセンス FCAライセンス,CySECライセンス,FSAライセンス,FSCAライセンス

 

Exnessのプロ口座が、最狭スプレッド口座です。

2位以下に大差を付け、全通貨で圧倒的に優良な設定値となっています。

 

Exnessのスタンダード口座は、主要通貨ペア、ドルストレートでは優良な値ですが、クロス円だけ弱い設定値となっており、全体では5位です。

 

口座性能は、最大レバレッジ2,000倍、ロスカット水準0%となっており、スプレッド以外の基本口座性能もNo1です。

 

スタンダード口座とプロ口座のスプレッド一覧はこちら

 

通貨ペア スタンダード口座 プロ口座
EUR/USD 1.0 pips 0.6 pips
USD/JPY 1.1 pips 0.7 pips
GBP/USD 1.5 pips 0.9 pips
GBP/JPY 2.0 pips 1.3 pips
EUR/JPY 1.9 pips 1.2 pips
AUD/JPY 2.1 pips 1.3 pips
AUD/USD 1.5 pips 0.9 pips
NZD/USD 2.0 pips 1.2 pips
USD/CAD 2.2 pips 1.4 pips
EUR/GBP 1.6 pips 1.0 pips
EUR/AUD 2.3 pips 1.4 pips
AUD/NZD 2.3 pips 1.4 pips

 

上記以外の通貨ペアのスプレッドも公式サイトにて確認できます。

Exness公式サイト/スプレッド一覧

 

 

 

Exnessの寸評

Exnessの会社ロゴ

 

Exness は、運営歴10年以上を誇り、運営母体はイギリスのFCAライセンス、キプロスのCySECライセンスという非常に信頼性の高いライセンスを保有しています。

日本に再進出してきたのは2020年なので、認知度はまだまだですが、爆発的な速さで日本人トレーダーの利用者を増やしています。

 

Exness のプロ口座は、利用条件として【初回入金額10万円以上】という縛りがありますが、他社のVIP口座と比較すると、利用する為のハードルは低いです。

 

Exness のスタンダード口座も、総じてスプレッド設定は優良です。

特に、主要通貨ペアは非常に優秀な設定値となっています。

スタンダード口座は、1ドルから入金可能となっており、超少額から Exness のトレーディング環境を試すことができます。

 

 

Exness では、公式サイト上でリアルタイムスプレッドの確認ができません。

『公表値通りのスプレッドではないのではないか?』と訝しむ方も居ると思われます。

 

スタンダード口座、プロ口座のリアル口座にて、リアルスプレッドをキャプチャしました。

2021年3月25日AM2時頃のスプレッドです。

 

Exnessのリアルスプレッド(スタンダード口座)

↑Exnessスタンダード口座リアルスプレッド

 

Exnessリアルスプレッド(プロ口座)

↑Exnessプロ口座リアルスプレッド

 

上の画像の通り、どちらの口座もほぼ公表値通りのスプレッドです。

Exness は、サーバーも安定しており、平均スプレッドから大きく乖離することはほとんどありません。

しかしながら、一般的な海外FX業者と同様、早朝はスプレッドが広がります。

 

 

『スプレッドが最も狭い海外FX業者』というだけでも利用価値はありますが、Exness は、スプレッド以外の取引環境もとにかく優秀です。

ベースとなるレバレッジは2000倍であり、強制ロスカットレベルは証拠金維持率0%に設定されています。

投資商品数も為替だけで107種類と、他社の倍以上の種類が取引できます。

ゴールド、仮想通貨のスワップポイントが0である点も、他社にはない特徴です。

最も狭いスプレッドに加えて、他社に無いストロングポイントを複数有しているブローカーです。

Exness公式サイト

 

 

海外FXスプレッドの狭さ2位/LANDFX

LANDFX公式サイトトップページ画像

 

LANDFXのLive口座

LANDFX のSTP口座は『Live口座』という名称です。

特徴を表にまとめました。

 

口座名 Live口座
最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 30%
為替通貨ペア種類 67種類
最低入金額 10,000円
プラットフォーム MT4/MT5
運営開始 2013年
ライセンス FSAライセンス

 

スプレッド設定平均値が2番目に低かったのがLANDFXです。

3位以降は僅差ですが、LANDFXは頭一つ抜けています。

弱い通貨ペアが無く、総じて優良なスプレッド設定です。

特に、主要通貨ペアのスプレッドの狭さは優秀です。

 

基本口座性能は、ロスカット水準30%の部分だけ他社より劣りますが、その他の部分は良好な性能です。

 

LANDFX/Live口座のスプレッド一覧はこちら

 

通貨ペア スプレッド
EUR/USD 0.8 pips
USD/JPY 0.8 pips
GBP/USD 1.4 pips
GBP/JPY 1.5 pips
EUR/JPY 1.2 pips
AUD/JPY 1.8 pips
AUD/USD 1.2 pips
NZD/USD 1.8 pips
USD/CAD 1.4 pips
EUR/GBP 1.8 pips
EUR/AUD 2.0 pips
AUD/NZD 2.4 pips

 

 

 

 

LANDFXの寸評

LANDFX会社ロゴ

 

LANDFXは2013年から運営されており、運営歴的には海外FX業者として中堅の域に達しています。

企業として【トレーディング環境の整備】に注力しており、2020年World Trading Award にて『Best Trading Platform賞』を受賞しています。

 

結果として、スプレッド設定平均値が2位になっています。

主要通貨ペア、ドルストレート通貨のスプレッドが特に狭く、トレーダー優位なトレーディング環境です。

 

LANDFX は『狭いスプレッド』に加えて、入金100%ボーナスが利用できます。

【Re Start LPボーナス】という名称で、ボーナスが提供されており、付与上限額の50万円まで、複数回に分けて入金しても、常に入金100%ボーナスが貰えます。

 

LANDFXでは、株価指数や、貴金属のトレードもできますが、為替のトレード環境が抜群に優秀です。

為替がメインのトレーダーの方にとって、LANDFXの取引環境は、非常に利用価値が高いです。

LANDFX公式サイト

 

 

海外FXスプレッドの狭さ3位/AXIORY

AXIORY公式サイトトップページ画像

 

AXIORYのスタンダード口座

AXIORY のSTP口座は『スタンダード口座』という名称です。

特徴を表にまとめました。

 

口座名 スタンダード口座
最大レバレッジ 400倍
ロスカット水準 20%
為替通貨ペア種類 61種類
最低入金額 5,000円
プラットフォーム MT4/cTrader
運営開始 2011年
ライセンス IFSCライセンス

 

AXIORYのスプレッド設定値は、通貨ペアによる強弱がほとんどありません。

総じて優良値となっており、全体3位の狭さです。

 

口座性能は、最大レバレッジの400倍という数値は他社と比較すると低い数値です。

また、『cTrader』という新しいプラットフォームが使える点はAXIORYだけの特徴です。

 

AXIORY/スタンダード口座のスプレッド一覧はこちら

 

通貨ペア スプレッド
EUR/USD 1.2 pips
USD/JPY 1.3 pips
GBP/USD 1.6 pips
GBP/JPY 1.9 pips
EUR/JPY 1.3 pips
AUD/JPY 1.8 pips
AUD/USD 1.5 pips
NZD/USD 1.8 pips
USD/CAD 1.8 pips
EUR/GBP 1.2 pips
EUR/AUD 1.9 pips
AUD/NZD 2.4 pips

 

 

 

 

AXIORYの寸評

AXIORY会社ロゴ

 

AXIORYは、2011年から運営されており『スプレッド設定が狭い業者』という立ち位置を既に築いている海外FX業者です。

多くのスキャルピングトレーダーに利用されています。

 

ECN口座のナノスプレッド口座の取引環境も非常に優秀ですが、スタンダード口座のスプレッド設定も決して悪くありません。

 

AXIORY の強みは、透明性の高さと、実質信託保全の資金管理体系です。

 

NDD方式は公式サイト上で明言されており、リアルタイムスプレッドや、約定率なども公式サイト上で開示されています。

ストップ狩りなど、トレーダーにとって不利な値動きや約定の不透明さは、AXIORY ではあり得ません。

 

また、日本人トレーダーに対しても、実質信託保全の旨を公言している唯一のブローカーです。

狭いスプレッドに加えて、高い透明性と信託保全を求めるトレーダーにとっては、AXIORY の利用価値は高いです。

AXIORY公式サイト

 

 

海外FXスプレッドの狭さ4位/GemForex

GemForex公式サイトトップページ

 

GemForexのオールインワン口座

GemForexの『オールインワン口座』は、公式サイト上では約定方式は明言されていません。

おそらくDD方式だと思われます。

GemForexのオールインワン口座の特徴を表にまとめました。

 

口座名 オールインワン口座
最大レバレッジ 1,000倍
ロスカット水準 20%
為替通貨ペア種類 31種類
最低入金額 1,000円
プラットフォーム MT4
運営開始 2014年
ライセンス FSPライセンス

 

GemForex は、クロス円の通貨ペアのスプレッドが非常に優秀です。

クロス円の通貨ペアでは、Exnessのプロ口座に次ぐ全体2位になっています。

 

口座性能は、レバレッジ、ロスカット水準共に優秀です。

 

GemForex/オールインワン口座のスプレッド一覧はこちら

 

通貨ペア スプレッド
EUR/USD 1.3 pips
USD/JPY 1.3 pips
GBP/USD 2.2 pips
GBP/JPY 1.9 pips
EUR/JPY 1.4 pips
AUD/JPY 1.6 pips
AUD/USD 1.5 pips
NZD/USD 1.8 pips
USD/CAD 2.0 pips
EUR/GBP 1.5 pips
EUR/AUD 2.3 pips
AUD/NZD 2.3 pips

 

 

 

 

GemForexの寸評

GemForexロゴ

 

GemForexは、2014年から運営されており、FSPライセンスを所有しています。

『口座開設ボーナス』『入金100%ボーナス』が非常に豪華な業者であり、現在はXMに次ぐ2位の人気を獲得している海外FX業者です。

口座開設数は、40万口座を突破しており、2019年頃から躍進的に利用者を増やしています。

 

『ボーナスが豪華な業者』というだけであれば、ここまでの支持は得られません。

スプレッド設定は、総じて優良であり、クロス円の通貨ペアはExnessのプロ口座に次ぐ2位の設定値となっています。

 

なお、先に記載した通りGemForexは公式サイト上で約定方式が明言されておらず、DD方式だと思われます。

透明性は担保されていませんが、GemForexの取引環境は、ボーナス性能はもちろん、スプレッド設定値も優秀であり、利用価値は高いと判断しています。

GemForex公式サイト

 

 

海外FXスプレッドの狭さ5位/TitanFX

TitanFX公式サイトトップページ画像

 

TitanFXのZeroスタンダード口座

TitanFXのSTP口座は『Zeroスタンダード口座』という名称です。

特徴を表にまとめました。

 

口座名 Zeroスタンダード口座
最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
為替通貨ペア種類 60種類
最低入金額 2万円
プラットフォーム MT4/MT5
運営開始 2014年
ライセンス VFSC証券ディーラーライセンス

 

TitanFXのスプレッド設定値は、クロス円の通貨ペアの設定値が弱いです。

他の通貨ペアに関しては、上位業者と拮抗していますが、クロス円の設定値が平均値を押し上げ、全体では5位となっています。

 

口座性能は、突出して良い点はありませんが、悪い点もありません。

 

TitanFX/スタンダード口座のスプレッド一覧はこちら

 

通貨ペア スプレッド
EUR/USD 1.2 pips
USD/JPY 1.33 pips
GBP/USD 1.57 pips
GBP/JPY 2.45 pips
EUR/JPY 1.74 pips
AUD/JPY 2.12 pips
AUD/USD 1.52 pips
NZD/USD 1.86 pips
USD/CAD 1.55 pips
EUR/GBP 1.53 pips
EUR/AUD 2.75 pips
AUD/NZD 3.03 pips

 

 

 

 

TitanFXの寸評

TitanFX会社ロゴ

 

TitanFXは2014年から運営されており、AXIORYと同様『スプレッドの狭い業者』としての知名度を獲得しています。

TitanFXは、ドルストレート通貨ペアのスプレッド設定値が際立って優秀です。

 

TitanFX の強みは約定力と、レバレッジ制限が無い点です。

TitanFX は、インフラの整備に注力しており、「Zero Pointテクノロジー」と名付けられ、多くのスキャルピングトレーダーに既に利用されています

また、リクイディティプロバイダー情報も開示されています。

狭いスプレッドに加えて高い約定力を備えているTitanFXは、多くのスキャルピングトレーダーに利用されています。

 

他社に無い特徴として、アカウント内残高や保有ロット数に依るレバレッジ制限が無い、という点が挙げられます。

レバレッジ制限を受けずに、大きなロットを取引したいトレーダーにとって、TitanFX は利用価値が高いです。

また、TitanFX 以外の業者では、貴金属、原油、株価指数などの投資商品では、最大レバレッジが100倍以下に引き下げられたりしますが、TitanFX では、これらの投資商品も最大レバレッジ500倍でトレード可能です。(株式CFDのみ最大レバレッジ20倍)

 

残高、ロット数、投資商品種類に依らず、最大レバレッジ500倍でトレードできるのは、TitanFXのみが持つメリットです。

TitanFX公式サイト

 

 

その他の業者について

iFOREXは、スプレッド設定値が概ね優良ですが『スキャルピング不可』と明言しているブローカーです。

デイトレーダー、スイングトレーダーの方であれば、利用価値は高いです。

 

XM は、取引コストに関しては、他社よりも優れていません。

しかしながら、非常に優秀な約定力と高い信頼性を誇ります。

業者としての信頼性を求めるトレーダーの方は利用を検討しても良いと思いますが、『スプレッドが狭い業者を使いたい』というトレーダーの方は、別の業者を利用すべきです。

 

 

 

海外FX業者スプレッド比較・まとめ

海外FX業者スプレッド比較・まとめ

 

 

本記事では【スプレッド】のみに焦点をあて、TOP5を選出してみました。

 

上位業者の特徴を簡単にまとめます。

●Exness⇒スプレッド最狭/ベースとなるトレーディング環境最良
●LANDFX⇒ドルストレート通貨のスプレッドが優秀/入金100%ボーナス
●AXIORY⇒透明性/信託保全
●GemForex⇒クロス円の通貨のスプレッドが優秀/ボーナスが豪華
●TitanFX⇒高い約定力/レバレッジ制限なし

 

 

使う業者を選別する際は、入出金手段、投資商品数、約定力など、他の要素も加味し、総合的に判断する必要があります。

 

上記5社について、より詳細な情報を別の記事にまとめました。

 

▼Exness⇒スプレッド最狭・ベースとなるトレーディング環境最良

Exness公式サイト

 

▼LANDFX⇒ドルストレート通貨のスプレッドが優秀/入金100%ボーナス有り

LANDFX公式サイト

 

▼AXIORY⇒透明性・信託保全

AXIORY公式サイト

 

▼GemForex⇒クロス円の通貨のスプレッドが優秀・ボーナスが豪華

GemForex公式サイト

 

▼TitanFX⇒高い約定力・レバレッジ制限なし

TitanFX公式サイト

 

あなたのアンテナに引っ掛かった業者がありましたら、本記事と併せてご一読いただけますと幸いです。

 

 

リアルタイムスプレッドが確認できる海外FX業者

リアルタイムスプレッドが確認できる海外FX業者

 

AXIORY,LANDFX,TitanFX,iFOREX,XM の5社は、市場が開いている時間であれば、実際に変動する【リアルタイムスプレッド】を公式サイト上で確認できます。

AXIORY,LANDFX は、全ての通貨ペアについて開示されています。

その他の業者は、全てというわけではありませんが、開示されていない業者と比較すると、企業としての透明性は高いです。

 

より正確な数値、変動幅等を事前に確認しておきたい、というトレーダーの方は、実際のスプレッドをあなた自身の目で確認してみてください。

 

▼AXIORY

AXIORYのリアルタイムスプレッド

AXIORY公式サイト

 

▼LANDFX

LANDFXのリアルタイムスプレッド

LANDFX公式サイト

 

▼TitanFX

TitanFXのリアルタイムスプレッド

TitanFX公式サイト

 

▼iFOREX

iFOREXのリアルタイムスプレッド

 

トップページから『ライブレート』に遷移すれば、全ての投資商品のスプレッドが確認できます。

ただし、『スプレッド』という欄は無いので[買い価格ー売り価格]で算出する必要があります。

iFOREX公式サイト

 

▼XM

XMのリアルタイムスプレッド

XM公式サイト

 

 

この記事では、STP方式のスプレッドについてまとめました。

スプレッド設定は、業者によって大きく異なることがわかっていただけたと思います。

また、通貨ペアによってもスプレッド設定の優劣が異なります。

あなたのトレードスタイル、トレード頻度の高い通貨ペアを鑑みて、あなたが最も勝ちやすい業者を選択し、利益を積み上げていただきたいです。

 

本記事は以上です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

よく読まれている記事

 

関連記事