【FXの約定方式】DD方式とNDD方式ってなに?【最低限これだけ抑えればOK】

FX業者の約定方式にはDD方式・NDD方式の2種類が存在します。

これを知っておけば勝てる、という類のものではありませんが、知っておいて損は無い知識なので、本記事で解説していきます。

 

DD方式・NDD方式の違い

DD方式は『Dealing Desk(ディーリングデスク)方式』のことです。

OTC方式、B-bookと呼ばれることもあります。

この方式では、顧客とインターバンクの間に、FX業者のディーラーが間に入ります。

もう一方のNDD方式とは、『No-Dealing Desk(ノーディリングデスク)方式』のことです。

A-bookと呼ばれることもあります。

この方式では、顧客とインターネットが直通で結ばれており、FX業者・ディーラーの介入がありません。

インターバンクとは
世界中の金融機関同士が取引を行う市場のこと。



FX業者のディーラーの仲介・介入があるか否かで、分類します。

 

DD方式

DD方式は国内FX業者の多くが採用している約定方式です。

顧客の注文をFX業者(ディーラー)が呑みます。

そして、ディーラーの裁量で一定のパーセンテージの注文をインターバンクに発注します。このパーセンテージは各社によって異なりますが3~15%程度と言われています。

顧客の80%~90%は負けると言われている世界ですから、全ての注文を通す必要なし、残りの10%程度の勝っているトレーダー、上手いトレーダーの注文は通す、という判断の元で各FX業者のディーラーが処理しています。

DD方式では【顧客の負け=FX業者の利益】という図式が成り立ちます。

DD方式の内部で行われていることは、
①注文を呑む(通さない)
②顧客同士の注文を相殺させる
③インターバンクに流す

の3つの処理をディーラーが行っています。

FX業者の損失が発生するのは、③の場合の手数料分のみです。

①、②、③の配分さえ誤らなければ、FX業者の利益は顧客の数に比例して増えていきます。

 

DD方式のメリット

スプレッドが狭い
スプレッドが固定できる

 

DD方式のデメリット

FX業者が意図的にスプレッドを広げられる
ストップ狩り、と呼ばれる値動き
スキャルピング・EA(自動売買ツール)は原則禁止

 

NDD方式

海外FX業者の多くの会社が採用していると言われています。

顧客の注文を、FX業者・ディーラーの介入を通さずにインターバンクに通します。

NDD方式を採用している会社の利益は、顧客の取引による『取引手数料(スプレッド)』によって得ています。

FX業者としては、【取引回数・取引量の多いトレーダー】を好みます。顧客にトレードを通じて勝ってもらって、さらに取引回数や取引数量を増やして欲しいのです。

その為、原則としては、スキャルピングやEAの使用は禁止されていません。

【顧客の利益=FX業者の利益】という図式が成り立ちます。

業者としては、純粋な顧客数よりも、取引回数の多いトレーダー、ロット数の大きいトレーダーを好みます。

NDD方式のメリット

透明性が高い
約定が速い
スキャルピング、自動売買可

 

NDD方式のデメリット

スプレッドが広い

 

NDD方式にはさらに2つの種類がある

①STP方式

『Straight Through Processing』の略

インターバンク市場に参加している複数のLP(リクイディティープロバイダー)から、レートの提示を受け、投資家にとって一番有利な価格で約定させる方式。

FX業者は、一番有利なレートを採用した上で、自社が設定した手数料を「スプレッド」として徴収します。
※LPとは⇒証券会社や金融機関のこと

 

②ECN方式

『Electronic Communications Network』の略

買い注文に売り注文をぶつけて約定させる方式。
実際のスプレッドは0だが、FX業者は取引手数料を徴収し、この手数料がFX業者の利益になります。

日本の株式市場はこの方式で売買されています。

 

知った上でどうするの?

海外FX業者の多くはNDD方式を謳ってはいますが、LPの開示まで行っているFX業者は多くありません。

NDD方式を公言していても、実際はDD方式、という業者もあります。

FX業者の約定方式はブラックボックスです。

内部の人間しか真実はわかりません。

完全なる透明性の元で取引をしたい方は板情報も閲覧可能なECN方式を採用しているFX業者や口座タイプを選択すると良いと思います。

筆者の好みとしては『顧客の利益=FX業者の利益』が成り立つNDD方式の方が好きです。

DD方式=勝てない、NDD方式=勝てる、ということでもありません。

どちらかが正義で、どちらかが悪、ということもありません。

その業者が、安定的に運営可能な約定方式を選択していて、実際に安定的に運営がなされていて、トレーダーにとって利用価値の高い取引環境を提供してくれていれば、それでOKです。


あなたのトレードスタイルにとって、優位性があり、かつ実際に使ってみて、問題がなければ利用し続ければ良いですし、
合わなければ、もっと自分にあった取引環境を提供しているFX業者を選択すれば良いだけの話です。

しかし、自分が利用しているFX業者がどの約定方式を採用していると公言しているか、公式サイトではどの程度の情報が開示されているか、は知っておいて損はないでしょう。

 

関連記事