国内FXと海外FXの比較『どちらを選択すべきか?』の最終回答

FXを始めてみたいけど、『国内FXと海外FXどちらが良いか』迷っている方、海外FXというものを知らず、国内FXの知識しかない方に読んで欲しい記事です。

国内FX業者と海外FX業者の特徴をまとめました。

どちらを選択すべきか?は記事の最後に明言します。

 

「Choice」とかかれた2つの看板

 

 

国内FXと海外FXの違い

国内FXの特徴

レバレッジ最大25倍
追加証拠金の可能性あり
口座残高がマイナスになる可能性あり
スプレッドが狭い
スワップ金利が大きい
資金の分別管理が義務付けられている
税金が『申告分離課税』に分類され、20.315%固定

国内FX業者の特徴を3つの単語で説明すると

【最大レバレッジが25倍】
で、
【借金状態になるリスク】があり、
【税金が安い】

ということになります。

 

海外FXの特徴

レバレッジ400~1000倍(最大3000倍)
ゼロカットシステムあり
口座残高がマイナスになることはない
スプレッドが広い会社が多い
スワップ金利が小さい会社が多い
分別管理を行っていない会社もある
税金が『総合課税(雑所得)』に分類され、税率が金額によって変動
※195万以下⇒15%、330万以下⇒20%、695万以下⇒30%、900万以下⇒33%、1800万以下⇒43%、4000万以下⇒50%、4000万越え⇒55%

海外FX業者の特徴を3つの単語で説明すると

【ハイレバレッジが可能】で、
【借金状態になるリスクなし】で、
【440万以上稼ぐと国内より税金が高い(他に収入がないと仮定した場合)】

ということになります。

 

国内FXと海外FXどちらを選択すべきか?

大きな違いは【借金状態になるリスクがあるか否か】です。

この1点のみでも、未経験者・初心者の方は海外FXを選択するべきです。

『国内のサービスの方が何かと安心だから・・・』という意見は真逆を行ってしまっています。
本当に正しい情報を取り入れて欲しいです。

また、税金に関しては440万円以下なら、海外FXの方が安く済みます。

これを踏まえて、上記の情報を見返すと、あることに気づきませんか?

 

国内FXは、『お金持ち』にとても有利なルールなのです。

既に資産を持っている人が、資産を守った上でより資産を大きくするのに、適したルールです。

この視点で上記のルールを見ると、貧者に富みを得るチャンスを与えない仕組みに見えませんか?

裏を返すと、海外FXのルールは、とても開かれています。

貧者に富みを得るチャンスを提供しています。

もちろん、リスクはあります。

今、持たざる者は、知略を賭して、持っている者に挑み、勝ち取るしかありません。

海外FXは、少なくともそのチャンスは提供してくれています。

 

しかし、国内FXのルールでは、数十万円単位の資産では、勝負の土俵にすら上がれません。国内FXのルールでは。

今、『持っていない者』は海外FX一択と言ってよいでしょう。

 

『富める者』になったら、国内FXに移行しましょう。
日本の法律は、『既に持っている投資家』にとても有利な法律です。
存分に享受しましょう。

持った状態で、『持てる者になることができたFXのスキル』を発揮すれば、さらに資産を増やすことは難しくありません。

 

海外FXは持たざる者が、何度でも挑戦できるルールです。

・借金状態になりたくない
・年間440万円以上の利益を出したことがない

上記2つに当てはまる方は【間違いなく海外FX一択】です。

必然的にFX未経験者の方は海外FXからスタートすることになりますが、これが【正解ルート】です。

誤ったスタート(国内FXからのスタート)をされる方が多すぎて心配になります。

国内FXでは、資金力の少ない方は圧倒的に勝ちづらいルールです

 

年間440万円以上稼いで初めて『国内FX』も選択肢に入ってきます。
資金効率が悪いのですぐ国内FXへの移行はお勧めしませんが、

当サイトの最終回答はシンプルに

年間440万円以上勝った経験のない方は海外FXを選択するべき

という結論とします。

 

関連記事