年収1億円以上の職業の割合【56.4%は投資家・トレーダー】

Twitter上で2017年の国税庁統計年報の『年収1億円以上の職業の割合』についてつぶやいている方がいらっしゃいました。

少し古いデータですが、非常に信頼性の高いデータなので、本記事でもとりあげてみます。

 

 

 

年収1億円以上の職業内訳

ケースに入っている札束

 

・株・為替などのトレーダー(56.4%)
・超一流企業の給与所得者(31.8%)
・事業所得者(7.8%)
・不動産所得者(2.8%)
・作家/ミュージシャン(1.2%)

出典『2017年国税庁統計年報』

 

半数以上が【トレーダー】という結果になっています。

この数字を皆様は多いと感じますか、少ないと感じますか?

 

加えて、トレーダー以外の職種の方達は、この収入額から約半分が【税金】として徴収されますが、投資家・トレーダーは【税金が20%】で済みます

 

この税率の差がある為、実際の手元に残る金額はかなりの乖離があると思われます。

【税率の優位性】も投資スキルを上げるモチベーションの一つになります。

 

『お金を稼ぐ手段』として『投資』を選択することは、他の道を選択するよりも、税金面で圧倒的に優遇されています。

 

 

1億円以上の収入の詳細内訳

国税庁統計年報では、収入源によって

事業所得者
不動産所得者
給与所得者
雑所得者
上記区分に該当しない所得者

に分類をしています。

 

投資家・トレーダーは『上記区分に該当しない所得者』として扱われています。

各所得者分類毎に『1億円以上稼いでいる』上での、金額と人数も公表されています。

 

金額分類は『1億円~2億円』が最も多く、全ての区分でこの割合が最も多い結果となっています。

次いで多いのは『2億円~5億円』、そして、この【5億円以下】の割合が『給与所得者』だと96.4%に上ります。

 

しかし、【投資家・トレーダー】は【5億円以下】の割合が89.4%と、5つの分類分けの中で最も高い数字になっており、【1億円稼いでいるトレーダーの約10人に一人は5億円以上稼いでいる】という結果が出ています。

投資スキルは、一度磨いてしまえば、衰えることはありません。

 

勝ち方さえわかってしまえば、【得られる金額は青天井】だということです。

 

 

投資スキルを磨こう

チャート

 

『投資』という世界が持つ、見返りの大きさはおわかりいただけたと思います。

 

特殊な才能(スポーツ・芸能・音楽家・作家など)を持っていない方で、超一流企業の会社役員でもない限り、現実的に【1億円稼ごう】と思ったら『投資』という選択肢しかないのではないか、と思います。

 

もちろん、いきなり『1億円』というところを目指す必要はありません。

『1年ごとに目標を設定し、段階的に目標値を上げていく』方が良いです。

年収1億円以上の職種で56.4%はトレーダーである
さらに税金面で優遇されている
トレーダーならさらに上の収入も目指せる。1億円以上稼いでいるトレーダーの10人に1人は5億円以上稼いでいる

上記の3点は、投資をやっていく上で、モチベーションアップ・モチベーションの維持に役立つ情報だと思います。

 

投資スキルは、上げていくのに時間を要しますが、その見返りはあまりにも大きいです。

磨く価値のあるものです。

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

以降は『現時点で投資をやっていない』という方に読み進めていただきたい記事です。

 

お金が無くても投資が可能な時代

瓶の中にお金が入っている

 

世の中のほとんどの人は、「お金が欲しい」という感情を持ちながら生きていると思います。

理由は千差万別ですが。

お金は、生きていく為に絶対に必要なものです。

最低限のお金があれば、生きていけます。

もう少し、お金があれば、心に余裕をもって生きていくことができます。

さらにお金があれば、楽しく生きて行けます。

さらにお金があったら、自分も、周りの人たちも、幸せに過ごすことができるかもしれません。一概には言えませんが。

 

お金がある人は、たくさんお金を使います。

賢く使えば使うほど、使った分よりも、多くお金が返ってきます。

お金がある人にとって、『投資』というのはとても身近な存在であり、親や親せき達が当然のように行ってきた行為であり、自らもまた、自然に投資を行うことができます。

 

彼らの周りには、親身になって、投資の始め方、やり方、勝ち方、上手な負け方、メンタルの保ち方・・・沢山のことを教えてくれる人がいます。

かつて、お金が無い人にとって『投資』というものは身近な存在ではありませんでした。

どういう種類があるのかすらわからない。

始め方がわからない。

お金が増えたり減ったりする仕組みが理解できない。

働かずして、お金が増える、ということが想像すらできない。

 

わからないもは怖い。投資を恐れ、自らの時間と労働力を売って、賃金を得る、という方法を選択するしかありませんでした。

誰も、彼らに投資を教えてくれなかったし、始める術すら与えられなかったのです。

インターネットが普及するまでは。

インターネットの発達・普及により、『情報革命』が起きました。

今まで、権力者しか情報の発信ができなかったのに対し、簡単に情報を他者に向けて発信できるようになりました。

情報を受け取ることができなかった者たちが、情報を受け取り、さらに発信できるようになりました。

 

さらに、インターネットは、国と国を繋ぎ、世界を繋ぎました。

このインターネットがもたらした情報革命により、かつてお金のある者しか入れることが許されなかった『投資』の世界に、お金の無い者達も入ることができるようになりました。

投資会社は、彼らの参入に合わせ、参入しやすいルールを整備しました。

あるいは、それは、お金の無い彼らから、さらにお金を搾取するためだったかもしれません。

 

しかし、お金が無かった者が、「投資」で成功し、財を成したという実例はいくらでもあります。
お金を持っていた者が、お金を失った例も、やはり同じくらいあります。

まず、我々は、この開かれた投資の世界と、インターネットがもたらしてくれた情報革命に感謝すると共に、誰もが行使可能な投資に参入する権利を行使すべきでしょう。

 

 

ノーリスクで投資が試せる

「possible」と書かれた紙を持っている男性

 

全く、ひと昔前に比べたら、いい時代になったものです。

身分制度があった時代からしたら考えられません。

『可能性がある状態だということ』がとても重要です。

 

少しでも興味があるのなら(つまるところ、お金に興味がある者ならばみな)投資をやってみるべきだと思っています。

適正を感じなかったり、深みやおもしろみを感じなかったり、やはり、労働の方が楽しいな、と感じたり、(本当に感性は人それぞれです。一切否定するつもりはありません。)した場合は、投資は止め、もっと興味のあること、おもしろいと感じるものをやれば良いと思います。

あなたの人生です。

ご自身が納得できる生き方が何より良いに決まっています。

この場合でも、一度やってみて『投資は合わないな。自分にはつまらないものだったな』と実感し、今後の人生から『投資』という一つの選択肢を一つ消すことができたのは有益なことです。

 

ですが、「投資」をやらずに、あなたが持つ可能性を試すことすらせずに、あなたの人生が終わってしまうのは、あまりにも勿体ないことです。

嘆かわしさすら感じます。

投資』の世界の持つ可能性、あなたの持つ可能性、是非、試してみて欲しいです。

筆者などは『投資』の世界を知り、正に世界が一変しました。

もっと若くして、この世界を知りたかった、という想いが強いです。

海外FXは初期投資額「0円」で試すことが可能です。

ボーナスキャンペーンで始めれば、金銭的には【ノーリスク】で試せます。

だからこそ、筆者は、熱量を持って、勧めることができています。

もしかしたら、先天的な才があって、すぐに稼げるようになるかもしれません。

可能性は0じゃありません。

 

すぐに結果は出なくても(大抵はすぐには勝てません)、1年後、2年後、『今』投資を始めたことによって、今よりも幸せな生活、楽しい人生が開けているかもしれません。

目の前のテーブルに『可能性』が載っているのならば、まず、掴み、試すべきです。

試して、上手く行けば、最良のケースです。

上手く行かなくても、『可能性を1つ消せた』というのは大きいです。

今後の人生が、1つスッキリして過ごすことができます。

 

投資の中でも、FXの世界はかつていないほど開かれています。

テーブルの上には『可能性』が載っています。

あなたが気付かなかっただけで、実は随分前から載せられていたのです。

その【可能性】試してみませんか?

 

 

関連記事