iFOREX【評判/口コミ/特徴まとめ】強み弱みからアイフォレックスの利用価値を評価する

iFOREX(アイフォレックス)の評判と特徴を徹底解説

iFOREX公式サイトトップページ


『iFOREX』という海外FX業者の存在を知ったばかりの方、
『iFOREX』で口座開設を迷っているという方に向けて、

 

Left Caption
トレーダー
・どんな特徴があるの?
・出金トラブルや、禁止事項はある?
・ぶっちゃけ利用価値ある?

 

Right Caption
サイト管理人
このような疑問を解消する為に本記事を綴りました。

1996年から運営を開始し、現在に至るまで、実に20年以上も運営が成されている『老舗』と言って良いほどの運営歴を誇る【iFOREX】という海外FX業者の特徴をまとめました。

この記事は、下記のような構成になっています。

記事の構成
①iFOREXの取引環境/口座スペックの詳細内容

②iFOREXの会社情報

③iFOREXの強みと弱み

④口コミ情報/実際の評判


⑤まとめ/総評
 
 

この記事を読んでいただければ、iFOREX という業者の取引環境・ボーナス内容などの詳細を網羅的に把握し、会社としての実績、評判の最新情報を得られます。

iFOREX という海外FX業者が【あなたにとって利用価値があるのか/ないのか】の判断材料にお役立てください。

 
 

iforex会社ロゴ

 

 
 

 

※当サイト内のリンクは全て別ウィンドウで開くようになっています。
本記事と公式サイトの情報を併せて参照いただくと、より正確な情報が把握できます。

 

iFOREXの特徴/サービス内容

黒板に白い「Quality」の文字

 
はじめに「利用するか否か」の判断に必須の事前知識をお伝えしていきます。

主に言葉の説明を【黄色の枠内】に記載しています。

不必要な方は、黄色の枠内は読み飛ばしてください。
 

最大レバレッジ

海外FXの魅力のひとつは、レバレッジの高さです。

iFOREX の最大レバレッジは400倍です。

このレバレッジの高さにより、少額からの投資が可能になります。


国内FXと海外FXのレバレッジの違い
国内FX業者の最大レバレッジは25倍です。
ドル円で1万通貨のポジションを持つのに、証拠金が約4万5千円必要となります。

iFOREX のレバレッジは400倍です。
ドル円で1万通貨のポジションを持つのに、証拠金が約2,800円で可能となります。
1ドル=110円で算出)

準備資金が少額でも投資を始められるのが、海外FXの大きな強みです。

 

国内FX業者のレバレッジは最大25倍ですが、iFOREX のレバレッジは400倍に設定されています。

レバレッジに関しては『大は小を兼ねる』為、最大レバレッジは高く設定されている方が、戦略が広がります。


国内FXでは、少なくとも数十万円の準備資金がないと、スタートラインに立つことさえできません。

しかし、海外FXを利用すれば数万円の準備資金でもFXができます。


この敷居の低さも、海外FXの持つ強みです。

 

ロスカット水準とゼロカットシステム

iFOREX の自動ロスカット水準は証拠金維持率0%に設定されています。


ロスカット時の維持率の設定値は各社で異なります。


維持率は低く設定されている方がトレーダーにとっては有利に働きます。

100%や50%に設定している海外FX業者もありますが、iFOREX は0%に設定されており、最も低い水準に設定されています。

『ロスカット水準0%』というのは iFOREX と Exness の2社のみが設定している水準であり、特徴と言えます。

また、iFOREX はゼロカットシステムを採用しています。

 

ゼロカットシステムとは?

証拠金維持率が設定値を下回ると、「自動ロスカット」されるのは国内FX業者でも同じです。

ですが、この「自動ロスカット」は値動きが激しい場合、価格が滑ることがあります。
※スイスフランショックや、2019年1/3のフラッシュクラッシュの時など

国内FX業者では、このようなケースに見舞われるとロスカットが間に合わず、口座の残高がマイナスになり、マイナスを解消させる為の追加証拠金が必要となります。(いわゆる借金状態になる)

しかし、海外FX業者の多くは『ゼロカットシステム』というシステムを採用しており、口座の残高がマイナスになった場合、FX業者がマイナス分を補填してくれます。

このシステムにより入金額以上のマイナスが発生することがあり得ません。

言い換えると最悪のケースが起きても、口座の残高が0になるだけで済みます。



この絶対に借金にならない【ゼロカットシステム】も海外FXの持つ大きな強みです。

iforex追加証拠金なし

↑のように、iFOREX公式サイトでも明記されています。

 

持ち越しも借金リスクなし

国内FXのみを経験されている方で、大きなポジションを保有したまま土日をまたいで持ち越し、ハラハラした経験をお持ちの方は居ませんか?

月曜日の開場で、大きな窓が開いた場合、国内FXでは窓開けの価格で約定します。

損切注文の発注価格などは参照されません。


相場の急変動でロスカット注文が間に合わない場合もありますが、「窓開け」によって追加証拠金が発生することも国内FXではあり得ます。


ゼロカットシステムを採用している海外FX業者であれば、どんなに大きな窓が開いてもアカウント内残高が0になるだけです。

週末持ち越しでも借金リスクなし

 

どんなに急激な値動きがあっても、どんなに大きな窓が開いても【絶対に借金にならない】というゼロカットシステムは、FXをする上で大きな安心感に繋がります。

 

初回入金ボーナス

 

ドル袋

 

iFOREX は初回入金に対して【入金ボーナス】を付与しています。

1,000ドルまでの入金に対しては「入金100%ボーナス」が付与され、
1,000ドル超過分に対しては「入金40%ボーナス」(iFOREX では『トレーディングチケット』という名称で呼ばれる)が付与されます。

ボーナス付与額の上限は20,000ドルです。

▼入金額とボーナス付与額

入金額 ボーナス付与額 証拠金合計
$500 $500 $1000
$1000 $1000 $2000
$2000 $1400 $3400
$3000 $1800 $4800
$5000 $2600 $7600

 

 

入金ボーナスとは
入金額に応じて、証拠金として使える【ボーナス】が付与されます。

付与率(パーセンテージ)は業者やキャンペーン内容によって異なります。

『入金100%ボーナス』で1万円入金した場合、入金額の1万円に対して100%分(入金額と同額)の1万円分のボーナスが付与され、合計2万円分の証拠金を元にトレードを行うことができます。
 
 

なお、1,000ドルを超える入金をする場合は、入金後にカスタマーサポートに連絡(メールでOK)する必要があります。

 
 

取引毎にキャッシュバックが発生

iFOREX公式サイトのキャッシュバック画像


2回目以降の入金後は、最大で『入金額の100%』まで取引ロット数に応じてキャッシュバックが受け取れます。


ログイン後の『口座詳細』画面で「最高いくらのキャッシュバックがもらえるか」「キャッシュバック全額を受け取るために必要な取引量がいくらか」が確認できます。


しかも、このキャッシュバックは出金も可能です。

もちろん、証拠金としてトレードに使用するのも可能です。


90日を超えると、該当の入金に対してはキャッシュバックが発生しなくなります。

 

iFOREXのキャッシュバックまとめ
  • 2回目以降の入金額に対して最大100%分まで貰える
  • 取引銘柄によって、キャッシュバック率が異なる⇒『口座詳細』で確認
  • 入金日から90日以内まで有効
  • 受け取ったキャッシュバックは出金もできる
  • 純粋な取引量(利益になった取引・損失になった取引両方)に対してキャッシュバックが発生

 

このキャッシュバックにより、実質スプレッドを狭めることができます。

 

有効保有額に3%の利息

iFOREXの利息3%サービス

 

iFOREX は初回入金後の口座の有効保有額が【1,000ドル以上】であれば【有効保有額に対して3%固定利息を受け取れる】という非常に珍しいサービスを展開しています。


日本の『ゆうちょ銀行』に預金した場合の利息は『通常貯金で0.001%』『定期貯金で0.010%』です。

単純に保有している資金を貯金するより、iFOREXのアカウントに預けていた方が3,000倍得です。(定期貯金と比較した場合でも300倍得)


条件は【初回入金時に1,000ドル以上入金する】ことです。


最大で1,500万円の入金額に対して利息が発生します。

併せて、口座残高を1,000ドル以上に保つ必要があります。


また、30日間取引が無いと、利息の受け取りが停止します。

『未決済ポジションを保有し続ける』ことは、『取引がない』とはみなされません。


ポジションを保有し続けてもOKです。

 

利息を受け取る為の条件まとめ
  • 新規アカウント開設者が対象
  • 初回入金1000ドル以上
  • 口座残高が【1,000ドル以上150,000ドル以下】の額に対して毎日残高の3%の利息が発生
  • 残高が150,000ドル以上の場合は、『150,000ドル』分にのみ3%の利息が発生
  • 『入金、取引の注文/決済、未決済取引』の維持が必要。30日間取引が無いと利息は停止
  • 毎月5日に前月分の利息が入金される

 

このサービスは、やや縛りが多いのがネックではありますが、1,500万円の資金を iFOREX に入れておき、条件をクリアし続ければ【毎月45万円】の利息が得られます。

 

iFOREX公式サイトでボーナス詳細を確認する


※「ボーナス/利息に関する詳細」は、
公式サイトトップページ⇒プロモーション

から確認できます。

 

入金方法と出金方法

▼入金方法は3種類

  • クレジットカード入金
  • bitwallet入金
  • 国際電信送金

入金手数料は全て無料です。

ただし、国際電信送金の場合は、銀行に支払う手数料が発生します。

また、国際電信送金の場合は、「電信送金入金指示書」と銀行で渡される「銀行振り込みのお客様控えのコピー」を iFOREX までFAXかメールで送信する必要があります。

 

bitwalletって何?という方はここをクリックorタップ

一言でいうと、【セキュリティの非常に強いオンラインウォレット】です。

5種類のクレジット/デビットカードを利用した入金、銀行からの送金(日本、その他海外)、各種オンラインウォレットによる入金に対応しており、日本円、米ドル、ユーロと、いずれの通貨でも引き出しが可能です。

現実的なところで言うと、bitwalletを持っておくと

  • 入出金の反映が速い
  • なにより手数料が安い(bitwallet⇒国内銀行は一律824円)
  • 入出金の手間がかからない

のが大きなメリットです。

海外FX業者で対応しているところも多いので、長い目でみると、もっておくととても便利です。

・登録費用、月額ともに0円
・必要書類:身分証明書/住所証明書/セルフィー

となっており、『海外FX口座』の開設に近しい感じでウォレットが開設できます。

セルフィーの基準が厳しく、筆者は3回ほど写真を送り直した苦い過去があります。
サポートの方の対応が迅速で助かりました。

・海外FXの出金手数料を安くしたい
・海外FXでの入出金頻度が高い

という方には、利用価値の高いサービスです。

bitwallet公式サイト

 

▼出金方法は3種類

  • 銀行送金
  • bitwallet出金
  • クレジットカード出金
 

 

手数料/最低入金額
入金手数料は無料
最低入金額は1万円
出金手数料はクレジットカード出金の場合は無料
銀行送金の場合は手数料「2,000円」
ただし、10万円または1000ドル以上の出金については毎月3回まで手数料無料。受け取り銀行側でのリフティングチャージは別途発生(最低2,500円)

 

 

取り扱い通貨ペア/取り扱い商品

ドルや円のマークと原油トウモロコシのイラスト

 ▼iFOREX で取引可能な商品
  • 通貨ペア82種類
  • 商品20種類
  • 指数33種類
  • 株式644種類
  • ETF53種類
  • 仮想通貨18種類

非常に取引可能な商品数が豊富です。

 

Right Caption
サイト管理人
この取り扱い商品の多様さは、現状の海外FX業者でNo1です。

為替に至っては、主要通貨ペアは完全に網羅しており、『デンマーククローネ』『Hフォリント』といった馴染みの無い通貨や『インドルピー』『ロシアルーブル』『人民元』などもフォローしています。


また、『トルコリラ』『南アフリカランド』『メキシコペソ』などの【高金利通貨】も取り扱っています。


株式・ETFに関しても圧巻の豊富さです。

ゴールド、原油などももちろん取引可能です。

「VIX指数」の取引もできます。

 

なお、最大レバレッジは商品種類によって異なります。

公式サイト上で取り扱い商品は確認可能です。

iFOREX公式サイトで取引条件を確認する

※公式サイトトップページ⇒画面を下に遷移し『取引条件』のリンクをクリック
から確認できます。

 

スプレッド

iFOREXの口座は1種類のみ

 

iFOREX の口座タイプは1種類しかありません。


FX業者によっては複数種類の口座が選択可能であったりしますが、iFOREX はシンプルです。

 

iFOREX の主要通貨ペアのスプレッドは下記のようになっています。


▼主要通貨ペアのスプレッド一覧

USD/JPY 0.9pips
EUR/USD 0.9pips
GBP/USD 1.5pips
AUD/USD 1.0pips
NZD/USD 2.2pips
GBP/JPY 2.5pips
AUD/JPY 3.0pips
EUR/JPY 1.2pips
UDC/CAD 2.0pips
EUR/GBP 2.0pips


国内業者と比較すると広めに設定されていますが、海外FX業者としては狭めであり、非常に優秀な数値です。


特に、世界での取引量No1,No2の『ユーロドル』『ドル円』の『0.9pips』は超優良設定です。
※海外FX業者最大手のXMTradingのドル円のスプレッドは1.8pips


スプレッドとは
『買い』の価格と『売り』の価格の差
FX業者に支払う売買手数料のようなもの。

 

取り扱い通貨全てのスプレッドが iFOREX 公式サイト上で開示されています。

iFOREX公式サイトでスプレッドを確認する

※公式サイトトップページ⇒画面を下に遷移し『取引条件』⇒「取引条件一般」内の『通貨』
から確認できます。

 

スワップポイント

iFOREX のスワップポイントは他社と比較して、非常に大きく設定されています。


高金利通貨を買いポジションで保有する場合、強力なメリットになります。


当サイトでは、いわゆる【スワップ狙い】のトレードは推奨していませんが、こと iFOREX に関してはスワップ狙いのトレードもありです。

というか、プラススワップポイント狙いのトレードをするのならば iFOREX 一択です


もちろん、『適切なロット数』と『エントリーするタイミング』は厳選する必要がありますが。

(例)1万通貨持ち越した場合のスワップ金利
EUR/TRY⇒287円
CHF/TRY⇒242円
TRY/JPY⇒101円
ZAT/JPY⇒167円
※2020年1月時点

スワップとは
2通貨の金利差をスワップと言います。

高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で金利を受け取り、逆の場合は支払うことになります。

スワップポイントとは、その受け取り金利と支払い金利差を指します。
ポジションを一日持ち越す毎に発生します。

 

 

独自の取引プラットフォーム

iFOREX には『独自のプラットフォームを保有している』という大きな特徴があります。

国内FX業者と同様に、オリジナルの取引システム(FX net Viewer)を持っており、このプラットフォーム上で注文の発注や決済を行います。

その為、MT4 は使用できません。

 

iFOREXの独自プラットフォームがパソコンとスマホで表示されている


使い方の説明が必要ないぐらい直感的に使用できる、わかりやすいプラットフォームです。


また、iFOREX はプラットフォームの【アプリ版】もリリースしています。

スマートフォンから発注する場合は、このアプリから行いましょう。

 

FX net Viewerの特徴
13種類の時間足が表示可能
48種類のインジケーターが表示可能
(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など、代表的なものは網羅されています)
水平線/トレンドラインなどチャート上に11種類の描画が可能
4分割表示可能

 

「どうしても MT4 を使いたい」という方は、『チャート閲覧用に MT4 を立ち上げておき、発注のみアプリから行う』または、『事前に指値注文などで発注しておく』などで対応すると良いでしょう。

 

スキャルピング可否

iFOREX では、スキャルピングは禁止されています。

 

スキャルピング禁止

 

上記のように公式サイトで明言されています。

 

Right Caption
サイト管理人
ここまで明確にスキャルピングが禁止されている海外FX業者は珍しいです。

 

『1日に10から数百』という文言があるので、素直に1日あたり9回以下の取引をした方が無難です。

ただし、同一口座内の【両建て】については認められています。


iFOREX公式サイトで禁止事項を確認する

※トップページ⇒画面下部の「取引条件」⇒追加取引規則
から確認できます。

 

iFOREXの特徴/会社情報

サービス内容、取引環境についての事実の項は終わりです。

本項では、iFOREX の会社情報、ライセンス情報、信頼性についてお伝えします。

 

会社スペック/運営歴

iFOREX公式サイトの地球儀の画像

 

社名:Formula Investment House Ltd.
資本金:14,922,898ドル(約16億円)
従業員数:330名 2012年末日時点
設立:1996年

iFOREX というブローカーの最大の特徴は【その運営歴の長さ】です。


運営開始から、既に24年目に入っています。

移り変わりの激しい海外FX業界の中で、安定してこれだけの年月を運営してこれた【歴史】は、他社を寄せ付けません。


『信頼性が高い』と言われている、XMTrading でさえ2009年、HotForex でも2010年からの運営開始であり、iFOREX とは10年以上の歴史の差があります。


筆者としては、『ライセンスの強さ』よりも、こうした『事実』の方が大事だと考えています。


120カ国以上の国でサービスを展開しており、サポート言語も20カ国語以上をカバーしています。

 

ライセンスあり

iFOREX は複数のライセンスを保有した上で運営を行っています。

iforexライセンス証明


公式サイトで、『イギリス領のバージン諸島金融ライセンス』『ハンガリー国立銀行ライセンス』を所持している旨の記載があります。

バージン諸島ライセンス証明書

↑は『イギリス領のバージン諸島金融ライセンス』の証明書。

 

資金は分別管理

iFOREXの利用規約内『分別管理』の文言

↑iFOREX利用規約/9条

『利用規約』内に、顧客資金は会社の資金とは分けて管理(分別管理)している旨の記載はあります。

しかし、預け入れ先の銀行名の開示はありません。

 

資金の分別管理
ライセンスの有無による最大の違いは、倒産時に資金が戻ってくるか否か、です。

ライセンス保有会社は、顧客の資金を『分別管理』することで、この点を担保しています。
 
 

iFOREX は【ライセンスあり】【分別管理】という点で、客観的事実として最低限のラインはクリアしています。

しかし、【高信頼性ライセンスあり】【信託保全】を有している業者と比較すると、信頼性が劣るのは事実です。

それを補うのが、iFOREX の断トツの運営歴です。


筆者個人は、開示されている情報や肩書きよりも、年月経ている事実をより優先して信頼性の基準としています。

取得ライセンス自体は信頼性が高いものではありませんが、信頼性は問題なし、と判断しています。

 

高額出金にも対応

iFOREX は運営歴に加え、数多くの【億トレーダー】を輩出してきた、という歴史もあります。

数千万~億単位の出金にも問題なく対応してきた実績があります。

出金トラブルの話も耳にしません。

 

日本語対応は完璧

iFOREXのサポート体制


公式サイトの日本語対応、サポートの日本語対応、共に完璧です。

常駐しているスタッフの中に日本人の方もいらっしゃいます。


上記の電話サポートの「月ー金 GMT04:00~12:00」というのは日本時間だと、「月ー金13:00~21:00」になります。


疑問点や不安な点はサポートに問い合わせてみましょう。

完璧な日本語で丁寧に答えてくれます。

 

 

iFOREXの良い評判/強み

プラスのマークと上向きの矢印

 

iFOREX のサービス内容、口座スペック、会社情報を踏まえた上で、他社と横の比較をし iFOREX の強みをまとめます。

 

①ロスカット水準0%/狭いスプレッド

最大レバレッジは400倍に抑えられていますが、ロスカット水準0%という設定値は他社には無い特徴です。

ロスカット水準0%によるメリットは、許容損失が増えることです。

海外FX業者の多くはロスカット水準を「20~50%」に設定していますが、iFOREX は『ロスカット=ゼロカット』という潔い設定値になっており、最もトレーダー優位な値です。

また、総じてスプレッドが狭いのも良い点です。

USD/JPY⇒0.9pips
EUR/USD⇒0.9pips
GBP/USD⇒1.5pips
AUD/USD⇒1.0pips

と、優秀な設定値である通貨ペアが多く、狭いスプレッドはどんなトレーダーであってもメリットです。

この口座スペックは iFOREX の特徴であり、強みです。

 

②入金ボーナス&キャッシュバック&残高利息3%

iFOREX は3種類のボーナスを提供しており、それぞれ魅力的です。

入金ボーナス、キャッシュバック、アカウント内残高の利息、と全て直接的、金銭的にトレードする際の助けとなってくれます。

 

入金100%ボーナスの上限値が10万円に設定されており、超過分に対して40%のボーナスが付きます。

入金ボーナスが一切ない業者も多数存在する中で、入金100%ボーナスが利用できる点は強みです。

ただし【初回限定】という縛りがあるので、この点は加味する必要があります。

 

③商品数が豊富でプラススワップがデカい

海外FX業者の中でも一番の商品数を誇ります。

通貨ペア82種類、商品20種類、指数33種類、株式644種類、ETF53種類、仮想通貨18種類と、取引可能商品数は850種類にもなります。

また、ゴールド、原油などの為替以外の人気投資商品の取引環境も良好です。

 

iFOREX でのみ取引可能な商品も少なくありません。

数少ない『VIX指数』が取引可能なFX業者でもあります。

 

また、プラススワップが非常に大きく設定されています。

この点はスイングトレーダーには非常に大きな魅力です。

プラススワップの商品をスイングでトレードする場合は、iFOREX 以外に選択肢はありません。

 

④長い運営歴

日本語対応している海外FX業者の中で20年以上もの運営歴を誇るのは iFOREX のみです。

【長い運営歴】という揺るぎない事実は、なにより信頼できる根拠です。


また、この長い運営歴の中で、高額出金に対応してきた実績も『信頼性あり』とみなす根拠になります。

 

 

iFOREXの悪い評判/弱み

マイナスのマークと下向きの矢印

 

続いて、iFOREX の弱みをまとめます。

 

①スキャルピング不可

事実の項でも述べた通り、明確にスキャルピングは禁止されています。

iFOREX のスプレッドは狭いのですが、この縛りより、スキャルピングで活かすことはできません。

 

また、スキャルピングが禁止されているので、約定方式はDD方式を採用していると思われます。


公式サイト上で、「NDD方式を一切謳っていない」のは、ある意味誠実と言えるかもしれません。

DD方式、NDD方式って何?という方はこちらの記事をご一読ください。

参考記事【FXの約定方式】DD方式とNDD方式ってなに?【最低限これだけ抑えればOK】



「DD方式は悪だ」という意見をたまに耳にしますが、約定方式自体に善悪はありません。

DD方式、NDD方式、のどちらの約定方式を選択するかは、各社の裁量に委ねられています。

どちらの約定方式も合法です。

 

会社は、より安定的に、継続的に、運営されてくれれば良いですし、
トレーダーに良い取引環境を提供してくれれば、それで良いです。

DD方式を採用していて、トレーダーに不利益な値動きや不利なスプレッドの提示を行う業者は悪ですし、NDD方式を採用していても、高い手数料を徴求したり、サーバーが安定しない業者は悪と言えます。

しかしながら、そういった業者は既にほとんど淘汰された印象があります。

また、実際のFX業者の約定方式はブラックボックスであり、内部の人間にしか真実はわかりません。


iFOREX に関しては、恐らくDD方式を採用していると思われますが、トレーダーに不利益な値動きや約定は見受けられません。

筆者個人としては、NDD方式の方が好みではありますが、DD方式を採用していても、iFOREX の取引商品数、狭いスプレッドは利用価値アリ、と判断しています。


ただし、スキャルピングが明確に禁止されていることは、取引回数に気をつかう格好になり、iFOREX の弱みの一つです。

 

②MT4/MT5使用不可

MetaTrader が使用できないことは弱みの一つです。


独自プラットフォームの利用が簡単、かつ使い安い点は救いではありますが、一般的に利用可能なプラットフォームが使用できない点は iFOREXのもつ弱みです。

 

 

iFOREXの口コミ/実際の評判/生の声

白いタイルに『TWITTER』の文字

 

実際に、iFOREX を使用されているトレーダー達のTwitter上でのつぶやきを集めてみました。

 

「気になる」という方はここをクリックorタップ

 

 

ボラの大きい相場では、【ゼロカット】のある海外FXの方が安心感はありますね。
これはiFOREXに限った話ではありませんが。

 

 

数千万~億単位まで大丈夫です。

億勝てるのならば、税金面から国内FXの方が優位性は高いですが。

高額出金の心配の無さ、出金面での安心感は老舗たるiFOREXの良さです。

 

 

 

筆者も『XMTrading』と『iFOREX』は【海外FXトレーダー必携の口座】だと思っています。

メインとサブで使い分けても良いですし。

両社ともに、【信頼性】において、海外FX業者としては最高峰の存在です。

 

 

一定の取引需要がある【VIX指数】の取引が可能な点はiFOREXの強みの内の一つです。

iFOREX以外だと、HotForexだけなので、VIX指数が取引可能なのは現状この2社のみです。

 

 

 

iFOREXの弱みの一つにMT4が使えない、というのがあります。

しかし、救いは、独自プラットの『FX net Viewer』の利便性が悪くない、点ですね。

数分間、実査に触ってみれば、使い方は大体分かると思います。

 

 

スキャルピングが明確に禁止されている数少ないブローカーですからね。

ドル円のスプレッドの狭さなどは、スキャルピングにも耐えうる水準なので、ルールを知らないとスキャルピングをしてしまうトレーダーの方も多そうです。

iFOREXでは、デイ~スイングトレードにしましょう。

 

 


この項目は随時、追加更新していきます。

 

 

付録・他社比較でみるiFOREXの強み

海外FX業者No1の XMTrading とサービス内容を比較してみました。

Googleの検索回数では、XM(XMTrading)は1ヵ月で「60,500」回、iFOREX は「6,600」回です。

XM の10分の1ほどの検索回数ですが、海外FX業者としては、GemForex に次ぐ3位です。

XMTrading は長い期間ずーっとNo1の地位を守り続けています。

現状3位の人気業者である iFOREX ですが、検索回数の結果ほど、サービス内容に開きがあるでしょうか?

一覧できる表にまとめました。

 

項目 iFOREX XMTrading
レバレッジ 400倍 888倍
ロスカット水準 0% 20%
スプレッド ドル円0.9pips ドル円1.8pips
通貨ペア 87通貨
商品20種類
指数33種類
株式644種類
ETF53種類
仮想通貨18種類
57種類、貴金属4種類、CFD42種類
入金方法 クレジットカード,bitwallet,国際電信送金 銀行振り込み・クレジットカード・デビットカード
bitwallet・ビットコイン・SticPay
出金方法 銀行送金,bitwallet 銀行送金・クレジットカード・デビットカード
bitwallet・i-Account(海外のインターネットバンキング)
最低入金額 1万円 500円
スキャルピング可否 不可
口座の種類 1種類 3種類
※ボーナスが利用できるのは【スタンダード口座】と【マイクロ口座】
ライセンス イギリス領のバージン諸島金融ライセンス
ハンガリー国立銀行ライセンス
FCAライセンス:イギリス
CySECライセンス:キプロス
ASICライセンス:オーストラリア
IFSCライセンス:ベリーズ
FSAライセンス:セーシェル
運営開始 1996年 2009年
プラットフォーム FX net Viewer(MT4使用不可) MT4・MT5
入金100%ボーナス上限 10万円 5万円
口座開設ボーナス なし 3,000円

 

最大レバレッジ、ライセンスによる信頼性は XM の勝ちです。

最低入金金額、入出金手段の豊富さも XM に軍配が上がります。

しかし、ロスカット水準とスプレッドでは iFOREX の勝ち。

そして、取引可能商品数と入金100%ボーナスの上限額は iFOREX の勝ちです。

利息3%のサービスも XM には無いサービスです。

 

XM と比較しても際立つ iFOREX の強みはスプレッドの狭さと商品数の豊富さです。

ドル円のスプレッドが XM の 1.8pips に対して iFOREX は 0.9pips と『0.9pipsの差』がある点は大きな違いです。

商品数に関しても、XM の商品数は決して少ない方ではありませんが、XM の103種類に対して、iFOREX の855種類という商品数は大きな強みです。

人気の高いゴールド、原油などの取引条件が良好なのも良い点です。

 

XM と比較した場合、最大レバレッジ、ライセンスによる信頼性、入出金手段で XM が勝り、

ロスカット水準
スプレッドの狭さ
入金100%ボーナス
商品数
運営歴

の5点は iFOREX が勝ります。

 

人気投資商品の取引条件で比較

ゴールド、原油、日経225の3つの人気投資商品について、iFOREX と他社の取引条件を比較しました。

 

▼ゴールド取引時のレバレッジとスプレッド

 
業者名 レバレッジ スプレッド
XMTrading 888倍 3pips
LANDFX 200倍 2~3.5pips
GemForex 1000倍 3pips
TitanFX 500倍 2pips
HotForex 200倍 1.9pips
iFOREX 400倍 3pips
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
100倍 8.6pips
Exness
(スタンダード口座)
2000倍 5.04pips

▼原油取引時のレバレッジとスプレッド

業者名 レバレッジ スプレッド
XMTrading 66.6倍 5pips
LANDFX 100倍 5pips
GemForex 66.6倍 5pips
TitanFX 500倍 6.9pips
HotForex 66倍 5pips
iFOREX 200倍 5pips
AXIORY 20倍 6pips
Exness 50倍 8.6pips

 

▼日経225取引時のレバレッジとスプレッド

業者名 レバレッジ スプレッド
XMTrading 200倍 12円
LANDFX 500倍 25円
GemForex 200倍 7円
TitanFX 500倍 8円
HotForex 50倍 10円
iFOREX 200倍 16円
AXIORY 100倍 15円
Exness 100倍 12.2円

 

共通の傾向として、最大レバレッジはやや抑えられているものの、スプレッドは狭い傾向にあります。

スワップポイントを加味しても、取引条件は良好です。

特に、原油の取引条件は優良です。

 

為替以外の多くの投資商品を、良好な取引条件でトレードできる点も iFOREX の持つ強みです。

 

 

まとめ/総評・iFOREXの利用価値と評価

iFOREX というブローカーの長所と短所をまとめます。

 長所まとめ

  • レバレッジ400倍
  • ロスカット水準0%
  • ゼロカットシステムあり
  • 初回入金100%ボーナス
  • 二回目以降の入金後はキャッシュバックあり
  • 口座残高に利息3%が発生
  • 高金利通貨のスワップが大きい
  • 完璧な日本語対応
  • 複数ライセンスを所持
  • 業界No1の運営歴

 短所まとめ

  • スキャルピング禁止
  • MT4が使えない

 

Right Caption
サイト管理人
上記を踏まえて、筆者の主観も交えてまとめます。

1996年から続く運営歴が iFOREX の持つ最大の強みです。

この『事実』はなにより信頼できます。

 

【口座残高に対しての利息3%】も、良サービスです。

①『ロスカット水準0%』『狭いスプレッド』を活かし、デイトレード
②『優良スワップポイント設定』を活かし、スイングトレード
③『運営歴の長さ』を信用し、大きめの資金を預け入れ『利息3%』を貰いつつ、トレードする

少なくとも、iFOREX では上記3つの戦略がとれます。

 

iFOREX というブローカーは、強みと弱みが明確に存在する業者です。

強みを改めてまとめると『優秀な口座スペック/ボーナス/商品数/長い運営歴』です。

弱みは『スキャルピング禁止/MT4使用不可』です。

 

弱みを許容できるトレーダーにとって、iFOREX というブローカーの口座は本当に【持っておいて損はない口座】です。

海外FXに真剣に取り組む上で『口座の複数所持』にデメリットはありません。

筆者個人としては、取引可能な商品の豊富さにより、あらゆる投資商品に対して、iFOREX の口座を持っておけば、機会損失が防げる点とトレードの引き出しを増やせる点は大きいと思います。

現行の海外FX業者で一番の取り扱い商品数を誇り、尚且つ、付録に記載した通り、ゴールド、原油、日経225など、為替以外の投資商品の取引条件が優良である点が iFOREX の利用価値を高めています。

 

メイン口座として使うに足る口座スペック、信頼性もあります。

プラススワップの高金利通貨をスイングトレードする時のみ使う、個別株のトレード時のみ使う、VIX指数のトレードにのみ使う、など、ピンポイントでトレードする用のサブ口座としても活かせます。

 

年単位で海外FXで取引しているトレーダーの方は、iFOREX の口座を持っている方が非常に多いです。

現在は、海外FX業者全体で3位の人気を獲得しています。

iFOREX の口座を持っておけば、確実にあなたのトレードの引き出しが増やせます。


スキャルピングトレーダー以外の海外FXトレーダーであれば、「入金100%ボーナス」も使える iFOREX という業者は、利用価値アリ、というのが当サイトの結論です。

スイングトレーダーにとっては必携の口座です。

あなたにとってはいかがでしょうか?

是非、あなた自身の目で公式サイトを最終確認し、iFOREX の利用価値を判断をしてみてください。

サイトとしては古臭さを感じますし、iFOREX の公式キャラクターは若干気持ち悪いのですが、必要な情報は全て開示されており、長年に渡り、真っ当に運営されてきた歴史を感じます。

 

 

 

「iFOREX を利用しない」という判断をされた方は、もっとあなたにしっくりくるブローカー、あなたのトレードスタイルにベストマッチする別の業者が必ずあります。

この記事が『あなたにとって iFOREX は利用価値がない』という判断をする為の役に立てたのなら幸いです。

 

 

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きて無駄にしてはいけない。
スティーブ・ジョブズ

金銭は独立の基本なり、これを卑しむべからず
福沢諭吉

私たちは、限りある失望を受け入れなければならない。しかし無限なる希望を失ってはならない。
キング牧師

 

投資の世界でも活かせる偉人の名言です。

 

 

本記事は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

iFOREX公式サイトを見る

 

関連記事