FBS【評判/特徴まとめ】強み弱みからエフビーエスの利用価値を評価する

FBS(エフビーエス)の評判・特徴をお伝え

 
FBSという海外FX業者の存在を知ったばかりの方、
FBSで口座開設を迷っているという方に向けて、

2007年に運営を開始し、世界中のトレーダーに愛用されている『FBS』という海外FX業者の特徴をまとめました。  


この記事は、下記のような構成になっています。

記事の構成
①FBSの取引環境/口座スペックの詳細/事実

②FBSの会社情報

まとめ/総評
 
 
この記事を読んでいただければ、『FBS』という業者の取引環境・会社情報の詳細を把握し、FBSの最新情報を得られます。
 
FBSという海外FX業者が【あなたにとって利用価値があるか?】の判断材料にしてください。

 

   

 



  FBS公式サイトを別ウィンドウで開く



※当サイト内のリンクは全て別ウィンドウで開くようになっています。 本記事と公式サイトの情報を併せて参照いただくと、より正確な情報が把握できます。

 

FBSの特徴/取引環境

FBSがトレーダーに提供している取引環境を、客観的事実としてお伝えします。

黄色の枠内は、主に単語の説明を記載しています。

不必要な方は読み飛ばしてください。  

レバレッジとロスカット水準

   


FBSの最大レバレッジは3000倍です。

口座タイプによって最大レバレッジは異なりますが、「最大レバレッジ3,000倍」の口座を提供しているのはFBSの特徴です。

国内FXと海外FXのレバレッジの違い
国内FX業者のレバレッジは25倍です。
ドル円で1万通貨のポジションを持つのに、証拠金が約4万4千円必要となります。

FBSのFBS最大レバレッジは3000倍です。
ドル円で1万通貨のポジションを持つのが、証拠金約367円で可能です。
※1ドル=110円で算出

準備資金が少額でも投資を始められるのが、海外FXの大きな魅力です。

 


FBSのロスカット水準は証拠金維持率20%に設定されています。


ロスカット時の維持率の設定は、各社で異なります。

維持率が低く設定されている方が、トレーダーにとっては有利に働きます。


100%に設定している海外FX業者もありますが、FBSは『20%』に設定されており、海外FX業者の最大手であるXMTradingというFX業者と同水準です。
 


ゼロカットシステム

FBSはゼロカットシステムを採用しています。  

 

ゼロカットシステムとは?
証拠金維持率が設定値を下回ると、「自動ロスカット」されるのは国内FX業者でも同じです。
ですが、この「自動ロスカット」は値動きが激しい場合、価格が滑ることがあります。
※スイスフランショックや2019年1/3のフラッシュクラッシュの時など

国内FX業者でこのようなケースに見舞われると、ロスカット時の価格が滑り、口座の残高がマイナスになる可能性があります。
マイナス残高が発生した場合はマイナス分を解消する為の追加証拠金が必要となります。

しかし、海外FX業者の多くは『ゼロカットシステム』という制度を採用しており、口座の残高がマイナスになった場合、FX業者がマイナス分を補填してくれます。

FBSもこのシステムを採用しています。 このシステムにより、入金額分以上のマイナスが発生することがあり得ません。

言い換えると、最悪のケースが起きても、口座の残高が0になるだけで済みます。

 

FBS公式サイト上でも、この『ゼロカットシステム』を採用している旨は明言されています。

 

ボーナス

FBSでは3種類のボーナスを提供しています。

 

①TRADE 100 BONUS


このボーナスは、他社の『口座開設ボーナス』『未入金ボーナス』に近しいものではありますが、他社と異なり【出金条件/出金上限】があります。

「デモトレード」の延長のようなものだと捉えた方が良いです。

 

詳細
・ボーナス口座に登録すると証拠金として「100ドル」が付与される
・30日以内に5ロット以上の取引
・発注条件は1つの注文は「0.01ロット縛り」同時発注は5つまで
・100ドル以上の利益を上げると「100ドルのみ」出金可能
・MT5でのみ実践可能

 

 

100%入金ボーナス

 

この『100%入金ボーナス』も他社とは大きくことなる点があります。

口座残高、ボーナスを除いた有効証拠金がボーナス金額の30%以下になると、ボーナスは消滅します。

つまり、このボーナスは【大きなポジションを保有する】時のみ使いどころがある、ポジション保有用のボーナスです。

HotForexのボーナスと似たタイプです。

 

付与されたボーナスは、条件を満たせば出金することもできますが、

米ドル換算の入金額(=ボーナス額) / 3 = 出金の必要取引数(ロット)

のロット数を取引する必要があります。

 

900ドル入金した場合、300ロットの取引をする必要があります。

条件としては、かなり厳しいです。

 

注意点まとめ
・上限額は1万ドル
・レバレッジは500倍に制限
・入金後30日以内にダッシュボードから申請する必要がある
・ENC口座は対象外
・消滅条件あり
・出金も可能だが、達成条件のハードルが高い

 

 

キャッシュバック


シンプルに取引ロット数に応じてキャッシュバックが受け取れます。


1ロットあたり最大15ドルと公式サイトには記載がありますが、「EUR/USD」「JPY/USD」だと1ロットあたり2ドルです。(スタンダード口座)

口座タイプと通貨ペア毎に設定値が異なります。

実質スプレッドを狭めることもできますし、出金も可能なのでこのキャッシュバックサービスは良サービスです。


マイページ内のダッシュボードにて、『キャッシュバック』欄にチェックを入れるだけで有効にできます。

FBS公式サイトでボーナス詳細を確認する

 

過去の単発ボーナスキャンペーン

FBSが『助け合うためのトレード』と題して、期間限定ですが【入金300%ボーナス】キャンペーンを実施しています。


このキャンペーンの趣旨は『「Covid-19」の猛威により、世界各所で外に出られない毎日が続いている。本来は自社利益であるスプレッドを慈善団体に寄付するから、ウチのサービスを使って欲しい』という感じです。


トレードすることで、社会貢献に繋がる、というのは非常に良い試みです。


以下、キャンペーンの詳細情報

▼開催期間

4月14日-5月22日

 

▼参加方法

①FBSアカウントを持っていない方は、アカウントを作成する

②FBSアプリをダウンロードし専用の『助け合う為のトレード口座』を作成する

③100ドル以上入金する

④入金後に『ボーナスを獲得する』をタップすれば300%ボーナスが貰える

上記の流れです。


キャンペーン用の専用口座をFBSアプリで作る必要があります。

 

専用口座の特徴
・レバレッジは200倍
・ドル建て口座
・「1万円」ではなく「100ドル」の入金が必要
・MT4/MT5対応
・ボーナス上限は6000ドル
・数回に分けて入金しても上限額まで300%ボーナスが付与される

 

▼出金条件

このキャンペーンは、利益に加えて付与されたボーナスも出金することが可能です。


出金条件は3点あります。

①『合計ボーナス額÷10以上』の取引実績をこなす
②『合計ボーナス額×1.5以上』の利益を出す
③参加~キャンペーン終了まで毎日取引すること(2日間だけ取引なしでもOK)


ロット数、利益、取引頻度についてそれぞれ条件が設けられています。

 

・全て満たせた場合⇒入金額+利益+ボーナスの出金が可能

・満たせない条件があった場合⇒入金額+(入金額×利益)÷(入金額+ボーナス)

が出金可能となるルールです。

例)
100ドル入金した場合、必要な取引実績は30ロット(300÷10)
必要利益は450ドル(300×1.5)

さらに、取引日数も満たせた場合

100+450+300=850
となり、850ドルが出金可能になります。

3点の内、1点でも満たせなかった場合、
ここでは、例として上記と同じ条件で取引日数が満たせなかった場合は

100+(100×450)÷(100+300)=212.5
となり、212.5ドルが出金可能になります。

 

▼ボーナス消滅条件

FBSの入金100%ボーナスは、含み損でも『ボーナスを除いた有効証拠金がボーナス金額の30%以下になった時点』で消滅します。


このボーナスも同様に消滅条件があるのだと思い、FBS公式サポートに問い合わせをしてみました。


すると「消滅条件はない」とのことです。

【入金額以上の損失が出て、ボーナスのみになった後もトレードをすることが可能】とのことでした。

この点は、FBSの「入金100%ボーナス」と異なります。

もちろん、ボーナス額分の損失が出てしまった場合は無くなりますが。




↓サポートの方からのメール文面


若干日本語が怪しい部分もありますが、『はい、可能です。』とのことです。

筆者はメールで問い合わせをしたのですが、30分ほどで返信をいただけました。

サポート対応の早さはFBSの良い点です。

 

なお、このキャンペーンに参加される方は、公式サイトをご自身の目で確認の上、アプリの参加規約も確認した上でご参加ください。

1カ所でも不明点がある場合は、FBSの公式サポートに問い合わせてからにしましょう。

 

入金方法・出金方法

▼FBSの主な入金方法

 



円建て口座に対応している入金方法は下記の通りです。

bitwallet
クレジットカード入金(JCB)

ドル建て口座であれば
クレジットカード入金(VISA)
SticPay
も使用可能です。
 
入金手数料について
手数料は無料
 
 
bitwalletって何?という方はここをクリックorタップ

一言でいうと、【セキュリティの非常に強いオンラインウォレット】です。

5種類のクレジット/デビットカードを利用した入金、銀行からの送金(日本、その他海外)、各種オンラインウォレットによる入金に対応しており、日本円、米ドル、ユーロと、いずれの通貨でも引き出しが可能です。

現実的なところで言うと、bitwalletを持っておくと
・入出金の反映が速い
・なにより手数料が安い(bitwallet⇒国内銀行は一律824円)
のが大きなメリットです。

海外FX業者で対応しているところも多いので、長い目でみると、もっておくととても便利です。

・登録費用、月額ともに0円
・必要書類:身分証明書/住所証明書/セルフィー

となっており、『海外FX口座』の開設に近しい感じでウォレットが開設できます。

セルフィーの基準が厳しく、筆者は3回ほど写真を送り直した苦い過去があります。
サポートの方の対応が迅速で助かりました。

・海外FXの出金手数料を安くしたい
・海外FXでの入出金頻度が高い

という方には、利用価値の高いサービスです。

bitwallet公式サイト

 

  ▼出金方法



円建て口座に対応しているのは 

クレジットカード出金(JCB)
bitwallet

ドル建て口座であれば
クレジットカード出金(VISA)

SticPay
での出金も可
 
出金手数料について
クレジットカード(JCB)出金の手数料は1EUR
bitwallet出金の手数料は、銀行に引き出す際に824円
 
 
 

5種類の口座

FBSでは5種類の口座タイプがあります。
 
 


FBSという業者がなんとなくとっつきにくい要因の一つに「口座タイプが多すぎる」というのがあります。

全ての口座タイプの約定方式は、透明性の高いNDD方式を採用しています。


【セント口座/マイクロ口座/スタンダード口座】はSTP方式で最低入金額とスプレッドの違いのみ

【ゼロスプレッド口座】はSTP方式でスプレッドは0、取引手数料が往復で最低20ドル/1ロットで発生

【ECN口座】はNDDのECN方式を採用しており、取引手数料が往復6ドル/1ロットで発生


マイクロ口座はスプレッドが広いので、お勧めできません。

同様に、ゼロスプレッド口座は、原則スプレッド0で固定されるのは強みですが、手数料が「20ドル」なのは「EUR/USD」のみです。

「GBP/JPY」では往復手数料が「80ドル」に設定されており、お勧めできません。

 

ENC口座は「USD/JPY」のスプレッドが平均「0.3」で往復手数料約0.6pipsかかりますが、悪くありません。


超少額からトレードしたい、という方はセント口座の利用はありです。

大多数のトレーダーの方は素直に「スタンダード口座」で良いと思います。

 
 

DD方式、NDD方式、STP方式やECN方式について詳しく知りたい方はこちらの記事をご一読下さい。

【FXの約定方式】DD方式とNDD方式ってなに?【最低限これだけ抑えればOK】

 

スプレッド

主要な通貨ペアのスプレッドは以下のようになっています。

通貨ペア スタンダード口座
USD/JPY 2 pips
EUR/USD 1.1 pips
GBP/USD 0.9 pips
AUD/USD 0.8 pips
EUR/JPY 3 pips
EUR/GBP 1.5 pips


クロス円の通貨ペアの設定値はやや広めですが、ドルストレートの通貨ペアの設定値はかなり優秀です。

FBSは公式サイト上で、【全ての口座タイプ/全ての通貨ペアのスプレッド】を開示しています。


FBS公式サイトでスプレッドを確認する

 

スワップポイント

FBSでは、スワップポイントは、スプレッドと併せて公式サイトで全て開示されています。

▼主要通貨ペアのスワップポイント

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ
USD/JPY -1.11 -6.01
EUR/USD -6.69 0.24
GBP/USD -8.44 0.96
AUD/USD 0.26 -3.56
NZD/USD 0.32 -5.03
EUR/JPY -4.8 -2.91

 

公式サイトを上で全ての通貨ペアのスワップポイントが確認できます。


FBS公式サイトでスワップポイントを確認する


 
 
スワップとは
2通貨の金利差をスワップと言います・高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で金利を受け取り、逆の場合は支払うことになります。

スワップポイントとは、その受け取り金利と支払い金利差を指します。
ポジションを一日持ち越す毎に発生します。
 
 
 

取り扱い通貨ペア・取り扱い商品

▼FBSで取引可能な商品(スタンダード口座)
為替通貨ペア 35通貨
株 33種類
CFD商品 3種類
貴金属 6種類
 
 

スキャルピング可否/両建て可否

スキャルピングは認められています。

自動売買ツールも使用も可です。

同一口座内の両建ても可。
 

取引プラットフォーム

MT4とMT5が使用可能です。
 
MT4もMT5も公式サイトから無料でダウンロードできます。


FBS公式サイトでMT4/MT5を無料でダウンロードする
 
 

レバレッジ制限

FBSではアカウント内残高によってレバレッジが制限されます。


▼スタンダード口座の場合
・200ドル未満⇒3,000倍
・2000ドル未満⇒2,000倍
・5000ドル未満⇒1,000倍
・30,000ドル未満⇒500倍
・150,000ドル未満⇒200倍
・150,000ドル以上⇒100倍

 

FBSの会社情報/安全性と信頼性

ここからはFBSの会社情報をお伝えします。


ライセンスの有無/種類、運営実績について、客観的な事実をまとめています。  

 運営歴

運営開始:2009年


運営歴は11年目に入りました。
運営歴による信頼性は充分です。  

190ヵ国の国々にサービスを展開しており、1500万人以上の顧客がいます。
企業規模としては、非常に大きな企業です。

ライセンス有無

FBSの運営母体は「Tradestone Ltd」という企業です。

Tradestone Ltdは非常に信頼性の高いキプロスライセンスを保有しています。

 
 

↑キプロス証券取引委員会公式サイト ライセンス番号:331/17

 


Tradestone Ltd傘下の『FBS Markets Inc』という会社はIFSCライセンスを取得しています。

 
 

↑IFSCライセンス:ライセンス番号60/230/TS/19
 
 

日本人顧客はというと『Mitsui Markets Ltd』という会社の管轄になっており、Mitsui Markets Ltdはライセンスを取得していません。

 
 
↑日本語公式サイトにはIFSC認可の記載あり
 

日本の金融庁との絡みで、FBSのように、母体がしっかりしていても日本人顧客が利用可能な環境を作る為に会社とライセンスを切り離す、という施策は海外FX業者では一般的です。


筆者はこういった場合、運営母体が信頼性の高いライセンスを保有していれば信頼性は問題なし、と判断しています。

  
ライセンスの優位性
ライセンスの有無の争点は、【その会社が倒産した場合に、預け入れていた資金が戻ってくるかどうか】です。

分別管理を行っている場合、その会社が倒産しても資産が差し押さえられない限り、顧客に資金が戻ってきます。
 
 

FBSは出金トラブルも耳にしません。

 
 

バルセロナのスポンサーになるほど大きな優良企業です。

倒産リスクも非常に低い、と判断しています。

 
 

受賞歴多数

 
FBSは運営歴も長く、ブローカーとして数々の賞を受賞しています。

こういった受賞歴も信頼性の底上げに繋がります。
 

 

日本語サポート

FBSは公式サイト、サポート共に日本語に対応しています。

ただし、完璧な日本語対応とは言えません。

公式サイトは多少不自然な日本語も含まれています。


FBS公式サイトをチェックする  

 

 

総評・FBSの利用価値と評価

FBSの強みと弱みをまとめます。

長所まとめ

最大3000倍のレバレッジ
ロスカット水準20%
高い約定力
ドルストレート通貨ペアのスプレッド が狭い
透明性の高いNDD方式
3種類のボーナスを提供
運営母体はキプロスライセンスあり
長い運営歴


短所まとめ

日本語対応が危うい
入金ボーナスの消滅条件が厳しい

 
レバレッジ3,000倍というのがFBSの特徴ではありますが、ドルストレート通貨ペアのスプレッドが優秀であったり、全ての口座が透明性の高いNDD方式を採用していたり、と取引条件は悪くありません。

 

『レバレッジ3000倍』という特徴が一人歩きしており、「ハイレバに特化した怪しい業者なのでは?」と思われていた方も居ると思いますが、FBSは長い運用歴、信頼性の高いライセンスを持つ【信頼性型】のブローカーです。

【ボーナス特化型】のブローカーではありません。

ボーナスの有用性が高い業者ではありません。

 

高い信頼性の元で、NDDの透明性の高い取引環境を求めるトレーダーには、利用価値あり、と判断しています。

無料VPS利用のハードルが低いので、自動売買ツールを使用したいトレーダーにとっても、利用価値はあります。

 

世界中のトレーダーを相手にしている企業ですが、2019年10月から円建て口座が使えるようになりました。

日本語でのサポートにも以前よりチカラを入れているようです。

是非あなた自身の目で公式サイトを確認してみてください。