【最低限知っておきたいテクニカル分析】ダブルボトム・ダブルトップ

本記事では、『最低限これだけは知っておきたいテクニカル分析』として、【反転】【転換】時に非常に良く見られるチャートパターンである『ダブルボトム/ダブルトップ』というチャートパターンについて書いていきます。

 

チャートの形状

チャート形状は上図のような感じです。

左が『ダブルボトム』で右が『ダブルトップ』です。

ネーミングも非常にわかりやく付けられており、ダブルボトムが【底】を示唆するチャートパターンで、下がってきていた価格が下げ止まり、反転して上昇する時によく見られるチャートパターンです。

ダブルトップは【天井】を示唆するチャートパターンで、上がってきていた価格が上げ止まり、反転して下落していく時によく見られるチャートパターンです。

 

2回試される

FXの世界では常に【ブル派(価格を上げたい勢力)】と【ベア派(価格を下げたい勢力)】が戦っています。

重要な『価格の節目』は一回目のチャレンジでブレイクすることはほとんどありません。

 

筆者の体感では、重要であればあるほど、まず1回目は反対勢力によって防衛されます。
(1回目のアタックでブレイクされた場合、その節目はそれほど重要では無かった、該当の価格を意識しているヘッジファンドや、大口投資家は少なかった、とも言えます)

そして、守られた後、少し波がプルバック(戻って)して、再度、ブレイクさせたい勢力がそのライン(価格帯)を抜くために攻めていきます。

 

2回目のアタックを守り抜いた場合、このダブルボトム、ダブルトップというチャートパターンが示現し(防衛勢力が勝った証として)、その後、波が反転していきます。

 

 

ネックラインと切り上げ・切り下げ

上図の赤いラインを『ネックライン』と呼びます。

ダウ理論で言う、目線が切り替わるポイント(価格)であり、非常に重要なラインです。

 

ダブルボトム・ダブルトップが【完成】するのは、このネックラインを明確に抜けた時です。

また、上図の緑のラインを見ていただくと、ダブルボトムは右側が【切りあがり】、ダブルトップは右側が【切り下がって】います。

この価格の『切り上げ・切り下げ』も、ダブルボトム・ダブルトップの完成を示唆する非常に重要なポイントです。

 

 

実践で意識すべきポイント

【ダブルボトムの場合】

①ダブルボトムができた位置
②何時間足で認識できるか
③2回目の価格は切り上げたか

 

①については、日足や週足など、長い時間足で見た場合に、低い位置、いわゆる底値圏であるかどうか、を見ます。高い価格帯でできたダブルボトムは信用できません。

②少なくとも、1時間足以上で認識できるチャートが望ましいです。

長い時間足ほど、大口トレーダーを含めた、多くの市場参加者が認識します。
長い時間足で認識できるチャートパターンほど転換の可能性があがります。

③価格が2回試された時の、2回目の価格が1回目のアタックよりも切り上げた場合、ダブルボトムが完成する可能性があがります。

 

 

エントリーポイント

これも、ダブルボトムを例にします。

『FXの教科書』的には、ネックラインを抜けて、【ダブルボトムが完成】した後に、押してきて、ネックラインで反発した後に、ロングでエントリーしましょう、と書かれているものが多いです。

 

上図で言うと、赤い矢印です。

しかし、筆者としては、2回目のアタック時の緑の矢印のポイントを推したいです。

 

理由は3点あって

損切幅が狭められる
波の転換狙いがハマった時は、強気に保有できる
赤矢印よりも、値幅が狙える

というメリットがあります。

 

ダブルボトムや、ダブルトップは有名過ぎるチャートパターン故なのか、反対勢力によって崩されることがままあります。(結果としてダマシになる)

 

しかし、波の転換時に非常によく見られるチャートパターンです。

このチャートパターンは、最低限抑えた上で、相場に臨んでいただきたいです。

 

関連記事