FX【超伝統的手法】押し目買い・戻り売り

青いチャート

伝統的手法『押し目買い・戻り売り』

FXには『手法』というものが無数に存在します。

手法は何でも良い、どんなものでも結果が出せればそれが正解であり、それよりも、【ご自身の性格にあったスタイル】を見つけることの方が重要だ、というスタンスを当サイトはとっています。

【スタイル】の中に手法は内包される存在ではありますが、結果が出た手法を磨くことにより、スタイルが確立する、ということもあります。

 

本記事では、FXをこれから始める、という方に向けて最低限知っておくべき【伝統的手法】の中のさらに基本である『押し目買い・戻り売り』という手法・波の捉え方について、書いていきます。

 

 

押し目?戻り目?言葉の意味

まず、波の性質として、『上がったり、下がったりしながら、動く』というものがあります。

指標発表時などは、直線的に動くこともありますが、それを加味しても(長い時間足からみれば)やはり上がったり、下がったりしながら、波(=価格)は動きます。

 

この、上がったり、下がったり、の上がってる値幅の方が大きければ、短期的には上昇トレンド、下がっている値幅の方が大きければ下降トレンド、ということになります。

 

トレンド状態のチャートの形状

例として、上図のような値動きの場合、ダウ理論的にも、【直近安値と直近高値を切り上げているので】上昇トレンドということになります。

 

『押し目買い』とは、上がったり下がったりする波の性質を鑑みて、

 

トレンド状態のチャートの形状に赤い矢印

 

赤い矢印のポイントでロング(買い)のエントリーをしよう、という『手法・戦略』です。

 

上がった価格が、上図のように一度下がる値動きを『押し目をつくる』『波が押す』と言ったりします、上がった価格が下がってきて、再度上昇に転じるポイントを『押し目』と言います。

この押し目で、買いを仕掛けることを【押し目買い】と言います。

 

余談ですが、上図の例で、上がっていく値動きを推進波、インパルスムーブ、下がっていく値動きを調整波、コレクティブムーブと呼んでいます。

逆に、『下降トレンド』が発生している場合は、下がった波が上がってくるのを『戻り目』と呼び、そこで売ることを【戻り売り】と言います。

 

 

損切ラインと利確目標

教科書的なことを言うと、損切ラインは直近安値の少し下、利益確定の最低ラインは直近高値、です。

この【押し目買い】の大前提は『トレンドは続く』ということです。

トレンドが続く、だろうという根拠が崩れるのが、『直近安値割れ』か『直近高値の切り下げ』です。なので、この根拠が崩れたら、一度撤退して戦略を練り直す必要が出てきます。

 

 

押し目買い・戻り売りは強い

このトレンド発生時の『押し目買い・戻り売り』戦略は、勝っているトレーダーは知らない人は居ない、と言い切って良いでしょう。

磨けば「この手法・戦略だけで良いのでは?」と思えるほど強力です。

 

細かいことを言い出すと、どの時間足を見ているか、トレンド発生はどこで判断するか、などなど、トレーダー毎にバラつきがり、【みんな知っている超伝統的手法】でも個性があります。

同じ目線(買いと売りの目線)で、同じ考え方(押し目買い・戻り売り)なのに、利益を出せるトレーダーと出せないトレーダーが居ます。

 

【押し目買い・戻り売り】考え方は超シンプルですが、奥が深い手法です。

 

関連記事