3つのトレードスタイルとあなた専用のトレードスタイル

3つのトレードスタイル

トレードの種類・スタイルは、大きく分けて3つに分類されます。

 

チャートと3人の人影

 

①スキャルピング

まずは、超短期売買スタイルの『スキャルピング』と呼ばれるもの

ポジション保有時間は数分~数十分
狙う値幅は5~10pips
一日に数十回トレードを行う

一番難易度が高いとされているのが、この超短期売買スタイルのスキャルピングです。

 

反射神経の良さ、判断の速さ、一度の失敗のひきずらないメンタルの強さ、一日中チャートに張り付く姿勢が求められます。

この手法をマスターすれば、「トレンド相場」「レンジ相場」に左右されず、一年を通して安定した成績が出せるでしょう。

数pipsの利益でも積み重ねれば大きなものになります。


スキャルピングは禁止している業者もあります。

各社の利用規約を確認してから行いましょう。

スキャルピングでトレードをする場合は、狭いスプレッドが必須です。

スキャルピングをする場合は国内FX会社を利用した方が良いでしょう。

 

②デイトレード

2番目の『デイトレード』明確な定義はありませんが、下記のようなスタイルの方が多いです。

ポジション保有時間は数十分~数時間
狙う値幅は20~60pips
一日に数回トレードを行う

このスタイルでトレードを行っている人が最も多く、標準的なトレードスタイルといえます。


一日中チャートに張り付く必要がなく、指値注文等を上手く使えば、スマホで数時間に一度チャートをチェックできればトレード可能です。

チャートをずっと見られる環境ならさらに有利です。

未経験者・初心者の方はこの「デイトレ」でトレードの感覚を掴むとよいでしょう。

一度の取引ではなく、「1日トータル」さらには「1週間トータル」でプラスにすれば良い、という考え方は非常に重要です。

 

③スイングトレード

3番目の『スイングトレード』最もポジションの保有期間が長いトレードスタイルです。

ポジション保有期間は数日~数週間
狙う値幅は150~300pips
一月に数回トレードを行う

デイトレよりもさらにゆったりとしたトレードスタイルです。

細かい波は捨てて、大きな波を狙い、時間をかけて大きな値幅を狙います。


チャートを見る必要はほとんどありません。このスタイルは「トレンド相場」で大きな力を発揮します。

 

あなたの性格・生活に合うトレードスタイルを見つけましょう

トレードスタイルによる難易度はスキャルピング>デイトレ>スイングと、一般的にはいわれています。

しかし、各スタイル毎に異なった難しさがあります。


チャートと向き合い、トレードの回数を重ねることで、あなたに合うスタイルを選択しましょう。


直ぐに結果を出したい、知りたい、というせっかちな性格の方はスイングには向きませんし、兼業トレーダーで、日中仕事をされている方にはスキャルピングは不可能です。


ただし、仕事中はデイトレで長めにポジションを保有し、仕事が終わったら数時間はスキャルピングを行う、というハイブリッドスタイルは実現可能です。

筆者にはスキャルピングは不向きでした。デイトレで資金を増やし、スイングへと移っていきました。


まずは、デイトレでトレードを始めてみることを勧めます。

 

関連記事