海外FX【スワップフリー口座一覧】業者毎の特徴と比較

海外FXのスワップフリー口座比較

 

 

海外FX業者の中には、スワップが発生しない【スワップフリー口座】を実装している業者があります。

以前は非常に希少性が高く、珍しいサービスでしたが昨今は増加傾向にあります。

 

本記事では、海外FX業者各社の『スワップフリー口座』を一覧でまとめ、比較しました。

『スワップフリー』のメリットとデメリットも記載しています。

 

スワップフリー口座の利用を検討中の方、スワップフリー口座についての知識を入れたい方に読んでいただきたい記事です。

 

 

 

スワップフリー口座を提供している海外FX業者一覧と比較

海外FXのスワップフリー口座一覧と比較

 

スワップフリー口座が実装されている海外FX業者は、以下の通りです。

 

  • Exness
  • XM
  • FXGT
  • LANDFX

 

上記4社の口座性能は、画一的ではなく、各社毎に性能が異なります。

最大レバレッジや、ロスカット水準の違いもありますが、本項では、スワップフリーの対象投資商品を比較しました。

 

 

海外FX業者毎のスワップフリー口座名とスワップフリーとなる投資商品を一覧表にまとめました。

 

▼海外FX業者毎の比較

業者名 口座名 対象投資商品
XM スタンダード口座
マイクロ口座
仮想通貨
KIWAMI極口座 主要通貨ペア
仮想通貨
ゴールド/シルバー
Exness 全口座 ゴールド
仮想通貨
株価指数
株式CFD
通貨ペア(条件あり)
FXGT Crypto Max口座以外の口座 仮想通貨
ゴールド
株価指数(3日間のみ)
LANDFX SwapFree口座 通貨ペア(24種類)
ゴールド
※1週間のみ

 

業者によっても、全口座タイプが対応しているスワップフリー投資商品や、個別の口座がスワップフリーに対応しているなどの違いがあります。

また、3日間のみ、1週間のみ、などの縛りがある業者もあります。

 

 

 

海外FX業者のスワップフリー口座の特徴

海外FX業者別スワップフリー口座の特徴

 

本項では、海外FX業者毎にスワップフリー口座のスペックと特徴をまとめました。

 

 

XM

XM公式サイトトップページ

 

▼XMの簡易スペック

最大レバレッジ 1000倍
ロスカット水準 20%
投資商品 為替通貨ペア/55種類
貴金属/4種類
エネルギー/5種類
株価指数/24種類
コモディティ/8種類
仮想通貨/31種類
ライセンス FCAライセンス,CySECライセンス,ASICライセンス,IFSCライセンス,FSAライセンス,FSCライセンス
運営開始年 2009年
プラットフォーム MT4/MT5

 

 

XMは、スタンダード口座とマイクロ口座では、仮想通貨CFDの取引において、スワップフリーとなっています。

また、KIWAMI極口座では、仮想通貨CFDに加えて、主要通貨ペア(27種類)、貴金属(ゴールド/シルバー)において、スワップフリーとなっています。

 

他社では仮想通貨、ゴールドのマイナススワップは高めの設定値が多い中で、大きな強みとなっています。

また、FXにおいて、スワップフリーを提供している海外FX業者は希少性が高く、KIWAMI極口座は非常に優良な取引環境となっています。

 

KIWAMI極口座はスワップフリー以外にも【低スプレッド】という強みがある反面、口座開設ボーナス以外のボーナスが利用できない、というデメリットがあります。

 

KIWAMI極口座は2022年10月に開設された口座タイプですが、XMの高い信頼性の元で、スワップフリー口座が利用できるのは、スイングトレーダーにとって大きなメリットです。

 

 

 

 XM公式サイトを確認する

 

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

 

Exness

Exness公式サイトトップページ画像

 

▼Exnessの簡易スペック

最大レバレッジ 2000倍
ロスカット水準 0%
投資商品 通貨ペア/107種類
貴金属/10種類
エネルギー/3種類
インデックス/10種類
株式CFD/78種類
仮想通貨/35種類
ライセンス FCAライセンス:イギリス
CySECライセンス:キプロス
FSCAライセンス:南アフリカ
FSAライセンス:セーシェル
運営開始年 2008年
プラットフォーム MT4/MT5

 

 

Exnessは、全ての口座タイプにおいて、ゴールド、株価指数、株式CFD、仮想通貨CFDにおいて、スワップフリーとなっています。

 

また、Exnessには、『優待スワップフリー』というサービスがあり、取引量に応じて自動でスワップフリーレベルが上がっていきます。

スワップフリーレベルに応じて、優待スワップフリー対象の通貨ペア、原油、シルバーもスワップフリーで取引できるようになります。

 

優待スワップフリー対象
AUD/NZD、AUD/USD、EUR/CHF、EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY、USOIL、AUD/CHF、AUD/JPY、EUR/AUD、EUR/CAD、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/NZD、GBP/CHF、GBP/NZD、NZD/JPY、NZD/CAD、XAU/USD

 

 

XMのKIWAMI極口座と比較すると【株価指数】がスワップフリーである点がExnessの優位性です。

また、KIWAMI極口座よりもスプレッドの狭いExnessのプロ口座が提供されている点、最大レバレッジの高さ、ロスカット水準の低さもExnessの強みです、

 

日本市場にスワップフリーというサービスを持ち込み、浸透させたパイオニアはExnessです。

他社も、Exnessを模倣し、スワップフリーサービスを開始しましたが、元祖たるExnessのスワップフリーサービスは、非常に優良であり、あらゆるトレーダーにとってメリットがあります。

 

 

 

Exness公式サイトを確認する

 

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

 

FXGT

FXGT公式サイトトップページ

 

 

▼FXGTの簡易スペック

最大レバレッジ 1000倍
ロスカット水準 20%
投資商品 為替通貨ペア/54種類
エネルギー/3種類
貴金属/2種類
株価指数/9種類
株式/53種類
仮想通貨/32種類
シンセティックペア/11種類
DeFiトークン/10種類
NFT/5種類
ライセンス FSAライセンス:セーシェル
運営開始年 2019年
プラットフォーム MT5

 

FXGTは、Crypto Max口座以外の口座(ミニ口座、FX専用口座、スタンダード+口座、PRO口座、ECN口座)において、仮想通貨(FX専用口座が取引不可)、ゴールドにおいてスワップフリーとなっています。

また、株価指数においては、ポジション保有から3日間のみスワップフリーとなっています。

 

XMのKIWAMI極口座、Exnessと比較すると、スワップフリー性能は弱めです。

 

それでも、仮想通貨とゴールドを中心にトレードする方にとっては、大きなメリットがあるサービス内容です。

 

 

 

FXGT公式サイトを確認する

 

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

LANDFX

LANDFX公式サイトトップページ画像

 

 

▼LANDFXの簡易スペック

最大レバレッジ 無制限
ロスカット水準 0%
投資商品 為替通貨ペア/67種類
貴金属/4種類
エネルギー/3種類
株価指数/11種類
ライセンス FSAライセンス:セントヴィンセントグレナディーン
運営開始年 2013年
プラットフォーム MT4/MT5

 

 

LANDFXの『Swap Free口座』では、FX(24種類の通貨ペア)、ゴールドにおいてスワップフリーとなっています。

FXを中心にトレードする方にとっては、良い内容です。

 

ただし、ポジションを1週間保有し続けると自動的にスワップが発生する『スタンダード口座』に切り替わってしまう、という大きな弱みがあります。

 

つまり、スワップフリーは1週間以内限定というサービス内容であり、XM,Exnessの潔さと比較すると、非常に弱いサービスです。

 

 

 

LANDFX公式サイトを確認する

 

 

詳細記事

 

関連記事

 

 

 

 

海外FXのスワップフリー口座まとめ

海外FXスワップフリー口座・まとめ

 

 

スワップフリー口座のメリットは【マイナススワップが発生しない】ことであり、デメリットは【プラススワップが貰えない】ことです。

国内FX業者は、プラススワップの設定値が大きい業者もありますが、海外FX業者は総じてプラススワップは小さく、マイナススワップが大きめに設定されている業者が多いです。

 

マイナススワップは、積み重なることで証拠金だけではなくメンタルが削られることもあります。

トレードの判断にも影響します。

 

一般的に、仮想通貨、株価指数、ゴールドの取引では、プラススワップは発生せずマイナススワップのみが発生します。

これらのトレードにおいてスワップフリーであることはトレーダーにとっては、メリットしかありません。

 

本記事でまとめたスワップフリー口座を利用し、大きな利益を上げていっていただきたいです。

 

なお、海外FX業者のスワップフリー口座は、XMのKIWAMI極口座とExnessの2強となっています。

両者の比較では、株価指数と株式CFDでもスワップフリーとなるExnessの方が強い内容です。

 

ただし、スワップフリーレベルが上がるまでは、通貨ペアのスワップが発生してしまいます。

主要な通貨ペアのスワップが発生しないKIWAMI極口座の方が良い、という方も居ると思います。

 

ご自身のトレードスタイルに応じて判断しましょう。

 

FXGTは、上記2社には劣りますが、FXGTは、入金ボーナスが利用できるというメリットがあります。

入金ボーナスを利用したい方や、仮想通貨取引が中心の方は選択肢に入れても良いでしょう。

 

 

▼XM⇒KIWAMI極口座が強い

XM公式サイト

 

Exness⇒スワップフリーの元祖

Exness公式サイト

 

▼FXGT⇒入金ボーナスが利用できる

 

 

 

関連記事