XM/XM Trading【3種類の口座タイプ】特徴を解説【口座追加時の注意点も】

XM公式サイトトップページ

 

XM Trading(以下XM)では3種類の口座タイプから選択が可能です。

本記事では、3種類の口座タイプの特徴とそれぞれの相違点、選択すべき口座タイプの提唱と注意点をお伝えします。

 

ご自身のトレードスタイルに応じて口座タイプを選択する為の参考にしていただければ幸いです。

 

XM公式サイト口座タイプ詳細ページ

 

※当サイト内のリンクは全て別ウィンドウで開くようになっています。
本記事と公式サイトの情報を併せて参照していただくと、より正確な情報が把握できます。

 

XM/3種類の口座タイプの名称と特徴

XMTradingの口座タイプ

 

XM の提供する3種類の口座タイプの名称は『スタンダード口座』『マイクロ口座』『XMTradingゼロ口座』となっています。

 

まずは、3種類の口座タイプの名称とざっくりとした特徴をお伝えします。

スタンダード口座⇒最も利用者が多い、その名の通り基準となるスタンダードな口座

マイクロ口座⇒スタンダード口座とほとんど同じ仕様だが、10通貨から発注可能な初心者向け口座

XMTradingゼロ口座⇒ECN方式の為、取引毎に手数料が発生する。入金ボーナスなしの上級者向け口座

 

次項から、各口座タイプについて、詳細なスペックと各口座の違いをお伝えします。

 

XM公式サイト口座タイプ詳細ページ

 

XMの各口座タイプの詳細

スタンダード口座

▼スタンダード口座のスペック

最大レバレッジ 888倍
ロスカット水準 20%
ゼロカット
ボーナス 全て利用可
1ロットの単位 10万通貨
最小発注ロット 0.01ロット(1000通貨)
最大発注ロット 50ロット
保有可能ポジション 200ポジション
最低入金額 5ドル
選択可能な通貨 USD, EUR, JPY
取引プラットフォーム MT4・MT5
スプレッド 変動制(最低1pips~)
両建て
EAの使用
スキャルピング
取引可能通貨ペア 57種類
コモディティ 8種類
株価指数 42種類
エネルギー 5種類
貴金属 4種類

 

その名の通り、基準となるスタンダード口座は上記のようなスペックとなっています。

最大レバレッジは888倍、ロスカット水準20%、全てのボーナスが利用可能な口座タイプです。

 

約定方式については公式サイトでは明言されていませんが、【NDD方式のSTP方式】を採用していると推察されます。

約定方式について詳しく知りたい、という方はこの記事をご一読ください。

 

関連記事

 

 

マイクロ口座

▼マイクロ口座のスペック

最大レバレッジ 888倍
ロスカット水準 20%
ゼロカット
ボーナス 全て利用可
1ロットの単位 1000通貨
最小発注ロット MT4⇒0.01ロット(10通貨)
MT5⇒0.1ロット(100通貨)
最大発注ロット 100ロット
保有可能ポジション 200ポジション
最低入金額 5ドル
選択可能な通貨 USD, EUR, JPY
取引プラットフォーム MT4・MT5
スプレッド 変動制(最低1pips~)
両建て
EAの使用
スキャルピング
取引可能通貨ペア 57種類
コモディティ 8種類
株価指数 42種類
エネルギー 5種類
貴金属 4種類

 

スタンダード口座との違いは【赤文字の部分のみ】です。

発注時の1ロットの単位が1000通貨となっており、最小で10通貨から取引が可能です。

MT5の場合は、最小発注単位が100通貨からになります。

 

最小発注単位以外のスペックはスタンダード口座とほぼ同内容です。

 

XMTradingゼロ口座

▼ゼロ口座のスペック

最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
ゼロカット
ボーナス 口座開設ボーナスのみ利用可
入金ボーナス、ロイヤリティプログラムは対象外
1ロットの単位 10万通貨
最小発注ロット 0.01ロット(1000通貨)
最大発注ロット 50ロット
保有可能ポジション 200ポジション
最低入金額 100ドル
選択可能な通貨 USD, EUR, JPY
取引プラットフォーム MT4・MT5
スプレッド 変動制(最低0pips~)
別途1ロットあたり往復10ドルの手数料が発生
両建て
EAの使用
スキャルピング
取引可能通貨ペア 56種類
コモディティ 取引不可
株価指数 取引不可
エネルギー 取引不可
貴金属 2種類

 

公式サイトに約定方式は明記されていませんが、取引手数料が1ロットあたり往復で10ドル発生するので【NDD方式のECN方式】を採用している口座タイプであると推察されます。

透明性の高いECN口座であることがこのXMTradingゼロ口座の最大の特徴です。

 

スタンダード口座との違いは、赤文字で記載した箇所です。

最大レバレッジは500倍
入金ボーナス、ロイヤリティプログラム共に利用不可
最低入金額100ドル~
取引可能商品が為替56種類、貴金属2種類のみ

がスタンダード口座との違いです。

XM公式サイト口座タイプ詳細ページ

 

選択すべき口座タイプ

各口座タイプについて、選択すべきトレーダータイプをまとめます。

 

マイクロ口座⇒超少額(1万円以内)でトレードしたい、という方はマイクロ口座を選択すべきです。

『稼ぐ為ではなく学ぶ為の口座』という感じです。

XMTradingゼロ口座⇒透明性の高い取引環境で、主に短期売買(スキャルピング)をしたい、というトレーダーの方はこの口座を選択すべきです。

スプレッドは3種類の中では最も狭いので優位性があります。

ただし、為替以外の商品は金、銀以外はトレードできない点と入金ボーナス、ロイヤリティプログラムは利用できません。

 

スタンダード口座⇒オールラウンドスペックであり、最も利用者の多い口座タイプです。

「マイクロ口座」「XMTradingゼロ口座」を利用する理由の無い方は、スタンダード口座を選択すべきです。

 

なお、XM では、1アカウントにつき、8口座まで持つことができます。

迷ってしまう、という方は複数口座を作成し、試した上で長期利用する口座タイプを決めれば良いと思います。

 

XMの口座タイプ選択時の注意点

シンボルが異なる

各口座タイプによって、MT4/MT5上での表示シンボルが異なります。

ドル円を例にすると

スタンダード口座⇒USDJPY
マイクロ口座⇒USDJPYmicro
XMTradingゼロ口座⇒USDJPY.

のようにマイクロ口座には『micro』が、XMTradingゼロ口座では『.』が付きます。

 

休眠口座と維持費

複数口座を作成した後、90日間取引がないと【休眠口座】とみなされます。

休眠口座になった時点で残る全てのボーナス、プロモーションクレジット、XMPが自動的に休眠口座から消失します。

 

休眠口座は毎月 5USDの料金、もしくは残高が 5USD未満の場合はその残高全額分の料金が差し引かれます。

取引口座の残高がゼロの場合、料金は発生しません。

 

しかし、残高がゼロの取引口座は90日経過後に【凍結】にとなります。

一度凍結された取引口座を再度有効にすることはできません。

 

複数アカウントを作成した場合は、この点に注意が必要です。

 

最後に、XM の口座の追加は、マイページから簡単に行うことができます。

『スタンダード口座』からXMTradingを試し、必要に応じて『マイクロ口座』または『XMTradingゼロ口座』の口座タイプを選択していくのが王道です。

 

XM公式サイト

 

XM の詳細情報、強み弱みはこちらの記事にまとめてあります。

利用するか否かの判断材料に使っていただけると嬉しいです。