【AXIORYの口座タイプ】ナノスプレッド口座とスタンダード口座の違い

AXIORYでは、2つの口座タイプが提供されています。

それぞれの特徴と、各口座毎の違いについてまとめました。

AXIORYの利用を検討中で、口座タイプで迷われているトレーダーの方に読んで欲しい記事です。

 

 

 

AXIORY公式サイトを別ウィンドウで開く


※当サイト内のリンクは全て別ウィンドウで開くようになっています。

本記事と公式サイトの情報を併せて参照していただくと、より正確な情報が把握できます。

 

 

AXIORYの口座タイプ

AXIORY公式サイトトップページ画像

 

AXIORYの2つの口座タイプの名称は『スタンダード口座』と『ナノスプレッド口座』です。

2つの口座タイプについて、一覧できる表にまとめました。

 

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
最大レバレッジ 400倍 400倍
約定方式 STP方式 ECN方式
取引手数料 なし 片道3ドル
ゼロカット保証 適用 適用
両建て
スキャルピング
最小発注 0.01ロット 0.01ロット
最大発注 1000ロット 1000ロット
最大保有ポジション数 無制限 無制限
口座通貨 JPY,USD,EUR JPY,USD,EUR
プラットフォーム MT4,cTrader MT4,cTrader
デモ口座

 

 

ナノスプレッド口座とスタンダード口座の違い

2つの口座の異なる点は【約定方式】のみです。

 

スタンダード口座はSTP方式、ナノスプレッド口座はECN方式で約定します。

どちらもディーリングデスクを介さないNDD方式です。

 

DD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式の違いについては、別の記事でまとめています。

 

関連記事

 

 

STP方式とECN方式は以下のような特徴があります。

 

STP方式とは

『Straight Through Processing』の略

インターバンク市場に参加している複数のLP(リクイディティープロバイダー)から、レートの提示を受け、投資家にとって一番有利な価格で約定させる方式。

FX業者は、一番有利なレートを採用した上で、自社が設定した手数料を「スプレッド」として徴収します。
※LPとは⇒証券会社や金融機関のこと

 

STP方式とは

『Electronic Communications Network』の略

買い注文に売り注文をぶつけて約定させる方式。
実際のスプレッドは0だが、FX業者は取引手数料を徴収し、この手数料がFX業者の利益になります。

 

 

両口座共にNDD方式なので、透明性は高いです。

現実的なところの違いはECN方式では【取引手数料が発生すること】です。

取引毎の手数料は、各社で異なりますが、AXIORYのナノスプレッド口座では、片道3ドル、往復で6ドルの手数料がかかります。

この設定値は他社と比較しても、優秀な値です。

例として、XM Trading のECN方式のゼロ口座の場合は往復10ドルの手数料が徴求されます。

 

口座の共通点

多くの点で、口座タイプによる違いはありません。

他社と比較して、際立つ点は、両口座共に、ベースとなるスプレッド設定が狭い点です。

スワップポイントに関しては、両口座共通です。

また、最大発注ロット数が1000ロット、保有ポジションの最大値が無制限という点も特徴的です。

ただし、アカウント内残高が「$100,001~$200,000で最大レバレッジ300倍」「$200,001以上で最大レバレッジ200倍」のレバレッジ制限がかかります。

 

プラットフォームの違い

AXIORYの口座の大きな特徴として、MT4に加えてcTrader の利用が可能である、という点が挙げられます。

cTrader

 

取引プラットフォームが利用可能な業者は、世界的にみても20社ほどしかありません。

AXIORY は希少な存在です。

 

cTraderの特徴まとめ
  • ECN口座での使用が前提なので、透明性がとにかく高い
  • スキャルピングトレーダー向けなので、処理が早い
  • 板情報が見られる
  • 複数ポジションの一括決済ができる
  • アカウント内残高の損益グラフが見られる

 

 

ただし、cTrader だと、AXIORYでは株式CFDの取引ができません。

また、MT4対応のインジケータ類は動かすことができません。

上記のデメリットを許容できるスキャルピングトレーダーの方は利用を検討しても良いと思います。

 

 

スタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッド比較

スタンダード口座とナノスプレッド口座の主要通貨ペアのスプレッドは以下のようになっています。

 

通貨ペア スタンダード口座 ナノスプレッド口座
USD/JPY 1.3 pips 0.3 pips
EUR/USD 1.2 pips 0.2 pips
GBP/USD 1.6 pips 0.6 pips
AUD/USD 1.5 pips 0.6 pips
EUR/JPY 1.7 pips 0.7 pips
GBP/JPY 2.4 pips 1.4 pips

 

ナノスプレッド口座の手数料往復6ドルを、約0.6pips と換算して比較しても、ナノスプレッド口座の方がスプレッドは狭くなります。

 

上のスプレッド表は、平均値を記載していますが、AXIORY公式サイト上で、市場が開いている時間であれば、実際のリアルタイムスプレッドが確認できます。

AXORY は、定期的なサーバーメンテナンスとエンジニアの方が常駐していることもあり、スプレッドは安定している印象ですが、是非ご自身の目で、実際のスプレッドを確認してみてください。

 

AXIORY公式サイトトップページ


※公式サイトトップページ画面を下にスクロールすれば主要通貨ペアのリアルタイムスプレッドが確認できます。

また、公式サイトトップページ⇒取扱商品/FX に遷移すれば、全ての通貨ペアのリアルタイムスプレッドが確認できます。

 

AXIORYでは、為替以外にも『株式CFD/株価指数CFD/エネルギーCED/貴金属CFD』の取引が可能です。

為替以外の投資商品については、為替ほどスプレッドの開きがなく、スタンダード口座の方がトータルコストは安くすむ商品も多いです。

為替と同様、全ての投資商品のリアルタイムスプレッドが公式サイトにて確認できます。

 

AXIORY公式サイト

※公式サイトトップページ⇒⇒取扱商品⇒各投資商品 に遷移すれば、全ての投資商品のリアルタイムスプレッドが確認できます。

 

 

選択すべき口座タイプは?

Choice

 

どちらの口座も、約定力は非常に高いです。

 

スプレッド面と、メインで取引している投資商品を考慮すると

・為替トレーダー⇒ナノスプレッド口座/MT4

・為替以外の投資商品トレーダー⇒スタンダード口座/MT4

・為替トレーダーかつスキャルピングトレーダー⇒ナノスプレッド口座/cTrader

・為替以外の投資商品トレーダーかつスキャルピングトレーダー⇒スタンダード口座/cTrader

 

上記が各トレーダータイプ毎の最良の口座タイプの選択になると思います。

 

最終的には、公式サイト上で開示されている情報、リアルタイムスプレッド等を確認し、ご自身のトレードスタイル、取引商品に併せて口座タイプを選択すれば良いでしょう。

 

「結局よくわからん」という方は、シンプルに『スタンダード口座/MT4』からAXIORYの取引環境を試してみていただきたいです。

口座タイプの追加は後からでも可能です。

AXIORYの低スプレッド、強い約定力、安定したサーバーは、非常にトレーダー優位なトレーディング環境です。

【勝てるようになってきたトレーダーの方】【透明で安定した取引環境を求めるトレーダーの方】【信託保全の業者を使いたいトレーダーの方】にとって、AXIORYは非常に利用価値の高いブローカーです。

 

本記事を、AXIORYでの口座タイプ選択時に参考にしていただければ幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

AXIORY公式サイト

 

 

関連記事