海外FX【仮想通貨の取引】に最適な業者【仮想通貨取引条件で4社比較】

海外FX業者で仮想通貨の取引をすることのメリット

ビットコインのロゴ

 

仮想通貨(暗号資産)の取引が可能な海外FX業者は複数存在します。

仮想通貨の取引においては、日本国内の取引所を使われているトレーダーが多いと思います。

しかし、国内の仮想通貨の取引は最大レバレッジが2倍に規制されることが濃厚になってきており、現在も自主規制と言う形で多くの取引所の最大レバレッジは4倍になっています。

国内の仮想通貨取引所では、取引手数料無料などの優位性はありますが、海外FX業者での取引は【ハイレバレッジ】【ゼロカットシステム】の優位性があります。

 

以前に比べて、スプレッドの低い業者、スワップのかからない業者が現れてきています。

今後も、より取引環境がトレーダー優位に整ってくる可能性があります。

 

現時点で、どの業者の取引条件が良いか?を本記事でまとめます。

 

仮想通貨の取引が可能な海外FX業者

  • HotForex
  • iFOREX
  • FXGT
  • Exness

以前は、XMTradingでも取り扱いがありましたが、現在は取引できません。

今後、取引可能な業者数は増えてくる可能性が高いとみていますが、現時点では上記の4社で仮想通貨の取引が可能です。

次項で、各社について、簡単に仮想通貨の取引の取引条件をまとめます。

 

HotForexの仮想通貨の取引条件

HotForex会社ロゴ

 

最大レバレッジ10倍
12種類

 

取引可能な銘柄
BCH/USD
BNB/USD
BTC/EUR
BTC/USD
EOS/USD
ETH/EUR
ETH/USD
LTC/EUR
LTC/USD
XLM/USD
XMR/USD
XRP/USD

 

取引可能な商品数は揃っていますが、対ドルか対ユーロのみの取引になります。

そもそもHotForexは円建て口座が無いので仕方のないことではありますが。

最大レバレッジも10倍までとなっており、そこまで取引条件の良い業者ではありません。

HotForex公式サイト

 

iFOREXの仮想通貨の取引条件

iFOREX会社ロゴ

 

最大10倍
18種類

 

取引可能な銘柄
EOS
イーサリアム
イーサリアム(ユーロ)
イーサリアム(日本円)
ダッシュ
ビットコイン
ビットコイン/イーサリアム
ビットコイン/ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコイン(ユーロ)
ビットコイン(日本円)
モネロ
ライトコイン
ライトコイン(ユーロ)
ライトコイン(日本円)
リップル
リップル(ユーロ)
リップル(日本円)

 

最大レバレッジが10倍である点はHotForexの同様ですが、iFOREXは対円での取引が可能です。

以前はレバレッジ20倍、スプレッドも狭めに設定されていましたが、取引条件は悪化しています。

iFOREXはMT5も使えません。

iFOREX公式サイト

 

FXGTの仮想通貨の取引条件

FXGT会社ロゴ

最大500倍
13種類

 

取引可能な銘柄
BTC/USD
BTC/JPY
ETH/USD
ETH/JPY
XRP/USD
XRP/JPY
LTC/USD
LTC/JPY
BCH/USD
BCH/JPY
XRP/BTC
ETH/BTC
LTC/BTC

 

HotForex、iFOREXと比較すると、格段に取引条件が整っています。
対円、対ドルで主要な仮想通貨の銘柄は整っています。

加えて、最大レバレッジは500倍です。

取引ボリューム(ロット数)によって、最大レバレッジは規制されますが、最大レバレッジの高さはFXGTの強みです。

 

加えて、スプレッドが狭いです。

FXGTはCryptoGTという海外の仮想通貨専用取引所の兄弟会社なのですが、その技術が入っており、海外FX業者の良い所と、仮想通貨取引所の良い所が上手に融合されています。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、USDTで入金することも可能なのはFXGTぐらいです。

また、他社は土日のトレードは不可ですが、FXGTは土日も仮想通貨のトレードが可能です。

※左上のロゴ⇒右上の『ウェブサイトへ』でトップページに行けます

Exnessの仮想通貨の取引条件

Exness会社ロゴ

 

最大レバレッジ100倍
7種類

 

取引可能な銘柄
BCH/USDm
BTC/JPYm
BTC/KRWm
BTC/USDm
ETH/USDm
LTC/USDm
XRP/USDm

 

BTC以外の通貨ペアは全て対ドルのみですが、Exnessの取引条件もHotForex、iFOREXにくらべると、取引条件が整っています。

最大レバレッジ100倍なのは良い点です。

Exnessの強みは、スワップポイントが発生しない点です。

 

国内の仮想通貨取引所で、現物取引ではなく、レバレッジ取引でポジションを保有する場合、「買い・売り」共にマイナススワップが付く所がほとんどです。

加えて、仮想通貨は長期的に保有されるトレーダーが多いです。

レバレッジをかけて仮想通貨のスイングトレードをする場合、Exnessのスワップポイント0である点は大きな優位性になります。

Exness公式サイト

 

仮想通貨の取引条件で海外FX業者を比較

スプレッドとスワップについて、各社で横の比較をしてみます。

 

スプレッドで比較

▼スプレッド比較表

業者名 BTCUSD BTCJPY ETHUSD
HotForex 26.0 3.7
iFOREX 42.43 4563 1.54
FXGT 1.75 210 0.08
Exness 58.2 90.8 10.6

※HotForexは、別途1往復で1ドル/1ロットの手数料が発生

 

スプレッドに関しては、FXGTの一強です。

短期トレードであれば、素直にFXGTを使うのが最も賢明です。

 

スワップで比較

▼スワップポイント

業者名 買いスワップ 売りスワップ
HotForex -6000.0 -6000.0
iFOREX オーバーナイト金利
-0.05281%
オーバーナイト金利
-0.05830%
FXGT -0.0105(%) -0.0085(%)
Exness 0 0

※FXGTのスワップは4時間毎に発生(土日も発生)

 

HotForexのスワップポイント一覧

 

HotForexは誤植の可能性もありますが、注意喚起の意味も込めて、公式サイトの情報をそのまま記載しています。

当サイトは公式サイトの情報を正としており、公式サイトの更新があった場合は、適宜当サイトも情報を更新します。

 

先述したとおり、Exnessはスワップポイントが0です。

長期トレードであれば、Exnessも選択肢として持っておくと賢明です。

特に、大きなロットで月単位でホールドするような場合、スワップポイントが0であることは非常に大きな強みです。

 

仮想通貨の取引に最適な海外FX業者

2つの手にハテナマークと電球

 

現時点の結論としては、FXGTの一強です。

最大レバレッジ、商品数、土日取引、スプレッド、全てにおいて、「仮想通貨のみの専用取引所」と比較しても遜色ないレベルです。

 

HotForex、iFOREXは「為替がメイン、補助としてCFD、おまけとして仮想通貨の取引もできる」というレベルの扱いですが、FXGTは為替と同レベルで仮想通貨の取引環境も整えられています。

 

長期トレーダーはExnessのスワップポイント0を活かすのが良いと思います。

スワップポイント0、というのも、他社にないExnessの持つ独自のトレーダー優位の強みです。

 

当サイトの結論としては

短期トレード⇒FXGT
長期トレード⇒Exness

となります。

 

取引条件は変更されることもあるので、あくまで現時点では、ですが。

当記事を参考にしていただき、ご自身のトレードスタイルに合ったトレーディング環境の業者を選択していただければ幸いです。