is6com口座開設方法と注意点【これを読めば困らない】

海外FX業者『is6com』で口座開設をする際の流れと注意点をまとめました。

is6com の口座開設は標準的な流れなので難しい点はありませんが、本記事を参照していただければよりスムーズに完了できます。

 


※当サイト内のリンクは全て別ウィンドウで開くようになっています。

is6com会社ロゴ

is6comの口座開設の流れ

is6com公式サイトトップページ

 

is6com公式サイトにアクセスし、【新規口座開設(無料)】をクリックします。

流れとしては

① 入力フォームで情報を入力
② 登録メールアドレスでメールを受信
③ メールに記載されているパスワードで公式サイトにログイン
④ 本人確認書類をアップロード

アップロード画像が承認されれば、完了です。

まずは公式サイトにアクセスしましょう。


↓別ウィンドウで開きます

is6com口座開設ページを開く



is6com公式サイトトップページを開く

 

is6comで口座開設時の注意点

①での注意点

is6com口座開設/基本情報入力画面


入力フォームにわかりやすく(例)が載っているので、参考にしつつ各項目を入力しましょう。

名前はアルファベット入力、頭文字は大文字

住所も英語入力⇒わからない場合は『日本語住所を英語表記に変換するサービスを使う』というリンクから確認可能

メールアドレス入力は正確に

口座タイプは「スタンダード口座」を選択

is6com口座開設画面/財務状況の確認

【雇用形態】【年収】【資産】をプルダウンで選択

利用規約を確認し、同意の上で横のチェックボックスにチェック

私はロボットではありませんの横のボックスにチェックを入れて【口座開設を申請する】をクリック

 

②での注意点

@is6.comのドメインのメールを受け取れるようにしておく

リンクの有効期限は24時間

①のフォームへの入力が完了すると、即時is6comから登録したメールアドレス宛にメールが送付されてきます。

メール内の【メールアドレスを認証する】をクリックしましょう。

 

③での注意点

①でご自身で設定したパスワードでis6com公式サイトにログインでする

書類アップロードをラクにする為、スマートフォンでログインする

特に、スマートフォンで撮影した画像をPCに移す操作に不慣れな方・苦手な方は、スマートフォンで撮影⇒スマートフォンでアップロード の方が簡単です。

 

④での注意点

下記の画像を1点ずつアップロードします。

身分証明書
(運転免許証・パスポート・住基カード・マイナンバーカード)

住所証明書
(公共料金の請求書/領収書・携帯電話の請求書/領収書・クレジットカードの利用明細書/請求書・住民票)※3か月以内に発行されたもの

セルフィー画像(身分証明書と本人の顔が一緒に写っている画像)

 

『身分証明書』『住所証明書』に関して、『有効書類か?無効書類か?』迷ったら、公式サイトの問い合わせフォームから問い合わせましょう。

日本語でしっかり答えてくれます。

 

▼セルフィー画像の例

 

セルフィー画像とはこのような画像です。

提出を求められない会社もありますが、AML(アンチマネーロンダリング)の観点から提出を求められる金融機関は増加傾向にあります。


④までの手続きが完了し、画像が承認されると、is6com からMT4のログインIDとパスワードがメールで送られてきます。

これで『口座開設』と『口座開設ボーナス』の受け取りが完了です。

 

口座開設ボーナスは受け取るべき

ボーナスを受け取っている男性


is6com は「レバレッジ1000倍」「ゼロカット・追証なし」の海外FXの基本を抑えた業者であり、口座開設後の入金ボーナスも強力です。


公式サイトではMT4を無料ダウンロードができることに加えて、公式サイト上で詳しく使い方の説明がされています。

しっかりとした企業努力を感じます。


is6com は2016年12月にできた若いFX業者です。

出金や資金管理に不安を覚えるのは自然なことでしょう。

しかし、ノーリスクで貰える「口座開設ボーナス」は貰っておいて損はありません。

is6com の「優待キャンペーン」という名の入金ボーナスキャンペーンも数ある海外FX業者でGemForex というFX業者と双璧をなすほど、超強力なボーナスキャンペーンです。


当サイトは『少額から投資を始める』という点に重点をおいています。

少額でFXを始めようという方には是非持っておいて欲しい口座です。

 

カンタン5分で完了!ボーナス5,000円貰える

 



is6com公式サイト

 

検索要らず/即時アクセスできる便利リンク

is6com日本語公式サイト

 

関連記事