【STICPAY/スティックペイ】口座開設方法・手順と注意点【これを読めば困らない】

 

海外FXをやっていく上で、【STICPAY】の口座をもっておくと、非常に便利です。

入出金がグッと楽になります。

本記事では、STICPAYの口座開設手順と注意点を記載しています。

 

 

STICPAYの口座開設の流れ

 

STICPAY公式サイトにアクセスし、【会員登録】をクリックします。

流れとしては

① 入力フォームで情報を入力
② SMS認証
③ 公式サイトにログイン
④ 本人確認書類をアップロード

アップロード画像が承認されれば、完了です。

まずは公式サイトにアクセスしましょう。


↓別ウィンドウで開きます

STICPAY公式サイト

 

STICPAY公式サイトを開く

 

 

STICPAYで口座開設時の注意点

①での注意点

 

全て【半角英数字】で入力していきます。

 

メールアドレス⇒正確に入力しましょう。

名前・苗字⇒アルファベット入力 生年月日⇒カレンダーから入力 パスワード⇒8~16文字で、数字を入れて作成します。記号も使えます。 国籍⇒Japanを選択

通貨⇒希望の通貨を選択

 

全てのチェックボックスにチェックを入れて『次へ』をクリックしましょう。

 

 

②での注意点

ここで、SMS認証を行います。

日本の国番号(+81)がデフォルトで入力されているので、携帯電話番号の最初の0を除いた番号を入力します。

(例)
090-1234-5678の場合⇒『9012345678』を入力します。

 

SMS認証が完了すると、上のようなメールが登録したメールアドレスに送付されてきます。

メール内の『マイページに移動』から、マイページにログインしましょう。

 

 

③での注意点

 

ログインすると、最初に【2段階認証の設定】を求められます。

STICPAYの2段階認証は『OTPアプリ』『メール』『SMS』の3種類から選択できます。

 

 

④での注意点

本人確認書類のアップロードはマイページメニュー内の『書類』⇒『口座』から行います。

 

アクセスすると、まず住所の登録が求められます。

英語表記で入力しましょう。

 

その後、下記の画像を1点ずつアップロードします。

身分証明書
(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード) 住所証明書
(公共料金の請求書/領収書・携帯電話の請求書/領収書・クレジットカードの利用明細書/請求書・住民票)※3か月以内に発行されたもの

 

 

 

運転免許証をアップロードする場合は、【有効期限】と【書類番号】の入力を求められます。

ご自身の免許証内に記載されているので、正確に入力しましょう。

 

 

居住証明書は【発行日から3ヵ月以内】の書類である必要があります。

有効書類か迷う場合は、サポートにメールで問い合わせましょう。

 

 

STICPAYに対応している海外FX業者

下記の海外FX業者はSTICPAYに対応しています。

・LANDFX
・XM(入金のみ)
・AXIORY
・Exness
・TitanFX(入金のみ)

STICPAYの口座を持っておくと、海外FX業者での入出金が非常に迅速になり、手数料もかかりません。

STICPAYから、日本の銀行口座に出金する際は、『800円+1.5%』の手数料が発生します。

入出金の手間をラクにしたい方、入出金頻度が高い方はSTICPAYの利用を検討しても良いと思います。

特に、LANDFXとAXIORYを使っているトレーダーの方は、STICPAYの口座を持っておくと、便利です。

 

STICPAY公式サイト

 

関連記事