FXのルール・世界3大市場と夏時間/冬時間

FX市場は、月曜日の朝、オセアニア市場が開いたら、金曜日の早朝にNY市場が閉じるまで、24時間値段が動き続けます。

3大市場の値動きの特徴と開場時間を覚えましょう。

 

夜の都市

 

世界の3大市場①・東京市場

私たちの住む日本の東京市場も世界3大市場の内の1つです。
開場時間は9:00~15:00(夏時間・冬時間共通)

特徴としては

レンジになりやすい
重要な節目は突破しにくい
「円」絡みの通貨ペアが動きやすい
「円高」に反応しやすい

などがあります。

 

世界の3大市場②・ロンドン市場

ロンドン市場は16:00~24:00(冬時間は17:00~25:00)

東京市場が閉じたら、15:00~欧州市場が開き、値動きが激しくなってきます。
16:00~取引高世界一の市場であるロンドン市場が開きます。

特徴としては

東京時間と比較すると値幅が大きい
「ダマシ」の動きが多い
前日の「ロンドン市場」の方向性と同じ方向性に動くことが多い
「ユーロ」「ポンド」絡みの通貨ペアが動きやすい

などがあります。

 

世界の3大市場③・ニューヨーク市場

NY市場は21:30~翌05:00(冬時間は22:30~翌06:00)

ロンドン市場が閉じる前にNY市場が開きます。
ロンドン市場とNY市場が同時に動く21:00~25:00ぐらいが最も値動きが激しくなります。

特徴としては

方向感がでやすい
トレンドが出ている時は一方通行になりやすい
重要な節目を突破する時はこの時間が多い
ドル絡みの通貨ペアが動きやすい

などがあります。

21:30(冬時間だと22:30)はアメリカの経済指標が発表される日があります。
経済指標発表時は、値動きが非常に荒れます。

初心者のうちは、ポジションを持たずに発表を迎えた方が良いでしょう。

雇用統計
小売り売上高
ISM製造業景況指数/非製造業景況指数

最低限、この3つが発表される時は、ポジションを予め決済しておきましょう。

また、アメリカのFOMCを始めとする各国の金利政策発表時も、ポジションを持たずに迎えた方が無難です。

FXをやっていると、地球が本当に回っていて、世界が繋がっていることを実感できます。

「得意な時間帯」や「苦手な市場時間」などが意識できるようになってきたら、確実にあなたは成長しています。

 

関連記事