海外FXの違法性について【法的に問題ない?】

海外FXの違法性は?

手錠


「海外FXって、そもそもやっていい事なの?」「法律違反で捕まってしまうんじゃ?」という疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

その警戒心は正しいです。

日本が安全過ぎる為、「海外の〇〇」というモノにちょっとした憧憬と一抹の不安を覚えることは、日本人特有の感覚かもしれません。

海外FXをやってみたい、と思われても「違法性」や「後ろめたさ」を感じながらやるのは気持ち悪いですよね。

『海外FXを利用すること』の違法性について、結論を言ってしまうと、
とかく海外FXに関しては、そのサービスを利用することに違法性はありません。

もちろん、現行の法律ならば、ですが。

日本の法律は、国内の領土内で、効力を発揮するものです。
国外に出れば日本の法律は適用されません。

今の日本の国土内で、カジノに行くことは違法ですが、アメリカのラスベガスでカジノに行って、カジノを利用しても逮捕されません。

この【各国土の範囲内で、各国の法律が適用される】という点がポイントです。

海外FX業者は、法人住所が日本にはありません。

そして、各所在地の国の法律に則って、運営を行っています。

海外FX業者は、その国の法律を守っている限り、違法性はありませんし、日本国内では、国内で海外法人のサービスを利用することに違法性はありません。

なので、現行の法律であれば、海外FX業者のサービスを利用することに違法性はありません。

むしろ、今後法律が改訂されて、これだけ魅力的で可能性に満ち溢れた海外FXが禁止されないうちに利用しておくことをお勧めしたいです。

 

国内FXのレバレッジが10倍に規制される⇒顧客が海外FXに逃げる⇒金融庁が海外FXを禁止する⇒国内FXのレバレッジ10倍のみ利用可能

この流れになると、初期投資額を用意できない貧者は一切の夢が見れなくなってしまいます。

 

利用者が逮捕される唯一の可能性

海外FX業者が提供するサービスを利用した顧客が、唯一逮捕される可能性があります。

それは『脱税』です


これはご自身が「納税のしくみをよく知らなかった」では通りません。

海外FXを利用する以上は、しっかりと税金の知識を付け、日本の法律に則って、納税する義務があります。

脱税は、まずバレます。

海外FXで利益をあげられるようにしっかりと納税しましょう。

 

関連記事