海外FXのボーナスの使い方【2パターンしかない】

当サイトでは、ボーナスを上手に使い、初期投資を極力抑える戦略を推奨しています。

「入金100%ボーナス」が付与された際の2つのボーナスの使い方をお伝えしていきます。

お金が舞っている

 

ボーナス分は無いものとして考え、保険として使う

1つ目の使い方をお伝えします。

まずは【ボーナスは無いモノ】としてトレードします。

付与されたボーナスは、証拠金と同等の使用が可能です。

「お得感」で、最初から大きめのロットを入れてしまいたくなる気持ちもわかります。

1枚でエントリーして、大きな pips が獲得できた時、「2枚入れていれば、3枚入れていれば」と後悔したことは誰しもあることでしょう。

ボーナス分は無いモノとして、証拠金のみで戦いましょう。

 

最初に入金した資金に見合ったロット数を心がけましょう。

それで、上手く資金が増えていけば、ボーナスは使用することなく、出金まで行けます。

この場合、ボーナスが「貰い損」になってしまいますが、ボーナス分があったからこそ、メンタルを平静に保つことができた、と考えれば、決してボーナスも無駄だったわけではありません。

 

しかし、FX未経験者、初心者がいきなり大きく勝ち続けられる程、FXは簡単ではありません。

上手く行かなった場合、つまり、証拠金が0になった時に、【再起のチャンス】として、ボーナスを使います。

「元々なかったもの」としてトレードすれば、少し肩の力が抜けて、トレードができます。

最終的にゼロカットになってしまったとしても、通常入金した場合と比べて、2倍の経験値を積むことができます。

相場に向き合った時間、得た経験は全てあなたの財産となります。

 

 

1回目のトレードで証拠金として使う

1つ目の使い方とは、真逆の使い方です。

入金後、1回目のトレードでハイレバレッジでトレードを行います。

通常入金時の、倍のロット数を保有できます。

上手く行かなったら、1取引でゼロカットになる、大きなリスクを伴うトレードです。

筆者は、1つ目の使い方を強く推奨しますが、FXには大きく「レバレッジ」をかけて取りに行くべき局面が確かに存在し、これもまた海外FXの強みでもあります。

この使い方をする時は、「エントリータイミング」「エントリーの位置」が非常に重要です。

FXに慣れてきた方は戦略としてはアリですが、初心者/未経験者は、「保険」として使用する、1つ目の使い方を推奨します。

 

 

出金するとボーナスは無くなる

海外FX業者のボーナスは、「1円」でも出金すると、ボーナスが0になるFX業者がほとんどです。

「1万円入金し、1万円ボーナスを貰う」⇒「9万円の利益を出し、10万円を出金(ボーナスは0になる)
⇒「入金ボーナスキャンペーン時に5万円入金し、5万円ボーナスをもらう」

という使い方が賢いでしょう。上の例だと、4万円の利益は確保した上で、口座の余力を「10万円」にできます。

 

2つの戦略を割り切って使う

少額資金でFXをする場合、せっかくボーナスを付与されても、中途半端なトレードを行い、細かい損切を重ね、ジリ貧状態になり、気が付けばゼロカットになってしまう、ということがあります。

 

1つ目の戦略では「ボーナス」を口座の余力として使い、「メンタルを保つ」為、そして、証拠金がなくなった時用の保険「再起のチャンス」として使います。

2つ目の戦略では、「保有するポジション数をあげる」為に使います。この戦略がハマった場合、その後のトレードを行う際に大きなアドバンテージにもなり得ますが、ゼロカットのリスクを伴います。

 

どちらかの戦略を選択し、自分が今どちらの戦略に基づいてトレードを行っているか、自覚しながらトレードを行うと良いと思います。

通常入金に比べ、文字通り2倍のチャンスが手に入ります。

「ボーナス」を上手く活用し、トレードスキルの向上を目指しましょう。

 

関連記事