GemForex(ゲムフォレックス)の禁止事項/注意事項【出金拒否されない為に】

口座開設数を右肩上がりで伸ばし続けている GemForex。

取引をする上での禁止事項・注意事項をまとめました。


当サイトは GemForex は長い期間利用する価値のある海外FX業者だと判断しています。

本記事をご一読いただき、業者との無用なトラブルを避け、長期利用の為に、GemForex の敷いているルールの理解に役立てていただければ幸いです。
GemForexのロゴ

 

禁止事項

「禁止」のマーク

①他社との両建て禁止

利用規約内に禁止事項として下記のような文言があります。

『2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)』

このため、スワップ金利を狙った他社との両建てはできません。

GemForex の同一口座内の両建ては認められています。

海外FX業者としては一般的なルールです。

 

②指標発表時のスキャルピング

利用規約内に禁止事項として下記のような文言があります。

『経済指標時、アメリカ雇用統計発表時ならびに政府や中央銀行介入など相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなす取引』


この『のみ』という言葉の解釈が曖昧ですね。

普段から取引を行っている方なら問題ないように見受けられますが、心配な方は雇用統計など、大きな指標時のスキャルピングは避けた方が良いでしょう。


GemForex では、通常時のスキャルピングは認められています。

 

③事前連絡なしでの大きなロット数での取引

『事前連絡なしでの大きなロット数での取引』

が利用規約内の禁止事項に記載されています。


この「大きなロット」というのは具体的な数値が示されておりませんが、『10ロット(100万通貨)』までは問題ないようです。

10ロット以上の取引をする場合は、GemForex に一報を入れてからにしましょう。

なお、最大で30ロットまでは保有可能です。

 

気を付けるべき注意事項

ビックリマークの看板

①レバレッジが変更される

口座残高200万円(20,000USD)未満:レバレッジ1,000倍
口座残高200万円(20,000USD)以上:レバレッジ500倍

CFD商品(Gold、Silverなど)については口座残高に関係なくレバレッジ100倍。


上記のルールで、口座内の残高によりレバレッジが変更されます。

 

②ポジション保有中は出金不可

ポジションを持ちながらの出金はできません。

決済してから出金申請を行いましょう。

 

③出金するとボーナスが消滅

出金すると、出金額に関わらず、ボーナスが0になります。
出金するタイミングはよく考えてから申請しましょう。

 

不明点は公式サポートに確認が確実

「SAFETY」の文字


その他、不安な点、不明な点があったら公式サイトのお問い合わせから質問をしましょう。

綺麗な日本語で返答をくれます。

ご自身のトレード内容で、利用規約に抵触する恐れのある場合は、公式サポートに確認するので一番確実です。

 

 

 

GemForexについての詳細、強み弱みについてはこちらの記事にまとめてあります。

 

関連記事