【海外FX】口座開設したら最初にやること

海外FX会社で、口座を開いた後に、【初めての海外FX】という方がやるべきことをまとめました。

 

寄り添ってノートを見ている子供2人

 

まず、これをやりましょう

①MT4にログインできるか確認

FX業者から口座の承認が完了と共に「MT4のログインID」と「MT4用のパスワード」が記載されたメールが送られてきます。

送られてきたIDとパスワードでスマホアプリのMT4/パソコンのMT4に実際にログインしてみましょう。

 

②MT4の操作の確認

ログインが完了したら、実際に取引を行ってみましょう!

まず、『0.01ロット』で取引してみるのをお勧めします。0.01ロットであれば、ドル円で100pips逆行したとしても1,000円です。

0.01ロットで取引をしばらく行えば、意図的にボーナス分を全て消失させようとしてもかなりの時間を要するでしょう。

ボーナス分を上手く使いながら、MT4の操作確認をしましょう。

▼確認事項

成行注文のやり方
決済注文のやり方
損切価格の入力の仕方
利益確定価格の入力の仕方

まずは、上記操作を実際に行ってみましょう。

そして、時間の許す限り、実際に動いているチャートを見ましょう。

筆者は、『デモ口座』というものに否定的です。

デモは操作確認にのみ有効ですが、海外FX会社に関しては、最初のボーナスを活かして、実際の証拠金で覚えた方がずっと早いです。

しかも、MT4の使い方などは、一度覚えてしまえば、全社で共通して使えます。

そして、「0.01ロット」で「どれぐらいのpipsをとるといくらになるのか?」「30pips動くのにどれぐらいの時間を要することが多いか?」など、実際の値動きを見て、覚えていきましょう。

できれば、どんな些細なことでも良いので、【チャートを見て気付いたこと】はご自身でノートをつけ、メモをしておくことをお勧めします。

チャートを見ていた時間に比例して、あなたの相場観は鍛えられ、気付いたこと・気付けたことは全て今後の財産になります。

 

 

始めの一カ月は

いきなり稼いでやろう、などと思わないことです。

『新しいことを始めること』『チャレンジすること』はとても良いことですし、称賛されるべきことでしょう。

一方で、『わからないこと』への不安や、『上手くいかないこと』へのストレスも溜まります。

 

本来、疲れずにできることがメリットでもあるFXで、最初の一歩目で疲れてしまい、諦めてしまっては、あまりにも勿体ないことです。

投資のスキルを着実に上げていくためには、『焦らないこと』は最重要です。
この考えはトレード自体にも共通します。

目先の利益ではなく、月単位、年単位の長いスパンで考えましょう。

 

10年やり続けて、ずっとマイナス収支、という方がゴロゴロ居る世界です。

最初の一カ月はMT4の使い方と、利益・損失の感覚値が身に付けば御の字です。

繰り返しになりますが、『0.01』ロットで取引を行えば、ボーナス分だけでも十分に一カ月間、実際のチャートで練習を積むことが可能です。

最初から欲を出して大きなロットでトレードせずに『0.01』ロットから投資の世界に足を踏み入れ、体感してみましょう。

 

関連記事